MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

「塗り壁デザイン」の記事一覧

2024/04/08(月曜日)上品な雰囲気と素材感を求めるなら砂漆喰がおすすめ

砂の素材を感じる上品な仕上がりに

 

お客様から下記のような塗り壁の問い合わせが増えています。

「上品さも感じる表面を少しだけザラザラさせた塗り壁をしたい。上品さも欲しいのでほんとに少しだけ」

「落ち着きも感じる空間にしたいので、壁も落ち着きを感じるテクスチャで。でも少し変化も欲しい」

このようなお客様によくご採用いただくのが「砂漆喰仕上げ」です。

 


通常の砂漆喰「島かべ砂漆喰」の表面
■島かべ砂漆喰くわしくはこちら…

 


漆喰に土壁を混ぜた砂漆喰

 

ほんのりと砂が表面に見え、主張しすぎない、上品さと素材感が両立する仕上がりになります。

 

色が欲しい場合は「カラー漆喰」に砂を混ぜる

 

カラーが欲しいお客様には「島かべカラー漆喰」に「白砂」を混ぜて砂漆喰にすればカラー砂漆喰施工ができます。


■「島かべカラー漆喰」はくわしくはこちら…

 


■「白砂」くわしくはこちら…

 

混ぜる割合は「島かべカラー漆喰10㎏」に対し、「白砂 砂漆喰用」5㎏を混ぜて施工してください。

 


カラー漆喰に「白砂」を混ぜた表面

 

上品さもあり、凹凸感あるテクスチャにしたい場合は砂漆喰仕上げをご検討ください。

2024/04/02(火曜日)第1回 オーダーメイドDesignb塗り壁研究会 開催

お客様と創る オリジナル塗り壁開発相談会

 

設計士、デザイナー様でこんな事でお困りではありませんか?

「理想のデザイン、テクスチャはあるんだけど既製品では表現できない」

「空間イメージ、コンセプトはあるので、それに合う壁にしたい」

「クライアントのこだわりが強いので、素材もデザインも特別感あるオーダーにしたい」

創業111年の壁メーカーとして蓄積したノウハウを活かし、デザイン性に優れたオーダー壁をお客様と一緒に開発するプロジェクトをスタートします。

 

□開催日【要予約】

2024 5.7[Tue]~6.12[Wed]  土・日・祝祭日は休業
※注)土のミュージアムSHIDOの営業日とは異なります。

時間(相談会は1日3回開催)
①10:00~ ②13:00~ ③15:00~ ご来場予約お願い致します。

 

□場所 淡路島 土のミュージアムSHIDO

〒656-1521 兵庫県淡路市多賀2150

アクセス アクセス – 土のミュージアムSHIDO (kinkikabezai.com)

 

 

□塗り壁研究会の流れ

①淡路島へ!

まずは観光を兼ねて「淡路島」へお越しください

 

 

②見る!

デザイン豊かな塗り壁をご覧いただけます

 

 

③打ち合わせ

ご要望をお聞かせください。
写真やパースがあればお持ちください

 

 

④開発

研究室をご覧いただけます。
素材から開発致します。

 

 

⑤サンプル作成

ご要望をお聞きし、お客様と開発したサンプルを作成致します。
今回の研究会ご参加いただいた特典として、通常サンプル作成5,000円を無料で作成致します。

 

 

「Design塗り壁研究会」のご予約は下記からお願い致します。

2023/10/11(水曜日)自然を感じる土のような壁

年月が経過した山肌のような表面 内部・外部どちらにも使用できる壁


 

 

エコやSDGsの観点から建築でも「自然を感じる空間」というコンセプトが増えてきているようです。

そんなコンセプトに合う空間を創るとなれば、例えば植物を置いてみたり、木(木材)が見える天井にしてみたりなど、方法はさまざまあります。

自然を感じる空間づくりで壁に着目しているデザイナーや設計士様より、

「表面が荒々しい感じで土っぽくしたい」

「ゴツゴツした土のような表面の壁はできますか?」

とお問わせいただいたことが数回あります。そんな時に提案しているのが左官仕上げの中の一つ「掻き落とし」です。

 

 

弊社の地元、淡路島の砂を壁材に混ぜて壁に塗り、ある程度乾燥してから、表面を削り落とす仕上げ方法です。

表面を削ることで表面に混ぜた砂が良く見えるようになり、凹凸もはっきり出て荒々しい、力強い雰囲気になります。

 

■通常の壁材で掻き落としはできない

 

「掻き落とし」はどちらかと言えば伝統的な左官仕上げの方法になります。昔は施工をお願いされた左官職人が自分で材料を調合していましたが、現代に継承されていません。

「掻き落とし」は仕上げに表面を削る工程があり、砂などが混ざった重い材料を厚く塗る必要があります。

 

 

通常の塗り壁仕上げ材に砂などを混ぜて塗れば、重さに耐えられず、塗った材料が下に落ちてしまいます。

また、仕上げまでの工期の問題もあります。塗れば終わりではない、最後に表面を削る工程が有る掻き落としは、塗ってある程度材料が固くなってからでないと削る事ができません。

 

 

長年、左官材料にたずさわってきた当社のノウハウを活かし、重い材料を厚く塗っても落ちない高い接着性、塗ったその日に仕上げまでするための乾燥時間、内部・外部どちらにも使用できる耐久性なども考慮した掻き落とし専用材料を開発しました。

 

 

土のような感じ、土っぽさを出せる「自然を感じる空間」を創りたい方はご相談ください。

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ