MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

「オリジナルデザイン壁」の記事一覧

2023/10/11(水曜日)自然を感じる土のような壁

年月が経過した山肌のような表面 内部・外部どちらにも使用できる壁


 

 

エコやSDGsの観点から建築でも「自然を感じる空間」というコンセプトが増えてきているようです。

そんなコンセプトに合う空間を創るとなれば、例えば植物を置いてみたり、木(木材)が見える天井にしてみたりなど、方法はさまざまあります。

自然を感じる空間づくりで壁に着目しているデザイナーや設計士様より、

「表面が荒々しい感じで土っぽくしたい」

「ゴツゴツした土のような表面の壁はできますか?」

とお問わせいただいたことが数回あります。そんな時に提案しているのが左官仕上げの中の一つ「掻き落とし」です。

 

 

弊社の地元、淡路島の砂を壁材に混ぜて壁に塗り、ある程度乾燥してから、表面を削り落とす仕上げ方法です。

表面を削ることで表面に混ぜた砂が良く見えるようになり、凹凸もはっきり出て荒々しい、力強い雰囲気になります。

 

■通常の壁材で掻き落としはできない

 

「掻き落とし」はどちらかと言えば伝統的な左官仕上げの方法になります。昔は施工をお願いされた左官職人が自分で材料を調合していましたが、現代に継承されていません。

「掻き落とし」は仕上げに表面を削る工程があり、砂などが混ざった重い材料を厚く塗る必要があります。

 

 

通常の塗り壁仕上げ材に砂などを混ぜて塗れば、重さに耐えられず、塗った材料が下に落ちてしまいます。

また、仕上げまでの工期の問題もあります。塗れば終わりではない、最後に表面を削る工程が有る掻き落としは、塗ってある程度材料が固くなってからでないと削る事ができません。

 

 

長年、左官材料にたずさわってきた当社のノウハウを活かし、重い材料を厚く塗っても落ちない高い接着性、塗ったその日に仕上げまでするための乾燥時間、内部・外部どちらにも使用できる耐久性なども考慮した掻き落とし専用材料を開発しました。

 

 

土のような感じ、土っぽさを出せる「自然を感じる空間」を創りたい方はご相談ください。

2023/10/11(水曜日)オーダー(別注品)にはある程度のボリュームが必要

オーダーが無理でも既製品アレンジで対応


 

当社のホームページに掲載している、外部に施工できる「土壁風仕上げ」の完成写真をご覧になったお客様から

カラーを指定するので、そのカラーでオーダー品製造をして欲しいとご依頼がありました。

 


※ご指定いただいた外部に塗れる「土壁風仕上げ」

 

当社では塗り壁材のオーダー対応をしております。

空間イメージやコンセプトに合う塗り壁のご提案、また、この度のお客様のように具体的な仕上り写真、画像を提示していただいた上でのカラー変更など、お客様が求める塗り壁材をオーダーでかなえます。

 

■オーダーについてくわしくはこちら⇒近畿壁材 | オーダーメイド塗り壁 (kinkikabezai.com)

 

ただし、オーダーをお受けするには条件があります。オーダーの場合、施工面積が150㎡以上必要です。

150㎡未満の場合、製造工程上素材をブレンドすることができないためです。

 

この度のお客様は施工面積が10㎡でしたので、残念ながらオーダーをお受けすることができませんでした。

しかし、オーダー対応ができないのであれば、当社の既製品を利用して、お客様が求める仕上りに近い提案をしております。

 

既製品をアレンジ

 

オーダー依頼は上記画像「土壁風仕上げ」ができる塗り壁材料を、カラーグリーンで製造して欲しいとのご希望でした。

オーダー対応ができない面積なので既製品を利用し、アレンジします。使用した製品は

①外部でも汚れに強い撥水仕上げ材「キープウォール」

②塗り壁専用着色剤「壁カラーグリーン」

③土壁に混ぜる骨材「淡路島の砂」

④土壁に混ぜるつなぎ材「まるなかすさ」

 

 

以上の4製品を混ぜ、見た目が土壁風で外壁に対応しており、グリーンの仕上げ材を作ります。

グリーンの濃さも好みがあるので、着色材「壁カラーグリーン」の配合量を変えて、3パターンのサンプルを作成しました。

サンプルは有償になりますが、ご希望が有れば作成しております。

 

 

塗ったサンプルが乾燥してからお客様へ送付し、仕上がりの雰囲気とグリーンの濃さを確認していただきます。

施主様とお打ち合わせの上、一番濃いグリーンで確定し、ご注文いただきました。

 

繰り返しになりますが、オーダー(別注品)にはある程度のボリュームが必要になります。

しかし、オーダーが無理でも既製品を利用して、希望している壁のデザイン、テクスチャに近づける提案ができます。

ご希望の雰囲気やデザイン、もしくは「こんな壁をこの色で」と画像を提供していただいてもかまいません。

塗り壁のお困りごとはお気軽にご相談ください。

2023/09/26(火曜日)【店舗内外装デザイン】オーガニック素材を使用する和食店に合う土壁

 

オーガニック食品

 

オーガニック食品とは化学的な農薬や合成肥料を使用せず、太陽・水・土地・生物など自然の力を生かして生産された農産物や加工食品を指す

「おいしい」「健康に良い」「安全」などオーガニック食品を購入する人の目的はさまざまだが、オーガニック本来の目的は環境ホルモンや遺伝子組み換え技術を使うことなく、自然のあるがままの食物連鎖を目指すこと

作物を育てるには健康な土壌が必要で、家畜を育てるには良い農場環境が必要になる

オーガニックを推進することで、人間だけが健康になるのではなく、土壌、植物、動物、地球環境をすべてを健康にし、その結果健康な土壌から健康な作物がつくられ、それによって動物や人も健康になるということだ

 

オーガニック食品を扱う店舗

 

自然のあるがままがオーガニックなら、オーガニック食品は自然素材といえるのではないだろうか

そんな自然の食材を取り扱う店舗には、自然を感じ、自然素材と見てわかる空間が合う

例えば建物空間の大部分を占める壁や天井に「土壁」を採用するればオーガニックの連想がしやすいのではないだろうか

 

土壁の歴史と素材

 

「土壁」は日本では1500年ほどの歴史があり、原料は「土(粘土)」「砂」「藁すさ」の3つの自然素材からできている

しかもこの3つの原料は昔から現在に至るまで変わっていない

自然素材の壁だから剥がしたり、壊すことがあっても土壌に返すことができるオーガニック壁

仕上がった表面には「砂」や「藁すさ」などの素材が見え、自然の素材を感じる仕上りになる

化学的な素材を使用していない壁材でオーガニックな空間のできあがりだ

 

自然を感じるオーガニックな空間でオーガニック食品の食事をゆっくり楽しめば、心も身体も健康になるのはないだろうか

 

■イメージ、コンセプトに合わせた壁のご相談はこちらから・・・

 

編集者 H.D

 

************

ショップ画像提供  ひさのま様 ひさのま(@hisa_no_ma) • Instagram写真と動画

************

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ