MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

「新人営業マンの悩み・・・教えてお客さん」の記事一覧

2021/01/13(水曜日)島かべしっくい、練り置きを「している」「していない」どう違う⁈塗り比べ

練り置き漆喰の体験!

よく先輩が電話で「漆喰は練り置きしてくださいね。塗りやすくなりますから」と言っているのを耳にします。
では実際にどう違うのか体験したいという事で、塗り付けの練習がてら試してみました。

結論から言うと・・「練り置き漆喰 めっちゃ塗りやすい!」

粉の状態から練ってすぐに塗った場合は、鏝にまとわりつくような感覚で真っ直ぐ塗ろうとしても素人の僕では中々上手くいきません。
一面を仕上げるのに結構時間がかかってしまいました。

やっぱり練り置きがいい!

一方、1日練り置きした漆喰は、さぁ~と塗れるような感覚で鏝に材料が残りにくいですね。
鏝切れがいいって言うみたいです。※後から教えてもらいました・・
漆喰を薄く塗り、尚且つ押さえて綺麗に仕上げる為に海藻糊などの糊分が入っていますが、糊分や消石灰にきちんと水分が行きわたる事で滑らかな施工性が出るんですね~。鏝が水の上を滑っているような感覚で、こんなにも違うとはビックリでした。

これだけ違うんだから練り置き時間を延ばしたらどうなんだろう?と好奇心が沸いてきたので、1ヵ月漆喰を練り置きしてみて、結果を又ご報告したいと思います。
でも漆喰って水に浸かっていると固まらないって不思議な材料ですね~!

>>島かべしっくいの商品ページはこちら

練り置き

————————————————————————-

≫近畿壁材トップページ

すべての漆喰工事に!日本伝統の本物の漆喰壁!島かべ漆喰をお勧めします。

 

 

★SNSで情報配信中!

LINE公式
≫近畿壁材工業公式LINE

新フェイスブック
≫「いいね」で誰よりも早く情報GET!・・・

innsuta
≫インスタフォローお願いします。

Twitter
≫【公式】Twitterフォローお願いします。

名称未設定 1
≫役立つ動画を配信中!!「見てね~」

———————————————————————

≫土壁・漆喰壁の販売オンラインショップ

名称未設定 11

assocbutt_or_buy._V371070157_

 

2021/01/08(金曜日)漆喰初心者がカラー漆喰を塗ってみて・・・「押さえ」工程

漆喰初心者が島かべカラー漆喰を塗って思った事!

前回のブログ「漆喰初心者がカラー漆喰を塗ってみて・・・」の続きです。
>>前回のブログ「漆喰初心者がカラー漆喰を塗ってみて・・・」はこちら

今回は「押さえ」工程について話したいと思います。

押さえとは・・・漆喰の表面を鏝で何度も押さえ混む工程です。
表面は不陸なくツルツルに仕上げる為に、漆喰の練り水が蒸発するタイミングを見計らいながら鏝で押さえ緻密にしていくそうです。

押さえ工程を行うことで緻密になった漆喰は強度も上がります。
珪藻土や土壁には無い工程で、漆喰独特のようですね。

実際に押さえてみた!

まず最初に塗り付け工程が終わった後、表面の乾燥のタイミングを見計らって押さえてみました。
すると鏝が表面に引っ掛かり動かない!先輩に尋ねてみると「タイミングが遅い」とやり直し。
タイミングが遅いと乾燥が進みうまく押さえができません。このタイミングが分かるには練習あるのみです。
ですが塗り付け工程で何度も鏝でならしていたので、色むらが出てしまいました。
漆喰の押さえ仕上げができるように塗り見本頑張ります。

>>島かべカラー漆喰の商品ページはこちら

————————————————————————-

≫近畿壁材トップページ

すべての漆喰工事に!日本伝統の本物の漆喰壁!島かべ漆喰をお勧めします。

 

 

★SNSで情報配信中!

LINE公式
≫近畿壁材工業公式LINE

新フェイスブック
≫「いいね」で誰よりも早く情報GET!・・・

innsuta
≫インスタフォローお願いします。

Twitter
≫【公式】Twitterフォローお願いします。

名称未設定 1
≫役立つ動画を配信中!!「見てね~」

———————————————————————

≫土壁・漆喰壁の販売オンラインショップ

名称未設定 11

assocbutt_or_buy._V371070157_

 

 

 

 

2021/01/06(水曜日)漆喰初心者がカラー漆喰を塗ってみて・・・

漆喰初心者が島かべカラー漆喰を塗って思った事!

島かべカラー漆喰を発売してから、お客様の問い合わせも多くなっています。
私も電話対応を練習中なのですが、カラー漆喰については中々答えられず先輩に電話を替わってもらう日々です。
早く自分で答えることが出来るように本格的に塗り見本の練習をしていく事にしました。


まず私はカラー漆喰どころか漆喰を塗るのもほぼ未経験です。
なので当然、塗り付けの感じや押さえという意味合いがあまり理解できていませんでした。
でも何事も挑戦あるのみです。

最初の関門!塗り付け工程について

「塗り付け」工程でまず難しかったのは塗り厚です。どうしても力が入り薄くなってしまい鏝で撫でる回数が増えてしまいます。
塗り付けに時間がかかるし、塗り厚も薄いので乾燥が早く進み、材料がズル!っとずれたりなど上手くフラットにできませんでした。
塗っては剥がし、塗っては剥がしを繰り返し最近ようやく、なんとなくですが自分の中でうまくなってきた様な気がします。
先輩に出来上がりを「どうですか?」と尋ねたら一言「ダメです」と言われましたが・・・
もっともっと練習して先輩より上手くなってお客様に説明出来るように頑張ります。

次回は「押さえ」工程についてです。

————————————————————————-

≫近畿壁材トップページ

すべての漆喰工事に!日本伝統の本物の漆喰壁!島かべ漆喰をお勧めします。

 

 

★SNSで情報配信中!

LINE公式
≫近畿壁材工業公式LINE

新フェイスブック
≫「いいね」で誰よりも早く情報GET!・・・

innsuta
≫インスタフォローお願いします。

Twitter
≫【公式】Twitterフォローお願いします。

名称未設定 1
≫役立つ動画を配信中!!「見てね~」

———————————————————————

≫土壁・漆喰壁の販売オンラインショップ

名称未設定 11

assocbutt_or_buy._V371070157_

 

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ

近畿壁材工業株式会社

お問合せ