MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

「オンラインショップ SHIDOブログ 」の記事一覧

2022/01/09(日曜日)ボロボロする古い土壁は、補修できるの?

 

ボロボロする古い土壁でも補修できます!固めて補修する方法。


 

古い土壁で表面がボロボロして、弱くなった土壁を補修したい方。

実は、古い土壁を固める「土強」で、補修することができるんです。

 

下地の強度が重要

 

古い土壁を補修する場合、弱い部分を除去する必要があります。

除去するポイントは2つ

〇刷毛等で表面のボロボロする部分を落とす

〇古い土壁を叩いて、ポコポコ音がなる場所は下地と接着していないため剥がす

この2つのポイントを除去していないと、補修後に土壁の剥離につながります。

※下地の状況により、補修方法が異なる場合がございます。

 

「土強」で土壁を固めて補修開始!

 

下地の弱い部分を除去した後、土壁強化剤「土強」で内部まで固めます。

土強は、土壁の表面を固めるのはもちろん内部まで固めるので、補修材料を塗り重ねても大丈夫なんです。

古い土壁を固めれば土壁を塗り重ねて、補修することができます。

ボロボロする古い土壁の補修をお考えの方、ぜひ「土強」をお試しください

 

2022/01/02(日曜日)漆喰(しっくい)を塗るのは難しい?DIYで簡単に塗れる材料

 

自然素材で快適な漆喰の部屋がDIYで出来ます!

 

近年、コロナの影響で「おうち時間」など、DIYで漆喰を塗りたいとのお問合せ増えています。

ですが、鏝(こて)で漆喰を塗るのが難しいと不安に感じていませんか?

そこで、オススメするのがローラーで塗れる漆喰【しっくるん】です。

 

なぜ漆喰が選ばれるの?漆喰の特徴

 

歴史ある日本の漆喰(しっくい)には、私たちの生活を豊かに、そして安全にしてくれる機能や性能が多くあります。

例えば・・・

☆湿気を吸って結露を抑える
☆臭いを吸着する消臭機能
☆エコで環境にやさしい建材
☆強アルカリで抗菌・防カビ効果
☆燃えない不燃材料。有毒ガスは発生しない

自然素材100%の「しっくるん」は、この漆喰の機能、性能があります。

 

ローラーで誰でも簡単に!【しっくるん】

 

一般的なフラットな漆喰仕上げは、プロの左官屋さんのように技術を要します。

ですが、しっくるんはローラーを転がすだけ、なので一般の方でも簡単に塗ることができます。

さらに専用の下地を使えば、古い漆喰の上やビニールクロスにも塗ることができます。

自然素材100%のしっくるんで簡単に漆喰のDIYしてみませんか?

 

2021/12/28(火曜日)お客様よりDIYで漆喰施工後の写真をいただきました!

 


 

オンラインショップご利用のお客様より、DIYで押し入れのような内壁を塗り替えした、完成後の写真が届きました。

 

塗る前がこちら・・・

押し入れ、または棚のような場所でしょうか。施工前は土壁です。

おそらく年月が経ち、土壁表面が弱くなってきており、手で触ったり、地震などで少し揺れたりすると、ポロポロ落ちていたのではないでしょうか。

土壁をよく見ると、表面が少し凸凹しており、もともと平滑だった土壁が落ちた形跡が見えます。

 

DIYで塗り替えし、完成後がこちら・・・

壁が白くなり、非常に明るくなったと感じたのが第一印象で、やはり白は清潔感も感じるなと思いました。

塗る前の土壁時に、柱際などが空いて空洞のようになっていた箇所も、しっかり埋められています。

見た目もよくなり、ポロポロと落ちる心配もなくなり一石二鳥ですね。

写真送付、本当にありがとうございました。感謝いたします。

 

こちらお客様のように、DIYで漆喰を塗る事は決して難しいことではございません。

弊社はただ商品を販売するだけではなく、どうやればいいのか?補修方法、塗り方のご提案もいたします。

お気軽にご相談ください。

興味はある、気になる箇所はある、でも行動に移せていない方はぜひDIYにチャレンジしてみてください。

当社も精一杯、DIYをするお客様をフォローいたします。

 

ご利用いただいた漆喰のご購入は下記から・・・

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ