MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

「オリジナルデザイン壁」の記事一覧

2022/05/06(金曜日)掻き落し仕上げしませんか?配合石灰で美しい掻き落し仕上げ!

掻き落し仕上げ材配合石灰でスポンジ拭き仕上げに挑戦!

前回の動画での挑戦に失敗したのでリベンジ!

配合石灰を使ってスポンジ拭き仕上げはできるのか?

>配合石灰ご購入はこちら・・・

淡路の砂とセットになった、掻き落しセットを使用

>掻き落しセット購入はこちら・・・

 

2021/12/09(木曜日)お洒落なBARの壁 土壁にしか出せないデザイン

 

間接照明が似合う立体感のある洋風土壁

 

店舗に合う土壁の意匠

以前店舗改装で、土壁を使ったデザインの壁をご紹介した現場が完成したとの事で、お客様よりお写真をお送りいただきました。感謝!

>以前ご紹介したブログ記事はコチラ・・・

錆びた鉄板のイメージでしょうか?入口もかっこいいです。

下地はモルタルで、中土で引き糊を塗っています。

これだけ厚く塗るにはやはり下塗りが必要ですね!

モルタルに土中塗りを塗るには、中土(なかつ)がお勧め!

>既調合中塗り土(中土)はコチラ

 

お洒落なバーですね♥お酒が飲みたくなる!

 

土壁(塗り壁)を使った店舗内装で付加価値の向上

 

このようなデザイン性に優れた店舗への塗り壁はやはり唯一無二の素材ですね!

土壁の素材感を活かしきった仕上げです。

土壁にしかできない凹凸感で関節照明の陰影が映えます。

ところで?この仕上げに使った土壁材料は?

今回お使い頂いた材料は、荒壁練土と荒すさです。
配合は、お客様のオリジナル配合です。

荒壁練土ですが、あまり割れてないですよね?

藁(荒すさ)がたくさん入っているようです。

>荒壁練土はコチラ・・・

 

>荒すさはコチラ・・・

 

実は、大木にも土を塗っているΣ(・□・;)

デザインのこの大木にも実は土を塗っているそうです!

驚きですね!

よく見ると細かい亀裂が入ってめちゃくちゃかっこいいです。

 

皆さんも店舗内装に土壁デザインしませんか?

 

◇土壁材料関連ブログは下記から

<<土壁材料について こんな時何を使うの?


<<土壁を塗るための下地材料について


<<仕上げ(上塗り)に使う土壁材料について


<<土壁をつくる材料(素材)について

 

 

 

 

 

 

2021/11/26(金曜日)Design漆喰の壁が小ロットで作れるご提案!

小ロット生産で現場に合わせたオーダー壁

 

■ オンリーワンをご提案、漆喰で創る新しいDesign。

 

「漆喰」は塗り壁材のため、塗る作業が有り、これから作りあげる壁です。そのため、カラー(色)、模様、柄などのデザインは自由にできる特徴があります。

特にその中でも模様、柄に関して優秀で、厚みを付けれるため、模様に凹凸を付け、立体感を出すことができます。

 

 

立体的な模様は壁紙とは違い、空間に高級感を出すことができます。また、塗る作業を経て作り上げた壁はハンドメイド、手づくり感も出ます。

 

このような特徴から、塗り壁はアイデア次第でさまざまなデザインの壁を作ることができるという強みがあります。

 

今までにご提案してきたデザイン壁は下記から・・・

 

■ ご相談下さい、唯一無二オンリーワン漆喰を創る会社

 

当社は塗り壁「漆喰」の研究、開発、製造をすべて自社で行っております。なので、お客様が求めるデザインの壁を一から小ロッドで作る事ができます。

例えば事例をご紹介すると・・・

「施主様がお蕎麦屋さんで、店内をそば殻を混ぜた壁にしたいとご要望いただいた。そんな壁つくれますか?」と工務店様からご相談を受け、施主様から素材となるそば殻をいただき、研究開発し、ご提案いたしました。
ご採用にいたるまで、仕上がりデザインにもこだわりがある施主様でしたので、何度か見本の提出がありましたが、ご納得いただくまでお付き合いし、ご採用いただきました。

このようにお客様が求めるデザインの壁を付加価値にし、オリジナルの壁を弊社と一緒に作りませんか?

 

■ デザイン性豊かな漆喰壁が作れる理由

 

大正元年創業から100年、一貫して取り組んできた漆喰壁・土壁。その豊富な事例と販売実績から蓄積したノウハウをお客様にご提供いたします。

 

デザイン壁のご提案は長年蓄積したノウハウを元に間違いないやり方、施工方法、使用材料など選定し、ご提案させていただきます。

 

デザインでお困りの建築家、デザイナー様はご相談ください!

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ