MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

「近畿壁材の暮らしっくい」の記事一覧

2020/09/18(金曜日)砂漆喰仕上げでいつもと感じが違うしっくいに!

砂しっくい仕上げはいままでと違う表情でGood!

 

お客様からのご要望で寒水石3厘(骨材)を上塗りの漆喰に混ぜ、表面をザラザラさせる仕上げをしたいとご要望がありました。いつものしっくい壁とは違う表情を出したいねらいがあったようです。

⇧⇧追加で投入した寒水石3厘⇧⇧

漆喰は一般的にお城やお寺の壁のようにツルッとした表面で、まっすぐ塗ってあるイメージを持たれている方が多いからかもしれませんね。
この度のお客様のように上塗り漆喰に寒水石など骨材を追加で投入すればザラザラの表面に仕上がる、普段のしっくいのイメージとは違う仕上げができます。
実は骨材を入れる=砂しっくい(中塗り用漆喰)と同じなんです。みなさんご存じでしたか?
ですので寒水石を混ぜなくても、砂しっくいで仕上げ塗りを行えばザラザラした仕上げはできます。

≫すぐに使える砂漆喰はくわしくはこちら・・・

流行なのでしょうか?当社に砂漆喰(中塗り漆喰)仕上げの問い合わせが増えております。

⇧砂しっくい仕上げ表面のアップ⇧

骨材を入れるだけで普段のしっくいとはまた違う、洋風的なイメージになるので砂しっくい仕上げも良いと思います。
何度も言いますが仕上げ塗りに中塗り用の漆喰(砂漆喰)を使用するだけなので意外と簡単なんです。
もちろん塗り方もさまざまな模様を選択できます。

————————————————————————

≫近畿壁材トップページ

令和2年8月25日!新しく島かべ漆喰シリーズの登場!
すべての漆喰工事に!日本伝統の本物の漆喰壁!島かべ漆喰をお勧めします。

 

 

★SNSで情報配信中!

LINE公式
≫近畿壁材工業公式LINE

新フェイスブック
≫「いいね」で誰よりも早く情報GET!・・・

innsuta
≫インスタフォローお願いします。

Twitter
≫【公式】Twitterフォローお願いします。

名称未設定 1
≫役立つ動画を配信中!!「見てね~」

———————————————————————

≫土壁・漆喰壁の販売オンラインショップ

名称未設定 11

assocbutt_or_buy._V371070157_

2020/07/06(月曜日)屋根漆喰の性能がUP!ミクサップとドカッとで屋根漆喰が変わる!

屋根しっくいの性能が向上する!?そんな使い方!


文化財関連でも、古民家でも地域によって使われる屋根しっくい、そんな屋根しっくいも近年は作業性と性能を求められている。
屋根しっくいは、写真のような瓦を止めるときに使われたり、面戸(雀口)などの補修などに使われる。

粘土でできた瓦の性質から、セメントや樹脂で固めるのではなく、漆喰で瓦を止めるのが最適とされています。
ただ、通常の漆喰でここまで盛り上げるとなると非常に厳しい!漆喰はドカ付けが出来ないので、ダレや割れが起こります。

また、近年の酸性雨や排ガスなどの環境問題で漆喰自体の劣化も早まっているとも言われています。


長期暴露での屋根しっくい!

屋根の上は、劣悪な環境!それに耐えなければならない・・・

ドカッと!と混入型漆喰専用撥水剤ミクサップを使えば、屋根しっくいもOK!

 

ドカッとは、通常の漆喰よりも厚付けが出来、尚且つダレなども起こりません。
写真のようにかまぼこ状に盛り付けても作業性が良好で一発で仕上がります。


≫ドカッとは、今までの漆喰ではできないことが出来ます!ドカッとについての製品情報はこちら・・・

また、このドカッとに漆喰専用の混入型撥水剤「ミクサップ」を入れることで性能が向上します。

屋根しっくいは日々風雨に晒されます。ミクサップを使うことで、後から撥水剤を塗ったりする必要もなく、漆喰を水から守ります。

≫外壁漆喰に使える、混入型撥水剤!ミクサップ

ミクサップとドカッとで屋根しっくいをもっと美しく、もっと早く、もっと強くを実現しませんか?

————————————————————————-

≫近畿壁材トップページ

★SNSで情報配信中!

LINE公式
≫近畿壁材工業公式LINE

新フェイスブック
≫「いいね」で誰よりも早く情報GET!・・・

innsuta
≫インスタフォローお願いします。

Twitter
≫【公式】Twitterフォローお願いします。

名称未設定 1
≫役立つ動画を配信中!!「見てね~」

———————————————————————

≫土壁・漆喰壁の販売オンラインショップ

名称未設定 11

assocbutt_or_buy._V371070157_

 

 

 

 

2020/06/08(月曜日)文化財を守る!土蔵の補修にはこれ!土蔵土塀補修用漆喰ドカッと。

土蔵土塀の補修前現場に訪問!

文化的価値の高い建築で、大変勉強になりました。
土蔵の漆喰補修は、もともとの施工方法を確認することも重要ですが、漆喰が剥がれ落ちてからの年数などの現在の状況に対してどのよう補修方法を行うかの見極めが大変難しいです。


写真は、漆喰が剥落してから時間が経過し、下の中塗り土も落ちている状態です。
土蔵なので厚塗りで仕上げられているので、落ちている部分と落ちていない部分の不陸が大きくなっております。

このような場合はもちろん漆喰を一旦すべて剥がして塗り直しますが、中塗り土の不陸調整が難しいです。

また、長期間雨に晒された中塗り土は、粘土分が流れ落ち、中に入った砂だけが表面に残り、手で触ってもボロボロする状態です。
そんな状態の所にまた塗ってもすぐに剥がれてしまいます。
まずは、木鏝や固いブラシなどで表面をゴシゴシして弱い部分を落としてしまします。
刷毛で水を塗りながら木鏝でもみ込むことで「鏝ずり」することで粘土分が復活し表面を強くすることができます。

 下地の弱い部分を落として清掃が完了したら・・・

土壁内部まで浸透し、表面を固めるニュー土強!を塗ります。


≫古い土壁を強化する浸透性強化材『土強(どきょう)』はこちら

古い土壁は、弱くなっています。このような浸透性の表面強化剤で土壁を固めることで、次に塗る土壁や漆喰壁の付着も向上します。

でも・・・そんなに厚く中塗り土を塗り重ねるの大変ですし、乾燥にも時間かかりますよね!

そんな時には、厚付けできる砂漆喰!ドカッとが便利、大きな欠損部や厚付けが必要な場所に!便利なドカッと・・・
固練りで使えば、穴の開いた箇所の穴埋めや、屋根漆喰などの厚付けにも使える便利な漆喰です。

厚塗りしてもダレが少なく、10㎜厚ぐらいでしたら簡単に塗ることができます。

≫ドカッと塗れる砂漆喰ドカッとはこちら・・・

文化的価値のある土蔵や土塀を美しく補修する製品をこれからもご提案してまいります。

————————————————————————-

≫近畿壁材トップページ

★SNSで情報配信中!

LINE公式
≫近畿壁材工業公式LINE

新フェイスブック
≫「いいね」で誰よりも早く情報GET!・・・

innsuta
≫インスタフォローお願いします。

Twitter
≫【公式】Twitterフォローお願いします。

名称未設定 1
≫役立つ動画を配信中!!「見てね~」

———————————————————————

≫土壁・漆喰壁の販売オンラインショップ

名称未設定 11

assocbutt_or_buy._V371070157_

 

 

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ

近畿壁材工業株式会社

お問合せ