MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

「新人営業マンの悩み!」の記事一覧

2021/03/17(水曜日)塗り見本下地|大量作成!

 

初めての試み!下地完成。


 

こんにちは、新人の藤森です。

今回、塗り見本の下地に使うのは島かべプライマーです。

一人で塗るのは大変なので先輩に手伝ってもらいました。

工程としましては、石膏ボードに島かべプライマーを塗布した後、カットに入ります。

 

 

島かべプライマー塗ってみた

この日は、風が強かったので倉庫内で塗りました。

用意したのは、ローラーと容器、後は汚れないようにブルーシートそれから材料を塗るだけです。

島かべプライマーを塗るのには、時間はそれほど掛かりませんでした。

なので島かべプライマーは、私のような初心者でも簡単に塗ることができます。

 

塗り見本カット。安全に!

 

今回、初めての試みで会社に眠っていた「卓上丸のこぎり」を使用しました。

機械に詳しい社員さんにアドバイスをもらいながら修理し、無事にカットができました。

カットの工程では、サイズがずれないように慎重に行い、何とか完成しました!

塗り見本

今後もより良い塗り見本をつくるため、今回のような下地だけでなく、仕上げ材の特訓も行っていきます。

>塗り見本・資料請求はこちら

 

 

 

 

 

 

 

2021/03/10(水曜日)初!漆喰の下地処理(現場)・・・お手伝い。

漆喰はやっぱり下地処理が重要!?


 

こんにちは、新人の藤森です。

先日、漆喰の下地処理の現場でお手伝いをしました!初めて生で見る下地処理。

手順

 

養生→ジョイント処理→下地材まで

~下地~合板(コンパネ)とビニールクロス

合板(コンパネ)

クロス

今回、施工する壁は下地が合板の部分とビニールクロスの部分がありました。

どちらも下地材は「島かべプライマー」を使用し、ローラと刷毛で施工を行いました。

島かべプライマーは、下地のアクを止めてくれます。

乾燥後にアクが出てきたらもう一度塗ります。

特に合板は、アクが出やすくなっています。

実際にプライマーを塗ってみると合板は、ビニールクロスに比べると水性の島かべプライマーをよく吸うので伸びにくく感じました。

こういった細かいことまで下地によって違いがあることを実感しました。

体験してみて・・・

実際に工程を体験すことで文字や画像で見る以上のことが学べました。

漆喰などの塗り壁は、仕上げ材だけでなく、下地処理も重要なことが分かりました。

これからも様々な現場に行き、お客様の困った一つでも多く解決できるように勉強します!

 

電話でのお問合せ ☎0799-85-1147 スマートフォンをご利用の場合、こちらをタップすることで電話をかけることができます

 

 

 

2021/02/17(水曜日)本漆喰|炊き糊本漆喰をお探しですか?文化財仕様の炊き糊漆喰販売!

日本の漆喰を販売しております。

練り漆喰は黒葉銀杏草・貝灰・麻スサ・油を配合した本漆喰!


漆喰をお探しのお客様!日本の伝統漆喰をお使い頂きましたか?

島かべ練り漆喰とはどいう漆喰なのか!

 

練り漆喰であること!

島かべ練り漆喰は練り状なのでで練り戻してすぐお使いいただけます。練り置きされているため塗りやすくなっています。

 

日本の伝統的漆喰製法を忠実に再現していること!

その他にも島かべ練り漆喰は伝統的な漆喰材料の炊き糊や貝灰いなどが入っており伝統建築や文化財建築に使いやすくなっています。

 

油入り漆喰で外部にも塗れること!

天然の植物油も配合されているので外部にも使いやすくなっています。

 

こう言ったことから島かべ練り漆喰は、伝統的な工法に重視した本漆喰です。

 

島かべ練り漆喰のカタログ資料お申込みの方は・・・・

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ

近畿壁材工業株式会社

お問合せ