MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

「土屋重吉~「土」製品のご紹介」の記事一覧

2020/07/07(火曜日)現代風の土間たたき、ウルトラソイルの現場!

ウルトラソイルはコンクリート上に厚さ15㎜で施工できる土間たたき!

≫ウルトラソイルに関しての動画や情報が満載!

ウルトラソイルは、コンクリート上に厚さ15㎜で使える土間たたき材料です。
強度もあり、見た目のたたき風の表情は、古民家土間はもちろん、茶室の犬走、居酒屋の店舗などあらゆる場所に利用できます。

和風だけではありません、新色として赤系の珊瑚(さんご)や白系の真珠(しんじゅ)、グレー系の薄墨も登場!

現場でも使いやすい1㎡セットとして販売しております。
≫ウルトラソイルは、あらゆる土間のニーズに対応!

また、立ち上がり(垂直面)にも塗ることができるので、土間と壁を継ぎ目なしに施工することが可能です。

そんなウルトラソイルの現場で施工中を見てきました。

下地はもちろんコンクリート、その上にプライマーを塗布します。


刷毛、ローラー等を利用しながら均一の厚みで塗ります。
あまりプライマーが濃いとその部分の乾燥が遅くなります。

 

プライマーの役割は、接着増強ではなく、どちらかというと水引き調整です。

 

乾燥させてウルトラソイルの打設です。


その後仕上げのスポンジ拭き!

この日は、試験用にもサンプル作りもされていました!なんの?サンプルだろう・・・


ウルトラソイルは、コンクリートやモルタル下地、立ち上がりにも対応できる土間材です。
現代建築に使いやすい昔ながらの土間たたきは如何でしょうか?

≫ウルトラソイルの詳しい情報はコチラ・・・

2020/06/22(月曜日)土間たたきの土!深草砂利と淡路土どう違うの?

京都の深草たたきに使う「深草砂利」って?砂利なの・・・


≫日本一有名な土間たたき用の土、深草砂利はこちら・・・

土間たたきに使われる「土」は、同じ土でも土壁に使われる「粘土」とは少し違います。
たたきは、文字通りたたき締めて固めるので粘土のようにネバイと使えません。
そんな理由から土間たたきに使われる土は、各地によって若干の違いはありますが、「真砂土」や「サバ土」と言われる花崗岩が風化した砂利や砂が混ざった土が使われます。


上の写真は、これもたたきではよくつかわれる「淡路真砂土」見ての通り粒子は荒いですよね!

≫淡路真砂土はこちらからご購入頂けます。

たたきは、消石灰と土を混ぜて使うのですごくねばくなります。砂や砂利が適度に入っていないと割れたりします。
また、粘土は水を沢山吸うのでベタベタネバネバして施工性も悪くなります。

 

土間たたきに使う土は意外になんでもいいわけではありません。

というわけで、京都の深草砂利はどんなの?

京都の深草砂利は歴史的に古く、聚楽土同様に有名ですよね。
「土」がブランド化しているのも珍しいと思います。

余談ですが、白川砂なども京都ですよね。京都は何でもブランド化できるすごい・・・

上の写真が、現在弊社で在庫している深草砂利!
やっぱり砂利というだけあって、先ほどの淡路真砂土より少し粗く、粘土分も少ない気がします。

実際当社でも使ってみましたが、そのままだと石灰を多く入れないといけないので、若干黄土(粘土)などを入れたほうが使いやすいと思います。

また、最近ではセメントを入れて行う方も多いようですが、やはりたたきは、石灰とにがりがお勧めですね。

≫土屋重吉では多くの土間たたき関連商品をご用意しております。

————————————————————————-

≫近畿壁材トップページ

★SNSで情報配信中!

LINE公式
≫近畿壁材工業公式LINE

新フェイスブック
≫「いいね」で誰よりも早く情報GET!・・・

innsuta
≫インスタフォローお願いします。

Twitter
≫【公式】Twitterフォローお願いします。

名称未設定 1
≫役立つ動画を配信中!!「見てね~」

———————————————————————

≫土壁・漆喰壁の販売オンラインショップ

名称未設定 11

assocbutt_or_buy._V371070157_

 

 

2020/06/19(金曜日)土塀などにも活用される版築土塀が、今はデザイン壁になりますねぇ~

お客様からの問い合わせがダントツに多い版築土塀

以前に社内勉強会で行った件ですが、弊社には問い合わせが多い版築土塀について少し書いておきます。

土を固める土間たたき材「真砂コン土間仕上げ」を利用して、版築をしました。

淡路真砂土と千鳥砂利、淡路の砂の配合や色などの調整を行い、実験的に社内でやってみました。
コンクリート同様に型枠を作ります。

≫真砂コン液は、少量のセメントで土を固める魔法の液体?!


版築土塀は、型枠に土を入れ強く突き固め積み上げる工法で、セメントの無い時代より続く土塀の芯材としての工法です。
それ以外にも、信長塀など土と瓦を交互に積み重ねていく土塀の工法あります。

版築土塀の完成

真砂土に弁柄や黄土などを入れて色を変えデザインにします。

今回の配合は、白セメントなので色土でも着色がきれいにできました。
真砂コンで美しく仕上げようと思えば、普通セメントより白セメントが良いかも!

型枠なのでセパの穴が気になりますが、余った材料を残しておいて、後で埋めます。

あとどんなに綺麗に型枠を作ってもコンパネのつなぎ目の線が気になるのでワイヤーブラシで削りました。

型枠の精度をもう少し高めないととも思いますが、限界があると思います。

版築土塀は、弊社の本格的な土間たたきセット「重吉たたき」や「真砂コン土間仕上げ」、土は淡路真砂土で作ることができます。是非チャレンジしては如何でしょうか?

詳しくは、下のリンクアドレスよりご覧ください。

≫重吉たたきは土とにがりと石灰で作る本格的な土間たたき材料です。

————————————————————————-

≫近畿壁材トップページ

★SNSで情報配信中!

LINE公式
≫近畿壁材工業公式LINE

新フェイスブック
≫「いいね」で誰よりも早く情報GET!・・・

innsuta
≫インスタフォローお願いします。

Twitter
≫【公式】Twitterフォローお願いします。

名称未設定 1
≫役立つ動画を配信中!!「見てね~」

———————————————————————

≫土壁・漆喰壁の販売オンラインショップ

名称未設定 11

assocbutt_or_buy._V371070157_

 

 

 

 

 

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ

近畿壁材工業株式会社

お問合せ