MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

「近畿壁材の暮らしっくい」の記事一覧

2020/12/26(土曜日)最近の漆喰!パターンは出来るがフラット仕上げは出来ないもの多くないですか?

漆喰のバリエーションが増えましたが、やはり漆喰の魅力はフラット仕上げ!

洋風建築の外壁にも漆喰が使われるようになりました。しかし、日本の高温多湿の雨が多い環境ではカビや汚れの問題が多く発生します。

お洒落なパターン仕上げでにしたいけど、残念ながら従来の漆喰では汚れやカビが発生しやすくなってしまいます。

そこで、各社様々な対策でカビや汚れ対策を漆喰に施し性能は向上しましたが、残念ながら昔ながらの漆喰「フラットな押さえ」が出来ない製品ばっかりになってしまいました。

雨やカビに強いニュータイプの漆喰

そんなパターンでも撥水や防カビに高い性能を発揮する漆喰「リライム」を発売。

もちろん、当初はパターンしっくい専用として洋風建築にお勧めしておりましたが、意外に需要が多いのがフラット仕上げでした。

リライムでフラットな押さえが出来るの?そんな疑問に今回は回答致します。

外壁リフォームに「リライム」と下塗りに「リライムベース」を使用!

今回お邪魔した現場は、住宅のリフォームの現場で、外壁の古くなった漆喰の塗り替えです。
古くなった漆喰の塗り替えには、今回リライムベースを使用頂いております。

もちろん、古い漆喰が浮いたり、割れたりが無くしっかりしていることが前提です。

リライムベースは、ローラーや刷毛で塗れるシーラー系下地材!

≫リライムの施工要領はこちらからご確認下さい。

リライムは、フラットな押さえ仕上げが可能!

通常、パターン仕上げの漆喰は押さえが出来ないものが多いですが、リライムは高い撥水性能、抗菌性能、防カビ性能、付着力がありながらフラット仕上げが可能です。

カビの生えた漆喰面などの外壁リフォームにお使い下さい。

リライムとリライムベースを使えば、塗り替えも簡単に行えます。

外壁の塗り替えや土塀や土蔵などの改修にも、カビや汚れに強い漆喰、リライムがお勧めです。

————————————————————————-

≫近畿壁材トップページ

すべての漆喰工事に!日本伝統の本物の漆喰壁!島かべ漆喰をお勧めします。

 

 

★SNSで情報配信中!

LINE公式
≫近畿壁材工業公式LINE

新フェイスブック
≫「いいね」で誰よりも早く情報GET!・・・

innsuta
≫インスタフォローお願いします。

Twitter
≫【公式】Twitterフォローお願いします。

名称未設定 1
≫役立つ動画を配信中!!「見てね~」

———————————————————————

≫土壁・漆喰壁の販売オンラインショップ

名称未設定 11

assocbutt_or_buy._V371070157_

 

2020/12/04(金曜日)土壁補修の工期短縮が短縮できます

厚く塗れて、乾燥もはやいから工期が短縮できる

 

「土蔵や土塀の補修を頼まれたんだよねぇ。土壁がむき出し状態で表面はボロボロ。補修するには手間がかかりそうで大変そうだよね。でも頼まれたやらなくちゃ・・・」
こんな風にお考えの方多いんじゃないですか?
そんな時は【島かべドカッと!】が便利!なぜなのか?おすすめする理由をご説明します。

●おすすめする理由その①…1度に20㎜近く塗れるため凸凹を簡単に直せる
土壁がむき出しの部分がまっすぐな事なんてほぼ無いですよね。ほとんどの場合ボロボロ落ちて、かなり凸凹しています。
だから1度に20㎜近くも塗れるドカッと!は凸凹を直すのに便利なんです。地ならし、不陸調整と言われる作業スピードが格段にはやくなります。どれだけ厚く塗れるのか動画でご確認ください⇊

●おすすめする理由その②…厚塗り仕様でも軽い!
むき出し状態の土壁はさきほど言ったようにボロボロしていることがほとんどです。ボロボロしているということは強度が無く、弱いためそのような状態になります。
ボロボロと弱くなった土壁にどんどん塗り上げて、まっすぐに補修する材料がもし重たかったからどういう事が起こると思いますか?弱くなった土壁が重みに耐えられず、剥がれ落ちてしまいます。
ドカッと!は昔から使用されていた土壁や中塗り漆喰に比べて重さはなんと半分!すごく軽いんです。だから弱い土壁にもやさしい。軽さは下の動画でご確認⇊

●おすすめする理由その③…厚塗り仕様なのに乾燥がはやい!
あたりまえですが厚く壁塗りすると材料がたくさん付いているため、乾燥するまでに時間がかかります。ここで問題になるのがなかなか仕上げ塗りできないとういう事です。
むき出し状態の土壁をまっすぐにできたとしても、まっすぐするために塗った材料が乾かないと、仕上げ塗り作業ができません。
ドカッと!は厚く塗ってもはやく乾燥するように乾燥促進剤を配合しており、そのスピードは土壁や中塗り漆喰に比べ約3倍のスピードで乾燥します。だから仕上げ塗りをはやく行え、工事期間を短縮できます。


いかがですか?以上が【島かべドカッと!】をおすすめする理由です。みなさん一度ご利用ください。見違えるほど土壁補修作業がはやくなりますよ。

≫ドカッと!を利用した土壁補修方法はこちらから・・・

 

————————————————————————-

≫近畿壁材トップページ

すべての漆喰工事に!日本伝統の本物の漆喰壁!島かべ漆喰をお勧めします。

 

 

★SNSで情報配信中!

LINE公式
≫近畿壁材工業公式LINE

新フェイスブック
≫「いいね」で誰よりも早く情報GET!・・・

innsuta
≫インスタフォローお願いします。

Twitter
≫【公式】Twitterフォローお願いします。

名称未設定 1
≫役立つ動画を配信中!!「見てね~」

———————————————————————

≫土壁・漆喰壁の販売オンラインショップ

名称未設定 11

assocbutt_or_buy._V371070157_

 

2020/11/13(金曜日)ローラー塗り【しっくるん】はなぜ人気なの?

ローラーで塗れる漆喰、しっくるん!なぜ人気?

もちろん、自然素材100%だから!通常ローラーで塗れる漆喰ってボンド入ってますからねぇ~
>そんなローラーで塗れる自然素材漆喰!しっくるんはこちら・・・

ローラーで塗れる漆喰、しっくるんなぜ人気?

実は、DIYやお手軽!なんて理由じゃなくて、結構本格的にこだわり住宅を作っているお客様からもお問合せを多くいただきます。
ローラーで塗れるといっても、実はすごく技術がいる材料で、特に下地のパテ処理の精度が重要!

パテ処理がガタガタだとジョイント部分が見えてしまいます。

ローラーで塗れる漆喰、しっくるんの施工方法は?

パテ処理が終了すれば、下地材を塗ります。
専用下地材【しっくるんベース】特長は真っ白で下地を隠蔽します。

>現場で何回も改良したしっくるんベース!やっと納得いく物になりました。

【しっくるんベース】が乾燥したら【しっくるん】を塗って下さい。

それ以外にローラーで塗れる漆喰、しっくるんの選ばれる理由は?

以外にニーズが高いのが、天井面の施工!

もちろん通常の鏝塗りしっくいでも施工は可能ですが、足場などのコスト削減につながるとの現場の声。
ローラーなら柄の部分を伸ばせば高い天井も塗りやすいですからね。1日に施工できる面積が全然違ってきます。

鏝塗りの漆喰とローラー漆喰、どちらが良い悪いではなく、そもそもニーズが違います!

>みなさんも一度しっくるん試してみませんか?

————————————————————————-

≫近畿壁材トップページ

すべての漆喰工事に!日本伝統の本物の漆喰壁!島かべ漆喰をお勧めします。

 

 

★SNSで情報配信中!

LINE公式
≫近畿壁材工業公式LINE

新フェイスブック
≫「いいね」で誰よりも早く情報GET!・・・

innsuta
≫インスタフォローお願いします。

Twitter
≫【公式】Twitterフォローお願いします。

名称未設定 1
≫役立つ動画を配信中!!「見てね~」

———————————————————————

≫土壁・漆喰壁の販売オンラインショップ

名称未設定 11

assocbutt_or_buy._V371070157_

 

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ

近畿壁材工業株式会社

お問合せ