MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

「内装土壁デザイン」の記事一覧

2021/12/09(木曜日)お洒落なBARの壁 土壁にしか出せないデザイン

 

間接照明が似合う立体感のある洋風土壁

 

店舗に合う土壁の意匠

以前店舗改装で、土壁を使ったデザインの壁をご紹介した現場が完成したとの事で、お客様よりお写真をお送りいただきました。感謝!

>以前ご紹介したブログ記事はコチラ・・・

錆びた鉄板のイメージでしょうか?入口もかっこいいです。

下地はモルタルで、中土で引き糊を塗っています。

これだけ厚く塗るにはやはり下塗りが必要ですね!

モルタルに土中塗りを塗るには、中土(なかつ)がお勧め!

>既調合中塗り土(中土)はコチラ

 

お洒落なバーですね♥お酒が飲みたくなる!

 

土壁(塗り壁)を使った店舗内装で付加価値の向上

 

このようなデザイン性に優れた店舗への塗り壁はやはり唯一無二の素材ですね!

土壁の素材感を活かしきった仕上げです。

土壁にしかできない凹凸感で関節照明の陰影が映えます。

ところで?この仕上げに使った土壁材料は?

今回お使い頂いた材料は、荒壁練土と荒すさです。
配合は、お客様のオリジナル配合です。

荒壁練土ですが、あまり割れてないですよね?

藁(荒すさ)がたくさん入っているようです。

>荒壁練土はコチラ・・・

 

>荒すさはコチラ・・・

 

実は、大木にも土を塗っているΣ(・□・;)

デザインのこの大木にも実は土を塗っているそうです!

驚きですね!

よく見ると細かい亀裂が入ってめちゃくちゃかっこいいです。

 

皆さんも店舗内装に土壁デザインしませんか?

 

◇土壁材料関連ブログは下記から

<<土壁材料について こんな時何を使うの?


<<土壁を塗るための下地材料について


<<仕上げ(上塗り)に使う土壁材料について


<<土壁をつくる材料(素材)について

 

 

 

 

 

 

2021/10/15(金曜日)土壁販売 | デザイン壁 ひび割れ、地層壁するための材料


土壁材料で地層壁(版築風)と割れ壁ができる!


 

「土」だけで作る「割れ壁デザイン」をつくる!

土壁は乾燥時に割れる

塗り壁は、乾燥に材料が収縮することによってひびや割れが発生します。

乾燥時に収縮が起きぬのは、田んぼが干上がったときにできる割れと一緒の仕組みです。

割れを防ぐ「藁」と「砂」

本来、土壁は主に「土」「藁」「砂」からできており、割れ起こさないようにするのが普通。

「藁」と「砂」で材料を乾燥によるから収縮を防ぎます。

ですが、今回はあえて「藁」と「砂」を入れないことで大きな割れを起こしました。

ただ「土(荒壁練土)」のみの割れ壁は表面強度が低いので、樹脂で強度を上げました。

使用した樹脂は、カチオンアクリル樹脂です。

割れ壁がベースのデザイン

 

割れ壁投げすさ仕上げ

荒壁練土をフラットに塗り付け、藁(荒すさ)を表面にたたきつけるようなイメージでデザイン。

割れ壁クレーター仕上げ

荒壁練土に少量の砂利を混ぜて、迫力を出してパターンを付けたデザイン。

 

地層壁(版築風)を土壁仕上げ材を使って表現

地層壁は、版築と言われる伝統的な塀の工法をイメージして、デザインしています。

版築の工法自体は塀の型を作り、土を積み上げて層にしていきます。

今回、この版築をイメージして作成したデザインをいくつか紹介します。

版築風土壁(フラット)

土壁仕上げ材「塗ってくれい」No11~14の4色で版築風の層を強調。

版築風土壁 砂利拭き取り仕上げ

「塗ってくれいNo11」に千鳥砂利を混ぜて、拭き取りしたデザイン。

グレーの版築風仕上げ

白い土壁仕上げ「塗ってくれいNo16」に黒顔料「壁カラー黒」を着色し、グラデーションのようにした版築風デザイン。

これらの土壁材料で版築風の土壁や割れ壁のデザインができます!

 

 

関連ブログはコチラ・・・

土壁デザイン提案!版築風地層壁 土壁デザイン提案!割れ壁
外壁土壁をご検討中のお客様!

土壁を塗るための下地について

2021/10/15(金曜日)土壁販売|地層をイメージした壁デザイン(塗り版築壁)


地層のようなデザインの壁を土壁で表現


 

削られた山の斜面、断面の地層をイメージした壁

 

自然は雄大で、ときには神秘的に見えるものを作り出すことがあります。

見る人の感性がさまざまなので、「カッコイイ」「雰囲気が良い」と感じるかは各個人によると思うのですが、例えば山が削れた斜面、断面はよく見ると、同じ体積物ばかりではないので、地層になっています。

テーマは本来外にある、雄大な地層を空間内に作ることです。その地層をイメージして、土壁を利用し表現しました。

 

土壁の色や色の濃淡を変え、地層をよりわかりやすくしたデザイン。

もうひとつは、同じ土壁に砂利や砂を混ぜ、地層の境目を表現するために、わざと表面を荒らしてわかりやすくしています。荒すとわかりやすくなるだけはなく、本当の地層のように雨によって風化された表面も意識しています。

<<その他のデザイン壁はこちらから・・・

住宅だけではなく、店舗やイベントスペースなどにも合うのではないでしょうか。

 

 

関連ブログはコチラ・・・

 

土壁デザイン提案!土壁の意匠 土壁デザイン提案!割れ壁
土壁材料について! 外壁土壁をご検討中のお客様!

土壁を塗るための下地について

 

本物の地層と同じ素材、土で作るためよりリアルに作れる地層壁。

ご興味ある方はご連絡ください!

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ