MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

2017年8月の記事一覧

2017/08/30(水曜日)今では貴重な昔ながらの施工法での漆喰工事とは・・・

福井県の県庁は昔の福井城があった場所にあります。
元はお城ですからお堀に囲まれており、東西南北の各通用口から中へ入る仕組みになっています。

今回はその中の西側、山里口御門の修復にあたり職人様との打ち合わせも兼ね訪問しました。

10年程前には山里口御門へ続く橋「御廊下橋」を城かべ漆喰で仕上げています。
≪城かべ漆喰の商品説明はこちら・・・
≪城かべ漆喰の施工実績はこちら・・・


御廊下橋を抜けると・・・
今回の工事場所の山里口御門です。

中塗土の箇所や仕上げの漆喰まで終了している箇所もありました。

お城の門の復元なので撃つ事はないでしょうが、鉄砲狭間もあります。
下地はこのように作ります。


奥に行くと、下地からの展示があり訪問者に分かりやすく説明してくれています。
木舞下地→荒壁→大直し→中塗土→中塗り漆喰→上塗り漆喰
と工程が続き手間暇をかけて修復されているのが分かります。
通常の木舞と違い「なるほどな~」と思ったのは、一枚に見える壁でも二重構造になっている点です。
やはりこれもお城の防御といった観念から二枚の壁の間には大量の砂利が入っています。槍等で突かれても貫通しないようにですね。その分手間も倍かかっているわけですが・・・


瓦も一つ一つが凄い重量のある石瓦です。
近くで見ても重厚感があります。


こちらは土扉の製作中の様子です。
土の乾燥収縮で隙間が出来ないように丁寧に布連打ちをしています。
これを伏せこみながら土を塗り仕上げていきますが、まさに左官職人しか出来ない仕事の数々に感銘を受けました。

また完成後には訪問してみたいと思います。

原材料からいろいろと使用して頂きましたが、材料で聞きたいことがありましたら以下よりお問い合わせ下さいませ。

≪お問い合わせはこちらから・・・

2017/08/28(月曜日)漆喰を10㎜塗らなくてはならない場合にお使い下さい。

土蔵や土塀、城郭など城かべ漆喰を厚く塗らなくてはならない状況は多くあります。
もちろん、木摺り漆喰などもこの状況にあてはまるのではないでしょうか。

そのために使うのが通常は「砂漆喰」です。

城かべ中塗り用web

≫城かべ中塗用(砂しっくい)について詳しくは・・・

ただ、漆喰に砂を入れる砂漆喰でも、実際塗れる厚みには限界があります。
固練りで塗りつけても最大でも5㎜ぐらいが限界ではないでしょうか。

いくら砂を入れてもダレ割れや乾燥収縮による亀裂が発生してしまいます。
水が引くまで十分に押さえれば何とかなるかも知れませんが、手間がかかってしまいます。

例えば木摺り下地・・・・

1回目の塗り付けで10㎜ぐらいは必要です。
また土蔵などの補修でも、大きく欠損した下地への不陸調整にこれも10㎜以上の塗り付けが必要になります。

IMAG0061web

このような状況では、通常の砂漆喰の塗り重ねは大変な作業になります。また、荒壁や中塗り土で行うこともありますが、これもまた乾燥などに時間がかかってしまいます。
こんな厚付けなどのドカット塗りたいときに使えるのが、漆喰ドカットです。

「漆喰ドカット」は、木摺り下地や土塀や土蔵の補修などの厚付けしたいがモルタルは使えない場合や、工期などにより乾燥時間や塗り重ねの手間が取れないときに役立つ砂漆喰です。

kizurishikkui[1]

通常の砂漆喰ではダレてしまう厚塗りにも対応し、一度に10mmの塗り付けを可能にした軽量砂漆喰です。
また、通常の漆喰は、気硬性で厚付けによる乾燥に時間がかかりますが、このドカットは、厚付けによる乾燥スピードも早めてあります。
※当然セメントほど早くは無いですが・・・・城かべ中塗用よりは早く締まってきます。

木摺り下地などのドカ付けが必要な場合、下塗りには非常に便利なアイテムになります。

_DSC4767web _DSC4779web _DSC4794web

≫漆喰ドカットの新しいカタログが完成したのでご覧下さい。

≫漆喰ドカットを詳しく見たい方は・・・

 

軽量で厚付けが出来る漆喰ドカットは、土蔵や土塀の補修はもちろん、様々な場面でお使い頂けます。

また、漆喰は、厚く塗ることでの調湿性能や防火や防音、抗菌性能などにも優れております。
内装へのドカット施工で、結露の無い室内空間を作ることが出来ます。

20170826134637811_0001

2017/08/27(日曜日)(続)年月が経ち、白く色ボケした黒しっくいのリペアをお考えの方へ

前回のブログで白く色ムラになった黒しっくいのリペアには「プロテクターB(ブラック)」が簡単で便利ですよというご紹介をさせていただきましたが、お客様の中には良いのはわかるけどどのぐらい?どの程度の効果なの?と疑問をもっている方もいると思います。そんなお客様のために、当社工場内に試験してある写真を掲載させていただきます。試験は軒の出が無い雨に直接打たれる壁面に黒しっくいを施工し、プロテクターBを塗った部分と、塗っていない部分をつくり、写真は約4年経過したものです。
20170821_104013 (1280x720)
写真の左側2個所の黒いままの部分が「プロテクターB(ブラック)」を塗った部分です。塗った当時と色は変わらず黒いままです。
写真右側とプロテクターBのまわりのグレー色になっている部分が黒しっくいを塗っただけの部分です。もちろん塗った当初は黒しっくいも真っ黒でした。写真のように4年経つとこれだけ雨による二次白華で色が白くなります。ただ試験用に雨が必ず当たる壁面に施工しているので若干の誤差は実際の現場ではあると思います。
しかし、このように並べて比べて見るとプロテクターBの性能の高さがよくおわかりいただけると思います。
黒しっくいが白くなってリペアをお考えの方はぜひ「プロテクターB」をご利用くださいね(^^)
protectorB[1]
>>プロテクターBくわしくはこちら・・・

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ

近畿壁材工業株式会社

お問合せ