MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

「営業日報!★各地の情報★」の記事一覧

2020/03/27(金曜日)非常に人気が高い土間たたきの講習会

先日ある地方の左官様からの依頼で実技講習会を開催しました。内容は土間たたき。主催者の方々とお話させていただきましたが、今土間たたきの注目度が非常に高く、工務店様や施主様に「できるの?」と聞かれることが増えたそうです。土のやわらかく、あたたい雰囲気が好まれているともおっしゃっていました。
土間たたきは伝統工法で、左官さん達は昔のやったことがある、配合にかなり手間がかかるやり方しか知らないが、近畿壁材には便利なセットがあるとのことで当社にお声かけくださいました。

当社の土間たたきセット商品は現代風「ウルトラソイル」と、伝統的「重吉たたき」2つの商品を販売させていただいております。実際に施工していただき2つのたたき商品の施工方法と特長をご理解いただく事が目的です。
まずは現代風「ウルトラソイル」から先に施工しました。ウルトラソイルは塗り付け後~仕上げ拭き取りまでに養生が必要なためです。ウルトラソイルを塗りつけ、乾燥を待つ間に伝統的な土間たたき「重吉たたき」を施工します。

重吉たたきは通常3.5型モルタルミキサーで練るのですが、ミキサーが無かったため手練りでした。練り方まで伝統的に・・・(笑)

この度の講習会に参加いただいた左官様には300角の型枠を持参していただき、その型枠に施工していただきました。講習会で施工したたたきを、今後塗見本として営業活動にご利用いただくためです。

型枠に施工するとこんな感じです。
ちなみに黄色い方が「ウルトラソイル カラー山吹」、濃い茶色が「重吉たたき カラー淡路」です。みなさん塗見本に今後使うとあって丁寧に施工していました。

≫現代風土間たたき ウルトラソイルくわしくはこちら・・・

≫伝統的な土間たたき 重吉たたきくわしくはこちら・・・

当社ではご依頼があれば説明会、実技講習会などもさせていただきます。お気軽にお問い合わせくださいませ。

————————————————————————-
画像名

≫近畿壁材トップページ

★SNSで情報配信中!

LINE公式
≫近畿壁材工業公式LINE

新フェイスブック
≫「いいね」で誰よりも早く情報GET!・・・

innsuta
≫インスタフォローお願いします。

Twitter
≫【公式】Twitterフォローお願いします。

名称未設定 1
≫役立つ動画を配信中!!「見てね~」

———————————————————————

≫土壁・漆喰壁の販売オンラインショップ

名称未設定 11

assocbutt_or_buy._V371070157_

.

☆展示会出展案内!~下記展示会に出展致します!是非ご来場下さい♥♥♥
【無料】で入場するための招待券の事前登録を開始いたしましたので、ご希望の方は、下記よりご登録ください。

住宅・ビル・施設Week

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
入場料5,000円が無料になる事前登録
来場登録はこちら⇒ https://www.japan-build.jp/inv_m_kansai/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

近畿壁材は、第2回[関西]工務店支援 EXPOに出展致します。
https://www.homebuilder.jp/

会  期: 2020年9月9日(水)~ 11日(金)
会  場: インテックス大阪
主  催: リード エグジビション ジャパン(株)
出展社数: 300社(予定)
来場者数: 30,000名(予定)

同時開催:下記展示会もご覧になれます。
第4回[関西]建材・住設 EXPO
第4回[関西]スマートビルディング EXPO
第3回[関西]AI・スマート住宅 EXPO
第3回[関西]施設リノベーション EXPO
第1回[関西]不動産テック EXPO(初開催)

2020/02/18(火曜日)汚れない外壁材!だからメンテンナンスいらず

当社が地元淡路島でメンテナンスフリーの外壁材「キープウォール」をご採用いただいた現場へ行ってきました。
メンテナンスフリーの理由は動画でご確認ください。


下地はもちろんラスモルタル下地。その上に「キープウォール」にセットで入っているローラー塗り下地材を塗布していきます。下地材をセットにし、それだけあればすぐ塗れるよう、使用するお客様が使いやすい商品スペックにさせていただいております。

これだけがぜ~んぶセットです。

下地材は乾燥すると写真ように白くなります。白くする利用はまず下地材の塗り残しがないか判断しやすくするため、もう一つは白くすることで下地モルタルの透けを無くすため、以上二つの理由で乾燥後白くなるようしております。下地材が乾燥したら上塗り材を水で練っていよいよ仕上げ塗りです。

「キープウォール」は真っすぐ(フラット)な仕上げはできません。パターン(模様)を付けて仕上げていきます。

イメージはフランス、スペイン、イタリアなどの西欧ヨーロッパの外壁です。ラフな感じで仕上げ、洋風建築に合うよう塗っていきます。

いかがでしょうか?かわいいラボの完成です。こちらのお施主様は本宅外壁も「キープウォール」をご採用いただいたので、また後日ご紹介いたします。
>>キープウォールのご購入はこちから・・・

————————————————————————-
画像名

≫近畿壁材トップページ

★SNSで情報配信中!

LINE公式
≫近畿壁材工業公式LINE

新フェイスブック
≫「いいね」で誰よりも早く情報GET!・・・

innsuta
≫インスタフォローお願いします。

Twitter
≫【公式】Twitterフォローお願いします。

名称未設定 1
≫役立つ動画を配信中!!「見てね~」

———————————————————————

≫土壁・漆喰壁の販売オンラインショップ

名称未設定 11

assocbutt_or_buy._V371070157_

2020/02/12(水曜日)しっくいパターン(模様)仕上げの講習会

日本左官業組合連合会、しっくい普及推進プロジェクトin島根県が2/9(日)に開催されました。

午前の部は座学で漆喰(しっくい)の歴史やPR方法についてなどでした。
例えばしっくいは調湿や抗菌作用などが主な特長ですがただ口で説明するだけではなく、それを数値化し、科学的な根拠を元に世間のみなさんに評価していただくことであったり、しっくいの現代工法を確立し、割れ(クラック)などのクレームをできる限り無くし、且つ施工単価の統一をはかるなどの取り組みです。
しっくい現代工法ということで内装壁の下地として、圧倒的シェアを持つ石膏ボード下地への施工で、仕上げ方法もお寺やお城のような真っすぐな仕上げではなく、しっくいに模様を付けて洋風、和風どちらの建築にも合う仕上げをする講習会でした。

しっくいは江戸時代より現代に残る歴史ある塗り壁です。歴史があるということはもちもん実績もあり、全国各地のお城、お寺、文化財などに使用され、現代まで何百年もの間建築物を守ってくれました。
このような歴史ある日本の塗り壁「漆喰」をもっと世間の方に知っていただければ、しっくいの良さが伝わればもっとご採用いただくチャンスは増えると思います。

>>開封してすぐに塗れる漆喰はこちら・・・

————————————————————————-
画像名

≫近畿壁材トップページ

★SNSで情報配信中!

LINE公式
≫近畿壁材工業公式LINE

新フェイスブック
≫「いいね」で誰よりも早く情報GET!・・・

innsuta
≫インスタフォローお願いします。

Twitter
≫【公式】Twitterフォローお願いします。

名称未設定 1
≫役立つ動画を配信中!!「見てね~」

———————————————————————

≫土壁・漆喰壁の販売オンラインショップ

名称未設定 11

assocbutt_or_buy._V371070157_

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ

近畿壁材工業株式会社

お問合せ