MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

「製造部!物づくり」の記事一覧

2021/04/16(金曜日)土間たたきの下地への定着|もうすぐウルトラソイルが新しくなります!

強力に下地に定着する専用下地処理材がセットになります!


 

下地にしっかり定着しないと割れの原因に・・・また定着力は強度に影響する

 

当社が販売している、土間たたきウルトラソイル1㎡セットが新しくなります!

新しくする理由はもちろんご利用いただくお客様が、もっと使いやすいように。

もう一つはご利用いただくにあたって、さらに安心していただけるようにです。

土間たたきは当社でも非常に人気が高い商品で、ご利用いただいたお客様よりたくさんの声を集めました。

そんな声で多かったのが・・・

「1㎡セットなんだから、下地処理材もセットにしてよ。別売りだから忘れてしまう」

「立ち上がり部分にも施工できるの?」

「仕上げの拭き取り工程の手間がかかりすぎる。何回も表面を拭かないと骨材が表面に出てこないよね」

この三つの声です。

と言う訳で、まず新しくなった部分は専用下地処理材もセットにしました!

しかも下地処理材の成分はエポキシ樹脂で、知っている方ならその定着力のすごさはご存じのはず!

その実績あるエポキシの定着力で、立ち上がり部分でも安心して施工していただけます。

これまでのウルトラソイルでも立ち上がり施工の実績はたくさんあるのですが、より安心してご利用いただけるように!

少ない拭き取り回数で骨材が表面に出る

 

もう一つは樹脂を配合する商品なのに、表面が皮張りしないよう配合を見直しました。

拭き取り工程で何度も拭く必要があったのは、樹脂による表面の皮張りで、この樹脂の皮を取るのに非常に手間がかかるためです。

新しくなったウルトラソイルは、表面が皮張りしなくなったので、拭き取り回数も減り、楽に仕上げができるようになっています。

 

お客様の声より、近日中にリニューアルするウルトラソイル。

施工方法なども動画でのアップ予定しています。もうしばらくお待ちくださいね~

お楽しみに!

 

2021/04/05(月曜日)土間たたきの亀裂|ウルトラソイル(たたき風仕上げ材)が強い理由

土間たたきウルトラソイルが亀裂に強いのは!

高い強度と強靭な繊維、バランスの良い骨材の配合です。


厚さ15㎜でコンクリート、モルタルにも施工できるのでタイルや洗い出しに飽きたら・・・

土間たたきウルトラソイルがお勧めです。

>土間の仕上げに悩んだら・・・新しいタイプの土間たたき風仕上げ材

ウルトラソイルは、薄くて高強度な土間たたき!

ほとんどの土間たたきの亀裂の原因は、収縮割れ(材料が縮んで割れる)です。
特に土間材は、厚みがあるので縮みも大きくなり割れやすくなります。

そんな収縮割れを防ぐためにウルトラソイルは、開発されました。

もちろん、目地を入れることでより一層の効果はあります。

でも土間たたきなのでやはり目地が無いほうが良いですよね!

 

≫亀裂に強い土間たたき「ウルトラソイル」資料請求はコチラ・・・

 

 

2021/09/28(火曜日)文化財専用漆喰販売|街並み保存の重要性と伝統の漆喰について

街並み保存|伝統の漆喰を忠実に再現できるノウハウがあります


街並み保存、文化財補修に悩んだら・・・
炊き糊漆喰を作るのは大変です。そんな時は、弊社の漆喰製造技術をご利用下さい

 

 

日本各地にある古い宿場町などの街並み、文化財保護と補修(修繕)に取り組まれているところが多くあります。
そのような街並み保存や文化財の保護など漆喰壁のメーカーとして多くの名建築修繕に漆喰材料を提供という形でお手伝いさせて頂いております。

 

 

鳥取県倉吉市白壁土蔵群改修工事にも多数弊社の漆喰が使われております

 

特に難しいのは、文化財的価値のある建造物では、セメントや樹脂などの使用に制限があり、昔のままの材料での改修が求められます。

 

下地の土が露出し、長期間放置されていたであろう箇所などの改修は非常に難しくなります。
また、上塗りの漆喰も昔ながらの銀杏草炊き糊の漆喰が求められます。

もちろん、島かべ練り漆喰でほとんどの現場は対応できますが、よりこだわりのある炊き糊漆喰が必要な場合は、弊社では島かべ練り漆喰をお勧めしております。
島かべ練り漆喰漆喰は、文化財用漆喰になります。

≫島かべ練り漆喰くわしくはコチラ・・・

当社社員の一見解ですが、あなたの好きな漆喰は?と聞かれると間違いなく島かべ練り漆喰と答えます
島かべ練り漆喰は文献にも記載されている本漆喰の配合を忠実に継承し、これぞ日本の漆喰!というべき製品だからです。

主成分となる【灰】には、石灰と貝灰が両方使われております

石灰は、もちろん塩焼き消石灰、貝灰も赤貝の特選貝灰が使われております。

 

漆喰に入れる海藻糊は、黒葉銀杏層炊き糊を利用しております

文化財の補修に漆喰が必要なお客様はお気軽にご相談下さい

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ