MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

「使い方のご提案!」の記事一覧

2021/07/10(土曜日)漆喰に珪藻土を混ぜる!効果抜群。


漆喰に珪藻土を混ぜてさらに調湿機能をUP!

漆喰は、空気中の湿気を吸ったり、吐いたりする「調湿性能」高くなっています。

ですが、この漆喰に珪藻土を加えることでより、調湿機能を上げることができます。

調湿性能が高い「紙すさ漆喰」。

紙すさは、通常の漆喰に使われる麻すさよりも湿気の保水性が高いのでより多くの湿度を漆喰内に取り込みます。

より調湿機能に注目し、パターン仕上げをご紹介します。

もちろん日本の漆喰はフラットな押さえも可能ですが、洋風の建築などが人気で、近年やはりパターン仕上げが人気のようです。

パターン仕上げで調湿性能が上がる理由

① 塗り厚が厚くなり、調湿性能が向上する。

② 漆喰の表面積が増え、調湿性能が向上する。

このように調湿機能によりこだわった漆喰にしたい場合は、紙すさ漆喰に珪藻土を混ぜることをおすすめします!

2021/06/30(水曜日)土壁の強化剤|土壁を保護する「土強」と「土守」どう違うの?


「土強」と「土守」の2つの土壁強化剤の違いは?

 

〇浸透性土壁強化剤 土強(どきょう)

 

土壁の中へ浸透し、隙間に樹脂が入り込み、つなげる事で、強度の弱い古い土壁が崩れないようにする強化剤です。

浸透して内部に入り込む成分と、表面に残る成分に分かれ、土壁そのものを全体的に硬くします。

土壁を補修する際、下地の土壁が弱っていたら、その上に塗る作業している時、または塗り終わった後に、弱い部分から剥がれたり、接着不良をおこしたりします。

土壁を内部も外部も硬くする事で安心して次の中塗りや上塗りの工程に進めます。

 

 

〇土壁撥水剤 土守(つちもり)

 

直接水が土壁に当たる場所に塗布する撥水剤です。

土は水に当たると流れてしまうため(※土壁の成分の50%が土だとすれば、理屈では壁の50%は長期的に流れてしまいます)撥水剤の力で土壁そのものに水を当てるのを防ぎます。

塗布して乾くと塗布感が無く、土本来の意匠を損ないません。

【結論】
「土強」は土壁を固くし、強度を向上させ、「土守」は土壁を水から守る撥水性能がある。用途が違う。

 

「土強」は古い土壁を固める場合に使用し、「土守」は外壁の雨があたる箇所の土壁(外壁を土壁仕上げたい場合)を保護するためにご利用ください。

2021/06/30(水曜日)中塗り土には、どんな土を使う?


中塗り土には、粘性の高い【淡路中塗り土】

 

「中塗り土」は、土だけではありません!

実は、中塗り土は土・砂・藁すさを配合した土壁を言います。

中塗り土の配合の目安としては、土(淡路中塗り土)・砂・藁すさをバケツを1杯ずつの容量比で1:1:1の割合です。

粘り気が多いと感じた場合は、砂を入れてお好みの粘度に調整しましょう!

昔から中塗り土は、荒壁下地に中塗り用として多く使用されてきました。

ですが、最近では中塗り土を仕上げとする「中塗り仕舞い」にもよく使われるようになりました。

淡路中塗り土とは?

【淡路中塗り土】は、淡路瓦としても知られている淡路土です。

特徴としては、やはり高い粘性で水持ちがよく、淡路島の良質な粘土が使用されています。

淡路中塗り土が配合された土壁【中土】

中土は、土・砂・すさが配合済み、水で練るだけですぐ使える中塗り土です。

ぜひ中塗り土の施工をお考えの方は、土壁【中土】をご利用ください!

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ