MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

「お得意先様の情報!」の記事一覧

2020/07/12(日曜日)ウルトラソイルの噺~大きな現場にも向いている!

土系土間たたきが簡単に且つ美しく出来るウルトラソイル!

≫コンクリート下地にも施工できるウルトラソイルは、大規模現場にももちろん使えます!

 

ウルトラソイルは、1㎡セットで色は6色と豊富にそろっています。
土間たたきは、ついつい和風になってしまうけど、ウルトラソイルはそんな心配はいりません。
赤系や白系、そして最近一番人気のグレーも登場です。

 

もちろん、タライミキサーさえあれば簡単に混錬し、モルタル状に流し込むだけです。

あとは、定規と鏝でまっすぐに均すだけ
土間モルタルや洗い出しの間隔で施工頂ければOKです。


その後スポンジで拭いて完成!


≫そんなウルトラソイルについての詳しい情報はこちら・・・

————————————————————————-

≫近畿壁材トップページ

★SNSで情報配信中!

LINE公式
≫近畿壁材工業公式LINE

新フェイスブック
≫「いいね」で誰よりも早く情報GET!・・・

innsuta
≫インスタフォローお願いします。

Twitter
≫【公式】Twitterフォローお願いします。

名称未設定 1
≫役立つ動画を配信中!!「見てね~」

———————————————————————

≫土壁・漆喰壁の販売オンラインショップ

名称未設定 11

assocbutt_or_buy._V371070157_

 

 

2020/06/29(月曜日)漆喰の新しいカタチ!しっくるんは美しいよぉ~

ビニールクロスの代わりにしっくるんは如何ですか?


≫漆喰の新しいカタチ!漆喰で暮らしを変える「しっくるん」はこちら・・・

現場の声で誕生した練り漆喰「しっくるん」

沢山のお客様にお使い頂いております、漆喰の新しいカタチ漆喰しっくるんですが、今回も現場での使用感をレポートしてきました。
しっくるんは、プラスターボードに塗れる100%自然素材の漆喰です。もちろん、樹脂や水性エマルジョンなどのボンドは一切含まれていない漆喰壁です。
施工は、通常のパテ処理後下塗り材のしっくるんベースを塗り、乾燥後しっくるんを塗ります。
ローラー塗りなので乾燥も施工も早く、今までの漆喰の概念を変える新しい漆喰壁です。

 

≫しっくるん専用下地材しっくるんベースは真っ白で下地の隠ぺい力が抜群です。

しっくるんは薄塗りですが、今回の現場でも全くジョイントも見えず、真っ白で美しい仕上がりです。
もちろん、重要なのは下地のパテの精度もありますが、しっくるんベースの性能も評判です。

100%自然素材のしっくるんで新しい漆喰のカタチ楽しみませんか?

しっくるんの塗見本とカタログお送りします!
ご興味のあるお客様はお問合せ下さい。

 

————————————————————————-

≫近畿壁材トップページ

★SNSで情報配信中!

LINE公式
≫近畿壁材工業公式LINE

新フェイスブック
≫「いいね」で誰よりも早く情報GET!・・・

innsuta
≫インスタフォローお願いします。

Twitter
≫【公式】Twitterフォローお願いします。

名称未設定 1
≫役立つ動画を配信中!!「見てね~」

———————————————————————

≫土壁・漆喰壁の販売オンラインショップ

名称未設定 11

assocbutt_or_buy._V371070157_

 

 

2020/05/04(月曜日)土間たたきの上に土間たたき?どまどまブログ

この度お客様より江戸時代の建物の土間たたきが古くなったので修繕したいとのご要望から、重吉たたき(三和土)をご採用頂きました。
重吉たたきは、淡路土と石灰、にがり、藁すさを配合した昔ながらの土間たたきを忠実に継承した土間材料です。

≫淡路、深草、三州の3色展開!にがりと土で固める本格的な土間たたきは重吉たたきだけ!

現場は、玄関の土間長年使いこんだ感のある土間たたき・・・何回か上に塗り重ねて補修した感じ

この古いたたきはしっかりしているので、剥がさずこの上に新しく重吉たたきを施工するそうです。
重吉たたきの施工条件は40㎜以上、十分な厚みもあるので大丈夫!
念のため、城かべシーラー3倍液を前日に塗布し乾燥

材料を練ります。

≫重吉たたきご購入ページ

主材と色材をいれます。

土を入れます。淡路土と砂利と砂をブレンドしてあります。

空合わせを行い、水3Lとにがりを入れますが、少し硬いのでもう少し加水します。

詳しい施工要領は、ユーチューブの動画をご覧ください。

≫その他にも重吉たたきの動画ご覧いただけます!

材料を敷き詰め叩きしめながら勾配を整え整地していきます。

叩きしめ整地完了!

このままではまだ表面がボコボコして玉砂利と土が密になっていない状態です。
このまま乾燥でも硬化しますが、少し表面が弱く玉砂利が転げたり、削れてきます。

これを防ぐためにノロ(アマ)を浮かせ表面を整えます。水不足なたたきなので刷毛で水を表面に含ませながら鏝でしごいてアマを浮かせノロをかぶせます。

このひと手間がたたきを強くします。
通常叩きっぱなしで仕上げることもありますが、弊社ではこの工程を推奨しています。
この状態でしばらく養生します。今回は、1日置いて翌日スポンジ拭きを行います。

土間たたきはセメント系と違い1日で硬化しません。よって1日程度置いてスポンジ拭きでも問題ありません。

翌日~

鏝で押さえてノロを浮かせた表面をスポンジで拭くことで土系の表情にします。
洗い出しで玉砂利を出すような要領です。

叩いて仕上げた表情とは違い、目が詰まり玉砂利もチラチラ綺麗に出ています。
鏝で押さえたツルツルの土間より表情があります。
重吉たたきには藁すさも入っているので見た目もいい感じです。

江戸時代からの古民家に合う!すごく合う!いい感じだ~


土屋重吉の重吉たたき如何ですか?

≫重吉たたきは1㎡セットで販売中!

————————————————————————-

≫近畿壁材トップページ

★SNSで情報配信中!

LINE公式
≫近畿壁材工業公式LINE

新フェイスブック
≫「いいね」で誰よりも早く情報GET!・・・

innsuta
≫インスタフォローお願いします。

Twitter
≫【公式】Twitterフォローお願いします。

名称未設定 1
≫役立つ動画を配信中!!「見てね~」

———————————————————————

≫土壁・漆喰壁の販売オンラインショップ

名称未設定 11

assocbutt_or_buy._V371070157_

 

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ

近畿壁材工業株式会社

お問合せ