MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

「お勧め製品ご紹介!」の記事一覧

2021/09/21(火曜日)土壁に混ぜる藁すさ:あく抜き藁すさとひだしすさのご紹介!

あくぬき作業をした希少な藁すさ


今回は、当社の超売れ筋の「あく抜き藁すさ」と「ひだしすさ」についてのご紹介を行います。

ひだし

これら2商品は、発売から30年以上経つロングセラー商品ですが、なにぶん地味であまり目立たない商品なので今回はご紹介させて頂きます。
藁すさ自体あまり使われない特殊な製品ですが、土壁には絶対必要な物でもあります。

【藁すさ】は日本の伝統的な左官材料で、通常土壁に混入されるものです。木舞下地の荒壁から大直し、中塗り、切返し仕舞いから上塗りである糊差しや水捏ねに至るまですべてに利用され、種類も大きさも様々です。伝統的には下地に近いほど大きい物を使用するようです。日本での歴史は大変古く日本最古の法隆寺でもその使用はすでに認められており稲作が日本で行われるようになり土が建築に使われだしたころからすでに混入されていたのではないかと考えられています。昔から国内の稲作農家は多く藁を利用した製品も多く作られていたため、その古材は安価で量も多いことから日本全国で造られ使用されていたと考えられます。このような藁すさも近年の建築様式が徐々に乾式工法に変わりはじめ需要も激減し製造しているところも少なくなってきましたが、当社では少ないながらもまだまだ需要もあり数種類のわらすさを製造・販売しています。 製造方法は昔から変わらず採取した稲藁を水に浸して十分灰汁を抜きよく叩いてほぐし、必要のない節を除去しよく乾燥させ必要な大きさに切断し袋に詰めます。中塗りすさなどは古くなった畳を細かくほぐしよく乾燥させ大きさをそろえ袋に詰めます。原料となる稲藁は刈り取ってすぐのものは水分を多く含み張りがありほぐれにくく灰汁もよく出るため古いものを利用するほうがよいとされています。

当社のあくぬき藁すさとひだしすさは、長期間水にさらしアクを抜いています。
下記の写真は、あく抜き藁すさや、ヒダシすさの粉砕前の藁すさです。_DSC2051
これはこれでいい感じの「ぶつぎりすさ」ですね。

_DSC2039 _DSC2038
上の写真は、当社の藁すさの原料・・・あくを抜いて天日で干してから粉砕します。
ひだしすさは、切り返しすさとも言い、切返しは中塗り施工後行い、上塗り前に一度塗って置くもので高級工事ではこのまま何年も放置して時期が来たら上塗りを行うこともあります。最近では切返しを糊差し同様に一つの完成とすることもあるため仕上がりの美しさも求められているため、これらに混入されるすさは上品な仕上がりとあまり灰汁のでないものが条件となる。『あく抜きわらすさ』『ひだしすさ』がその条件を満たしています。

わらすさ(中) わらすさ(中)2
上記の写真は、あくぬき藁すさです。
わらすさ(大) わらすさ(大)2
上記の写真は、ひだしすさです。

ご興味がありましたらお問合せ下さい!

 

 

 

2021/09/15(水曜日)漆喰のテカリ気になりませんか?冬場は要注意!

本格的な寒さがやってきて外部での漆喰の仕事は難しい条件になって来ました。

しかし新築中などは工期の関係もあり、どういても施工しなければいけない現場も多いかと思います。
漆喰施工で冬場の乾かない時期に特におこる現象が「テカり」です。
表面が光沢を帯び反射して、デラデラと光っているように見える現象です。
折角漆喰のマットな澄んだ質感が良くて漆喰にしたのに・・
艶があると高級感が・・などといわれるお客様も中にはいらっしゃいます。

ではテカらなくする方法はないんでしょうか?

現場現場で条件や状況が異なる為、完全に防ぐ手立てはありません。
「テカり」は漆喰の乾燥が遅いときに乾燥途中に水分が抜けていくときに、漆喰のノロが表面に結晶の膜を張り硬化し出来ます。
押さえ仕上げをする場合は鏝押さえにより水分を飛ばし水分が無くなるまで押さえて仕上げますので、テカりは見られにくいですが、パターン仕上げの場合は鏝押さえが出来ませんのでよくテカリが出ます。
対処としては

①漆喰下地の水引きを一定にする!

下地の水引きが一定でないと部分的にテカリが出てムラに見えます。全体がテカるより見苦しいかもです。
※内装用、外装用、水引き性能等の違いがあります。

②下地の水引きを早くして漆喰材料の乾燥を早くする!

たとえば凄く水を吸う下地に漆喰を塗れば水分が下地に吸収されテカることはありません・・・がドライアウトという違う不具合になってしまいます。
上塗り漆喰に気泡が入ったり(水分不足による接着不良)、表面に粉が残ったりしますのでドライアウトは絶対に起こしてはいけません。
乾燥が遅ければテカりが出て、早ければドライアウトを起こしてしまうのでこのバランスが難しいですね。
夏場はドライアウトが起きやすいですが、シーラー材や専用下地材の普及でだいぶ軽減されました。

テカりを出さない為に弊社がおすすめするのは・・「早くしまーる」です。

上塗り漆喰にそのまま混入するだけで、漆喰の乾燥促進に繫がりさらに下地材との付着強度もUPします。
作業性や意匠性も変わる事はありませんので、冬場の漆喰施工時に追加されてはいかがでしょうか?
朝に塗りつけた漆喰が夕方になっても押さえ終わらないといいたような事は無くなると思います。

 

2021/10/14(木曜日)漆喰専用下塗り材|モルタル下地に漆喰を塗る!あなたは漆喰ベース?それとも砂漆喰?


外壁漆喰はほとんどがモルタル下地
そんな時どんな下塗り材を選べばいいの?


 

施工する面積や応援を呼べる人数などで下塗り材を使い分ければ便利!

躯体はコンクリート、間仕切りはレンガ積みに、モルタル⇒砂漆喰(中塗り漆喰)⇒プラスターで仕上げてあります。

 

DSC06872-2

 

下地の補修を行った後、漆喰仕上げにするとのご要望で、早速見本作成!

 

漆喰の押さえ仕上の場合、中塗り(下塗り)は【島かべ砂漆喰】がいいのか?
それとも【漆喰ベース】がいいのか?

 

悩んだことはありませんか?・・・・

ありませんよね・・・・(笑)

というわけで、悩んでなくてもこの違い、見本塗りで申し訳ないですが当社の主観で検証してみたいと思います。

まずは、モルタル塗り!モルタルは現在はほとんどが軽量モルタルなので今回も市販の軽量モルタルを塗ります。

モルタルに関しては、各社モルタルメーカー様の仕様に従って塗って頂くわけですが、最近は全面ネットが主流なので全面ネットがお勧めです。

ただし注意が必要で、漆喰をその上に塗る場合、あまりにネットが表層でむき出しになっていると【島かべ砂漆喰】はシーラー材をしていても浮いてくることがあります。

ネットが水を吸わないため、表層すぎると接着不良の原因になるからです。

また、ネットを十分にノロで伏せこんでも、表面のノロは強度が無く、これもまた剥がれた事例があります。

 

モルタルにネットを伏せる場合は、1回目と2回目のモルタル塗りの間にサンドイッチして下さいね!

 

モルタルへのネットの伏せ込みには注意が必要です。

20170901_013923076_iOS 20170901_013934949_iOS

通常軽量モルタルの仕様は、16㎜(8㎜2回塗り)ですがそれはさすがに見本では無理なので省略。

20170901_013929380_iOS

見本ではありますが、やはりモルタルを平滑に塗るのは難しいですね。これが大壁で16㎜厚ともなると大変ですね。やはりプロは凄い!

 

①ここで1つ目の下塗り材【漆喰ベース】か?【島かべ砂漆喰】か?が登場!

このように少しであってもモルタルの不陸は漆喰の大敵!なぜなら漆喰の上塗りの厚みは2ミリ未満で塗り厚が薄いからです。

この不陸を整えるには【島かべ砂漆喰】が良いと思います。

モルタル下地には、どんな場合でも【島かべドライストップ】を塗布しましょう!塗るのには理由が3つあります。

1)一つは、水引き調整。吸水の激しい下地には【島かべドライストップ】を塗ることでドライアウトを防ぎ急激な乾燥を防ぎます。

2)二つめは、接着増強です。接着増強と言ってもモルタル乾燥時の白華による表面を固める意味もあります。白華の上にそのまま【島かべ砂漆喰】を塗ると付着せず、浮くことがあるので注意が必要です。

3)三つめは、施工後モルタルに雨などによる水が入りにくくする為です。【島かべドライストップ】をしておけば少しはモルタル面への水の進入が防げます。モルタルまで水が回ると漆喰面の乾燥が遅くなり、「カビ」などの原因にもなります。

ここで2つ目の【漆喰ベース】か?【島かべ砂漆喰】か?ですが、モルタルへの付着に関しては、断然【漆喰ベース】が有利ですね!付着力は抜群です。様々な下地の塗り替えにも使える優れものですから、その付着力は高いんです。

もちろんモルタルへの水の進入をブロックするにも【漆喰ベース】は大変優れています。

で、【島かべドライストップ】塗布完了!今回は3倍液(水2Lにドライストップ1L)で希釈!

 

≫島かべドライストップに興味がありますか?こちらからくわしくご覧ください

 

ドライストップは原則完全乾燥です。

2時間~6時間ぐらいで乾くと思います。乾いていないと余計に水が引くので注意して下さいね。

それでは【島かべ砂漆喰】を塗ってみましょう!

【島かべ砂漆喰】は島かべしっくいに砂が入っているだけではなく、すさもマニラすさに変え厚塗りに対応しています。海藻糊も強めなので固練り・厚塗りに向いています。

水持ちのよい材料なので鏝押さえもゆっくり出来ます。

DSC07025
通常は、3㎜~5㎜厚程度で塗って、モルタルの不陸調整をします。

次に、【漆喰ベース】を塗ってみます。

DSC07020

DSC07023
薄塗りの下地材(塗り厚1㎜)なので、厚塗りは出来ません。よって不陸は直りませんが、塗りやすさは間違いありません。下地がもともとフラットなモルタル下地であればなんら問題は無いですね!

ここで3回目の比較ですが、施工性は断然【漆喰ベース】ですが、厚塗りが必要な場合は【島かべ砂漆喰】。これは用途によってなので比較はおかしいですね。

 

両者の乾燥時間ですが、【漆喰ベース】は24時間~48時間。【島かべ砂漆喰】は、3日~7日程度かかりますが、【島かべ砂漆喰】の場合は、下地と季節によってまったく乾燥時間が全く違うのと、薄く塗れば上塗りの【島かべしっくい】の追い掛けも可能なのでこれも比較になりませんね。

 

さて、いよいよ上塗り【島かべしっくい】塗りです。

 

日本の伝統漆喰を既調合し、「塩焼き消石灰」「麻すさ」「粉末海藻糊」をブレンドし、水練り後すぐに塗れる上塗り用漆喰【島かべしっくい】です。

【漆喰ベース】にはそのまま塗ります。完全乾燥した【島かべ砂漆喰】の上には「引き糊」を塗ってから追い掛けます。

※「引き糊」とは?・・・最近の当社の説明も、砂漆喰に追い掛けよりもフラットにした【島かべ砂漆喰】を完全乾燥し、【島かべ角又】を沢山入れた糊の濃い【島かべしっくい】をしごき塗りしこれに普通の【島かべしっくい】を追い掛けする工法です。このやり方のほうがムラ引きが少なく、水引きが均一です。

いよいよ【島かべ砂漆喰】対【漆喰ベース】対決も大詰め、上塗りを塗った感じですが、正直・・・・どちらでもOKです。。。すいません。

もちろん、早く仕上がるのは【島かべ砂漆喰】への引き糊です。ゆっくり乾くのは【漆喰ベース】ですね。真壁など小壁には砂漆喰完全乾燥後の引き糊がいいでしょうし、大壁で人工が少ない場合はゆっくり乾く【漆喰ベース】のほうがよいと思います。

DSC07116

DSC07125

DSC07123

結論として「好み」「状況」「季節」「下地」「予算」「工期」「手間」をこれらを考えて使い分けていただければ便利です。

 

漆喰のことならなんでもご相談ください!

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ