MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

「問題解決のご提案!」の記事一覧

2021/03/01(月曜日)伝統の漆喰|価値ある建築に中国庭園「燕趙園」改修工事にも淡路島の漆喰!

「淡路島の漆喰」で建築の付加価値を高める!

島かべ練り漆喰は、昔ながらの漆喰!


漆喰壁とは何か・・・「淡路島の漆喰」が日本の漆喰を忠実に継承!

漆喰改修(塗り替え)の現場へ

この度外塀の漆喰の汚れや痛みが目立ってきて、塗替えになるかもしれないので一度現場を見た上で話しを聞きたいとの知り合いの設計士様よりご連絡があり打ち合わせに行ってきました。

確かに設計士の先生のお話のとおり、汚れとクラックからの雨水進入による浮き、剥がれが所々あり、場所によっては下からの雨水吸い上げによる黒カビが発生している箇所も見受けられました。ただ大半以上の既存漆喰壁はしっかり定着しており、それを踏まえた上でこれから先生と補修方法を考えたいと思います。

剥がれた場所、剥がれない場所の塗り替え!

カビは大丈夫そうです!

カビがあれば塗り替えには殺カビ剤が必要。

image

 

美しく伝統の漆喰で塗り替えられた現場!


20160212_135945

20160212_140004

漆喰の補修方法!

こちらの現場は古い漆喰壁が80%以上しっかり定着していたので、そのまま塗り替えします。

① まず浮き剥がれ部分を撤去してから水洗い清掃し、乾燥後島かべプライマー塗り乾燥!

② 固練り漆喰ベースで穴埋め不陸調整!

③ その後壁全面漆喰ベース二度塗りで島かべネット伏せ込みし、乾燥後文化財仕様の漆喰、島かべ練り漆喰で押さえで仕上げ!

こちらの現場ように既存の漆喰壁がしっかりしている場合は漆喰ベースが非常に便利です。

この度の工事は外塀部分の一部でしたのでまだ改修工事前の壁もあり、改修前と改修後の漆喰壁の違いがよくわかります。もし訪れる機会ございましたら、確認していただいてもおもしろいと思います。


20160212_135801

20160212_140158

漆喰の塗り替え改修をお考えのお客様!ご相談下さい、資料お送りします。

 

淡路島の漆喰壁、淡路島の土壁メーカーお電話下さい!

 

電話でのお問合せ ☎0799-85-1147 スマートフォンをご利用の場合、こちらをタップすることで電話をかけることができます

 

 

2021/02/27(土曜日)日本伝統の漆喰壁「黒葉銀杏草炊き糊」漆喰材料を販売

日本の伝統漆喰をご存じですか?


日本伝統の漆喰壁を長年販売

「本漆喰」についての問い合わせがあります。
もちろん、文化財などにも使える「島かべ練り漆喰」など本格的な炊き糊漆喰がありますが、勉強のために作ってみたいというお客様には喜んで協力させていただいております。

伝統の漆喰を作りたい方はご相談下さい!

今回お伺いしたお客様も普段は島かべ漆喰をご愛用いただいており、数々の名建築に携わっている左官屋さんですが、
現場の事情により、「炊き糊本漆喰」を作らなければならないと言うことで、お手伝いさせて頂きました。
_R001574 _R001572
炊き糊は、今回黒葉銀杏草を使い、炊き糊を作ります。
島かべねりしっくいも黒葉銀杏草を使っています。黒葉銀杏草は、粘りも強く、解けやすいため、漆喰には角又やふのりも使われますが弊社は、黒葉銀杏草お勧めさせて頂いております。
とろ火でコトコト焦がさないようにね?カレーと一緒!

_R001580
炊き残りは、昔は砂漆喰の中に入れて使ってました!これでゴミも出ませんね。

_R001597 _R001588 _R001584

この炊き糊にすさを入れて攪拌します。
_R001575_R001578
弊社は麻すさ(富士すさ)を数種類ご用意しております。
富士すさは、3mm・5mm・10mm・20mm
今回は試験なので色々やってみます。

_R001605 _R001602

消石灰は当然塩焼き消石灰!漆喰には塩焼きが最適!
貝灰も入れます。

 

完成!本当は、1日練り置きしたいところですが、早速試験塗り・・・

_R001607 _R001609

ダマも無く良好ですね!

本漆喰作る手間と時間を考えたら、やっぱり島かべ練り漆喰は優秀な材料です!
お客様も、指定が無ければ島かべで十分良いと改めて島かべ漆喰の使いやすさ、塗りやすさをご理解頂きました。

日本伝統の炊き糊漆喰は・・・資料お送りします。

 

電話でのお問合せ ☎0799-85-1147 スマートフォンをご利用の場合、こちらをタップすることで電話をかけることができます

 

 

 

2021/02/26(金曜日)コンクリートに漆喰を塗る|そんなお客様にお勧めの漆喰!

コンクリートに漆喰を塗る事ができます。


コンクリート下地への本漆喰施工方法お考えですか?

弊社のお勧めする漆喰の中でも、島かべ練り漆喰はかなり、かなり優れた漆喰です。
数々の名建築に使われてきたのは当然ですが、なにより海藻糊炊き糊が入っている事から水持ちもすごく良い!

今回お使い頂いた現場は、コンクリート躯体の外壁!島かべ練り漆喰は、上塗用、外装用共にコンクリート躯体の比較的大規模現場でも使いやすい本漆喰です。

水持ちが良く大壁向き!

塗付けが厚く塗れることや大壁でも水持ちが良い事から採用になっているのかもしれないが、比較的一度使ったお客様からのリピート率も高い材料です。
ただ、通常の漆喰のように薄塗りであまり押さえず仕上げるとなると少し島かべしっくいとは使い勝手が違うようで、左官屋さんでも好みが分かれるところでります。
左官材料の特徴で、糊が濃いと薄く、糊が薄いと厚く塗付けるという事から、島かべねりしっくいを「ぼてっと!」塗付け、時間をかけて押さえていくというのは少し癖のある材料かもしれない。

で本題に戻すと・・



コンクリート下地の島かべ練り漆喰工法ですが、もちろんセパ穴やジャンカなどの補修は、日本化成様のポリマーミックスなどで補修が必要です。
また、コンクリートの目地は、目地底にウレタンシールなどを注入してクラックを見えにくくするなどの工程は必要になります。


コンクリート下地には、漆喰ベースが最適!


写真は、コンクリート目地部分で、補修材の上に漆喰ベースを塗ったところです。

そして補修材の上に漆喰ベースを塗りますが、より確実な方法でいくと全面に島かべネットを漆喰ベースで伏せ込みます。
今回は、漆喰ベースをしごき塗りし、追い掛けで島かべネット全面張り、ネットの網目を隠すように、漆喰ベースを塗ります。
漆喰ベースで島かべネットを挟み込みます。もし厚みが薄く作業がやりにくい場合は、漆喰ベースに寒水石1厘(カルファイン様ではKD1、三共製粉様K-1)を3kg程度入れ少し厚塗りします。

 

そして、漆喰ベースを完全乾燥させます。24時間~48時間程度です。

乾燥した漆喰ベースに島かべ練り漆喰を塗っていきますが、近畿壁材ではここでの糊の濃い砂漆喰(引き糊)を推奨しています。
もちろん」、そのまま塗って頂いてもよいのですが、下地への付着力や作業性、仕上がりの美しさなどどれをとっても糊の濃い砂漆喰(引き糊)をしごき塗りしてからの島かべ練り漆喰を追い掛けが最高です。

モルタルやその他の材料でも、高い鏝圧で下地に材料をしごき、その上に追い掛けするほうが、引っ張り(付着力)強度が向上します。
これに関しては様々な方法がありますが、高級島かべで引き糊を作る場合は・・・
高級島かべ:寒水石1厘:島かべドライストップ=20kg:10kg:1kgが目安です。
この材料を漆喰ベースの上にカリカリとしごき塗りし、追い掛けで島かべ練り漆喰を塗ります。

 

島かべ練り漆喰は押さえやすい!

あとは、丁寧に鏝押さえを行い仕上げていきます。
引き糊のメリットはこの押さえ工程にもあります。水引が早く表面を水不足で押さえると小ひびが入ったり、デラデラてかったりします。
それを防ぐにも良いと思います。
ただ、プラスチック鏝での最終押さえはお勧めしません。

このような島かべ練り漆喰!もちろんコンクリート下地だけでなく、土中塗りや内装プラスターボード下地など通常の漆喰としてあらゆる下地に対応する優れものです。
応用すれば磨き仕上げもできる漆喰です。是非挑戦しては如何でしょうか?

島かべ漆喰に関する資料請求はコチラ・・・

電話でのお問合せ ☎0799-85-1147 スマートフォンをご利用の場合、こちらをタップすることで電話をかけることができます

 

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ

近畿壁材工業株式会社

お問合せ