MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

「ようこそ淡路島情報!」の記事一覧

2024/04/02(火曜日)第1回 オーダーメイドDesignb塗り壁研究会 開催

お客様と創る オリジナル塗り壁開発相談会

 

設計士、デザイナー様でこんな事でお困りではありませんか?

「理想のデザイン、テクスチャはあるんだけど既製品では表現できない」

「空間イメージ、コンセプトはあるので、それに合う壁にしたい」

「クライアントのこだわりが強いので、素材もデザインも特別感あるオーダーにしたい」

創業111年の壁メーカーとして蓄積したノウハウを活かし、デザイン性に優れたオーダー壁をお客様と一緒に開発するプロジェクトをスタートします。

 

□開催日【要予約】

2024 5.7[Tue]~6.12[Wed]  土・日・祝祭日は休業
※注)土のミュージアムSHIDOの営業日とは異なります。

時間(相談会は1日3回開催)
①10:00~ ②13:00~ ③15:00~ ご来場予約お願い致します。

 

□場所 淡路島 土のミュージアムSHIDO

〒656-1521 兵庫県淡路市多賀2150

アクセス アクセス – 土のミュージアムSHIDO (kinkikabezai.com)

 

 

□塗り壁研究会の流れ

①淡路島へ!

まずは観光を兼ねて「淡路島」へお越しください
※遠方で来社が無理な方にはオンラインでご対応致します。

 

 

②見る!

採用実績とご提案したデザイン豊かな塗り壁をご覧いただけます

 

 

③打ち合わせ

ご要望をお聞かせください。
写真やパースがあればお持ちください

 

 

④開発

研究室をご覧いただけます。
素材から開発致します。

 

 

⑤サンプル作成

ご要望をお聞きし、お客様と開発した塗り壁サンプルを作成致します。
今回の研究会ご参加いただいた特典として、通常サンプル作成費用5,000円を無料と致します。

 

 

遠方で訪問は無理!というお客様にはオンライン対応致します。


「Design塗り壁研究会」のご予約は下記からお願い致します。

2024/02/26(月曜日)【淡路島】と【土】私たち【近畿壁材】について

■「淡路島」はじまりの大地

 

古事記・日本書紀によると、おのころ島で夫婦となった伊弉諾尊(いざなぎのみこと)・伊弉冉尊(いざなみのみこと)の二柱の神は、日本列島の島を次々に生んだとされている。

その中で最初に生まれた島が「淡道之穂之狭別島(あわじのほのさわけのしま)」、すなわち淡路島であると記されている。

国生みの島「淡路島」は日本列島が生まれた、そのはじまりの大地

 

 

■大地は私たちの原点

 

人々は大地を踏みしめ、土に守られてきました。そして、それらを生きる知恵に変えてきました。

土にさまざまな素材を技術によって混ぜ合わせ「暮らし」の中に溶け込ませてきました。

日本列島が生まれたそのはじまりの大地、「土」を素材として私たち「近畿壁材」は活動している。

「土」を通してたくさんの方に癒しや喜びを与えられるように、「土」に私たちの技術と美意識を注ぎ込み、時にはライフスタイルを彩る壁になり、時には感性をくすぐるアートになり、ミュージアムとなり、「近畿壁材」の精神になっています。

 

 

■淡路島の土の産業と歴史

 

「淡路島」で創業して110年、私たちは土屋としてこの大地の恵み「土」を販売してきた。
理由は「淡路島」では良質な「土」がたくさん採れる。そんなことから「淡路島」には「土」を使った産業が多くある。

有名なのは日本三大瓦のひとつ「淡路瓦」。その他には瓦と同じく土を焼いて作る「タイル」の大手メーカー工場もある。
また、近年ではその品質と量の豊富さから、陶芸家の移住も多く、窯元も増えている。

 

■これから先の未来に必要な「土」

 

環境問題が大きな問題になっている現代、エコでサスティナブルな物が求められ、自然との共生を意識する方も増えている。

サスティナブルな「土」はこれから先の未来に必要と言えるのではないだろうか。

例えば、「土」を素材とする土壁は、剥がしたものを廃棄処分する必要が無く、元の「土」に返すことができる。

また、剥がした土壁は新しい土壁と混ぜれば再び壁に塗ることができ、再利用することもできる。

ゴミを出さず、再利用できる「土」は環境問題の観点からも今注目されている。

 

2023/10/23(月曜日)淡路島の「土」が身近な仏具に利用されるかも

「おりん」という仏具わかりますか

 

上記画像が「おりん」です。見たことはあるけど名前は知らなかった、そんな方が多いのではなでしょうか。

身近な宗教用具のひとつで、読経をはじめる前と終わった後に打ち鳴らす仏具です。

その澄んだ音色は邪気を払い、空間を清浄にすると言われています。

「おりん」には数種類の材質があり、その中でも特に音質や余韻が良いとされる最高級素材が佐波理(さはり)【銅と錫の合金】が材質のものです。

その音の良さからシンバルなど、金属製楽器にも使用されています。

この度、淡路島の「土」を求めて来社いただいた(有)りんよ工房様は、この佐波理(さはり)材質の「おりん」を製造しているメーカーです。

 

■有限会社りんよ工房様⇒https://rinyo.co.jp/

 

鋳型に土を使用する

 

佐波理(さはり)が材質の「おりん」は鋳造と言う製造法によって作られています。

型を作り、溶かした金属を型に流し込み、切削加工を施し製品にしていきます。

この製造工程の中で、土には非常に大きな役目があり、土を基に様々な種類の真土(まね)を作り鋳型を作ります。

土の良し悪しで音が大きく変わるそうです。

また、鋳型に成形するため、壁土と同じように、高い粘性を持つ「土」が条件になります。

 

希少になった粘性が高い土

 

お客様は歴史あるメーカーなので今まで使用していた「土」があったのですが、その土が採取できなくなり、この度淡路島の「土」を検討することになったそうです。

当社の地元淡路島は昔から「土」の都と呼ばれ、粘性が高い良質な土が豊富に取れ、壁土はもちろん、淡路瓦やタイルなどに使用されてきました。

採取する山の層はまだまだあり、安定供給が期待できる点なども淡路島の「土」を選択するポイントになったそうです。

強度や音色を含め、2年程試験結果ができるまでにかかるそうですが、良い結果になり、淡路島の「土」の可能性が広がるのことを期待しております。

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ