MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

2022/07/07(木曜日)文化財に土間たたき|本格的な三和土お探しですか?ご提案いたします。


本格的な土間たたき重吉たたきは、文化財専用!


昔ながらの日本の伝統的な土間の意匠三和土

重吉たたきは、栗林公園の文化財に採用頂いております!

重吉たたきを施工していただいた文化財の茶室へ行ってきました。

IMG_1386 IMG_1385

香川県高松市 栗林公園内にある旧日暮亭。江戸時代初期の大名茶室を今に伝える貴重な建物です。こちらの茶室犬走りに「重吉たたき1㎡セット」をご採用いただきました。

文化財にも使える重吉たたきはどんな製品?

 

IMG_1384 IMG_1387 IMG_1384

写真で見ても伝わると思うのですが、おもむきのある茶室と本たたきの相性は抜群です!歴史と情緒ある建物の雰囲気がさらにグッと上がります。

本たたきの良いところは、年月が経つと苔や藻などが生えたり、表情が変わりさらに味わい深くなります。施工は淵石は入れず、たたき締めた後、型枠を外し、丸く面取りをしてある、手の込んだ仕上げです。元々施工されていた本たたきも同じように施工されていたそうなので面取りを行いました。

日本の歴史ある建物の復元工事に当社商品をご利用いただいております。

高野山金剛峯寺の門をくぐったところで「おっ!」
20150921_154016
仕事柄でしょうか、思わず土間三和土(たたき)に目を奪われました。
施工された職人様の知識や技術ももちろん高いのですが、非常にめずらしい見たことのない豆砂利が配合されておりました。
20150921_154024
画像ではわかりにくいかもしれませんが赤、茶、白等カラフルな豆砂利が土間たたきの表面に見えていて、綺麗な表情で仕上げていました。みなさんも高野山に訪れることがあれば一度ご覧になってくださいね。
たたきの元になるたたき土は配合が重要で、土、砂、豆砂利をバランスよく配合し、たたいた時によく締まる粒度に調整しなくては施工できません。昔の職人様は地元の土などを利用していましたが、自分で土を見て判断し、この土ならこの程度の豆砂利と砂を混ぜればたたき土になると現場配合で土間たたきを施工していました。それだけ土間たたきを施工する機会が多かったということでしょうか。
しかし、今現在土間たたきは伝統工法になり、配合できる方は非常に少なくなっています。また、土は全国各地で採取できますが、採取する場所によって粒度が違うので、現場判断でたたき土を製造するのも大変難しいのが現状です。

20150921_153913 20150921_155800
土間たたきは仕上げ表情が良いからしたい!でもやったことが無いし、配合もわからない。とお悩みの方は当社の土間たたきセット品「重吉たたき1㎡セット」ご利用ください。
IMAG0252[1]
セット品なので難しい配合は不要で、施工要領もカタログ、動画どちらでもご確認いただけます。
土間たたきセット品が気になった方は下記からお問い合わせください

「当社の製品は日本の景観を守ることに貢献できているんだ」と嬉しい気持ちになります。

土間たたきに関する関連ブログはコチラ・・・

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ