MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

「営業報告書」の記事一覧

2020/07/07(火曜日)現代風の土間たたき、ウルトラソイルの現場!

ウルトラソイルはコンクリート上に厚さ15㎜で施工できる土間たたき!

≫ウルトラソイルに関しての動画や情報が満載!

ウルトラソイルは、コンクリート上に厚さ15㎜で使える土間たたき材料です。
強度もあり、見た目のたたき風の表情は、古民家土間はもちろん、茶室の犬走、居酒屋の店舗などあらゆる場所に利用できます。

和風だけではありません、新色として赤系の珊瑚(さんご)や白系の真珠(しんじゅ)、グレー系の薄墨も登場!

現場でも使いやすい1㎡セットとして販売しております。
≫ウルトラソイルは、あらゆる土間のニーズに対応!

また、立ち上がり(垂直面)にも塗ることができるので、土間と壁を継ぎ目なしに施工することが可能です。

そんなウルトラソイルの現場で施工中を見てきました。

下地はもちろんコンクリート、その上にプライマーを塗布します。


刷毛、ローラー等を利用しながら均一の厚みで塗ります。
あまりプライマーが濃いとその部分の乾燥が遅くなります。

 

プライマーの役割は、接着増強ではなく、どちらかというと水引き調整です。

 

乾燥させてウルトラソイルの打設です。


その後仕上げのスポンジ拭き!

この日は、試験用にもサンプル作りもされていました!なんの?サンプルだろう・・・


ウルトラソイルは、コンクリートやモルタル下地、立ち上がりにも対応できる土間材です。
現代建築に使いやすい昔ながらの土間たたきは如何でしょうか?

≫ウルトラソイルの詳しい情報はコチラ・・・

2020/06/29(月曜日)漆喰の新しいカタチ!しっくるんは美しいよぉ~

ビニールクロスの代わりにしっくるんは如何ですか?


≫漆喰の新しいカタチ!漆喰で暮らしを変える「しっくるん」はこちら・・・

現場の声で誕生した練り漆喰「しっくるん」

沢山のお客様にお使い頂いております、漆喰の新しいカタチ漆喰しっくるんですが、今回も現場での使用感をレポートしてきました。
しっくるんは、プラスターボードに塗れる100%自然素材の漆喰です。もちろん、樹脂や水性エマルジョンなどのボンドは一切含まれていない漆喰壁です。
施工は、通常のパテ処理後下塗り材のしっくるんベースを塗り、乾燥後しっくるんを塗ります。
ローラー塗りなので乾燥も施工も早く、今までの漆喰の概念を変える新しい漆喰壁です。

 

≫しっくるん専用下地材しっくるんベースは真っ白で下地の隠ぺい力が抜群です。

しっくるんは薄塗りですが、今回の現場でも全くジョイントも見えず、真っ白で美しい仕上がりです。
もちろん、重要なのは下地のパテの精度もありますが、しっくるんベースの性能も評判です。

100%自然素材のしっくるんで新しい漆喰のカタチ楽しみませんか?

しっくるんの塗見本とカタログお送りします!
ご興味のあるお客様はお問合せ下さい。

 

————————————————————————-

≫近畿壁材トップページ

★SNSで情報配信中!

LINE公式
≫近畿壁材工業公式LINE

新フェイスブック
≫「いいね」で誰よりも早く情報GET!・・・

innsuta
≫インスタフォローお願いします。

Twitter
≫【公式】Twitterフォローお願いします。

名称未設定 1
≫役立つ動画を配信中!!「見てね~」

———————————————————————

≫土壁・漆喰壁の販売オンラインショップ

名称未設定 11

assocbutt_or_buy._V371070157_

 

 

2020/06/17(水曜日)古民家の黄大津~淡路黄土は如何?土壁補修

各地の文化財等の改修工事で多い黄大津壁には黄色い土が必要!

大津壁は、まだまだ石灰の価格が高い時代に使われた工法で、「土」と石灰を混ぜて塗る漆喰壁です。
もともとは石灰の代わりなので白色の土、白土が使われていたようですが、内装などには意外に黄色の壁も多く使われております。

そんな黄色い壁を作るのが、「黄土」きつち、今回はそんな黄土のご紹介!

お邪魔した現場は

 

昔ながらの大津壁塗り替えを行うそうです。

大津壁と漆喰壁の違いは?

漆喰壁と大津壁は似たり非なる物で原材料が違います。

例えばすさ・・・
今回の現場もスサは、麻スサではなく和紙のような紙すさが大量に入っています。
すべてではないのですが、意外に紙スサの場合が多いような気がします。
これは個人的な推測にすぎませんが、古くは麻すさの再利用より和紙などのほうが容易に手に入ったのではないでしょうか?
それに紙すさを使うと薄塗りが可能なので、材料費削減になったのかも?

次に糊(海藻糊)ですが
本来大津壁には漆喰なのに海藻糊が入っていません。
それは、石灰だけで練る漆喰とは違い、大量に土を使う大津壁は、土の粘土分が水を多く保水し、またねばいことから海藻糊の代わりになります。
実は、文献などでは土が7~8割、石灰が2~3割なんです。

そんなことから漆喰と大津壁は厳密には同じものではないんです。
でも、意外に漆喰壁に顔料で着色した壁も大津壁って呼んでますけどね・・・

大津壁に使う土は・・・

今回お勧めの弊社の土は、「淡路黄土」


≫淡路黄土はこちら・・・

————————————————————————-

≫近畿壁材トップページ

★SNSで情報配信中!

LINE公式
≫近畿壁材工業公式LINE

新フェイスブック
≫「いいね」で誰よりも早く情報GET!・・・

innsuta
≫インスタフォローお願いします。

Twitter
≫【公式】Twitterフォローお願いします。

名称未設定 1
≫役立つ動画を配信中!!「見てね~」

———————————————————————

≫土壁・漆喰壁の販売オンラインショップ

名称未設定 11

assocbutt_or_buy._V371070157_

 

 

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ

近畿壁材工業株式会社

お問合せ