MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

「店舗デザインに使う壁材・床材」の記事一覧

2022/02/15(火曜日)使い込まれた家のようなグレーのマーブル調の壁

自然素材の漆喰を使ったデザイン壁はカフェにおすすめ


 

最近のカフェは本当にオシャレになりましたよね。
飲食をするため清潔感ももちろん大事ですが、ゆっくりお話しできる、くつろげる空間を作る事も求められます。

そんなくつろぎの空間を作るため、あえて風化したような壁、長く使い込まれたような壁を店内に採用して、時間がゆっくり流れる雰囲気のカフェが増えました。

 

そんなレトロ感のあるカフェにピッタリ合うのがこのデザイン壁!

同じグレー色でも、濃さを変えたグレーの漆喰をいろんな方向からランダムで塗って、塗り重ねることでマーブル調にしました。
手作り感もあり、かわいくないですか?レトロな雰囲気のカフェに合うと思います。

 

ローラーで塗れるカラー漆喰

 

このデザイン壁は自然素材の「漆喰」なのですが、漆喰は消臭機能などの特徴があるため、飲食店などには良いと思います。
漆喰がローラーでお手軽に塗れ、しかも色付きの製品となるとなかなか販売しているメーカーはありません。
みなさんその理由をご存じですか?

実は色付きの漆喰は色ムラが出やすい壁材のためです。しかも、ローラーで塗るうす塗りタイプになると、色ムラだけではなく、色飛びも発生しやすくなるため、製品化するハードルがさらに高くなります。

弊社は長年漆喰にたずさわり、蓄積してきたノウハウで、これらの問題をクリアした漆喰製品を製造、販売しております。

<<どんな会社?くわしくはこちら・・・

お手軽に施工できる自然素材の壁、ローラータイプ漆喰を利用してデザイン壁を店舗に施工しませんか?

<<ローラータイプ漆喰 くわしくはこちら・・・

塗り替えにも使用できる製品になっております。ぜひご検討ください。

 

壁のデザインならお問い合わせください!

2022/02/01(火曜日)ヨーロッパ建築のような表面がザラザラした白い壁をさらに進化!

砂利を混ぜて厚く塗れる石灰を使った壁はベーカリーショップにおすすめ


 

白く、表面がザラザラとした建物の壁は、ヨーロッパの建築などでよく見かける壁の表情です。

 

清潔感もあり、かわいい雰囲気に仕上がるため、日本でも人気の高いデザインの壁です。

こんな人気の高い壁のデザイン性をもっと上げるため、ザラザラ素材にこだわりました。

ザラザラにするための素材に、いろんな色の砂や砂利を使うことにより、ザラザラの凹凸と、それにプラス砂、砂利が表面に見えて意匠性がグーンとアップ!

  

いかがですか?通常このような壁に含まれる砂(骨材)は壁と同じ、白い砂など目立たないカラーを混ぜるので、ザラザラしているだけの仕上がりになります。

しかし、壁のベースが白なので、逆にいろんな色を混ざればそれが映え、表面から見えやすくなります。なかなかいいデザインじゃないですか?

出来たデザイン壁はベーカリーショップなどに合いそうです。

 

砂利のような大きな骨材を壁に混ぜて塗る事は通常難しい

 

砂利のような大きな骨材を壁に混ぜて塗るには、大きな砂利が沈み込む程度、厚く壁面に塗る必要があります。

しかも砂利は重い素材のため、厚く塗って、重量にも耐える、この2つの課題をクリアする事が必要なため、通常の壁材では難しいのが現状です。

当社はこの2つの課題を解決した製品を販売しております。

<<重量と厚塗りに対応する壁材はこちら・・・

 

漆喰や土壁、長年塗り壁材料にたずさわり、蓄積したノウハウを活かし、お客様が求めるデザイン壁の提案をいたします。

<<当社はどんな?会社くわしくはこちら・・・

 

ご紹介させていただいた、白いザラザラの壁、意匠性を高めた進化バージョン!気になる方はお問い合わせください。

 

壁のデザインのことならお気軽にご相談ください!

2022/01/28(金曜日)居酒屋の壁のような藁を使った和風の白い壁

 

漆喰に藁を使ったデザイン壁で居酒屋にオススメ!


 

 

居酒屋や古民家のリノベーションなどに、漆喰壁や土壁といった和風の塗り壁を目にすることってありますよね~

今回、土壁に使われる「藁」をパターン漆喰に混ぜて、和風建築に合うデザインを作成しました。

真っ白の漆喰に藁を入れることで、より和風の味わいが強調されます。

 

藁入りのパターン塗り方!難しい?

 

今回のデザインの仕上げ方法は、至って簡単です!

左官用の「コテ」で、少し材料を立たせるようなイメージでコテ跡を残しパターンを付けます。

漆喰に藁すさを混ぜてるので、藁の主張とパターンの凹凸感でよりデザインを強調することができました。

 

漆喰にどんな藁を入れる?!

 

土壁や塗り壁に使う藁は「藁すさ」とよばれており、今回のデザインに使用した藁すさは「まるなかすさ」です。

まるなかすさは、他の藁すさと比べても一本一本が太く、より藁感が分かりやすくなります。

特に今回は、パターン漆喰で凸凹感があるので、より太い繊維のまるなかすさを使いました。

さらに、まるなかすさは写真のように、繊維の周りに黄色い「アク」と呼ばれるものが浮きできます。

白い壁の漆喰に、アクが浮いてくることでより味があっていいと思います。

 

だから「まるなかすさ」を混ぜたパターン漆喰は、和風の味わいがあって居酒屋に合うんです!

 

この藁入りの漆喰デザインには、重量比で1%ほどのまるなかすさを入れています。

研究室で実際に、塗り試しを行った結果は藁を2%入れると、作業性が著しく落ちたので1%の配合までがオススメです。

このように当社では、様々な検証を行いデザインを研究しています。

>>当社の詳しい会社情報はこちら・・・

使用した藁すさは、繊維が太い「まるなかすさ」です。

>>まるなかすさの商品ページはこちら・・・

 

漆喰のデザインのことは、是非お問合わせください!

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ