9月 | 2017 | 近畿壁材工業株式会社 匠に役立つ塗り壁ブログ 【漆喰】昔ながらの漆喰壁材「城かべ」の販売。

2017年9月の記事一覧

29

2017 09

こだわりの伝統建築を続けている工務店様のお寺の現場へ

いつも当社の漆喰をご使用いただいている工務店様より近々漆喰を塗る予定があり、一度商品や施工方法などについて詳しく話を聞きたいと言うご依頼を受け、代理店様と一緒に訪問しました。そのこだわりの工務店様とは愛媛県今治市の小林建工様です。
>>愛媛県今治市 小林建工様のホームページはこちら・・・
日本建築に惚れ込み、釘金物を使わず、木と木を組み合わせて家を建てる技術を後世に残していかなくてはならないと社長様は言っております。また日本には四季があり、日本の気候風土にあった材料こそが湿度調整にはかかせない木と土壁の家だともおしゃっておられます。
そんな小林建工様のお寺の新築現場にお伺いしました。
20170921_151724 20170921_151738 20170921_151829 20170921_151846 20170921_151949
伝統建築にこだわっているのでもちろん下地は竹木舞に荒壁土を付け、その後中塗り土で大直ししてありました。小林建工様のすごいところは、一般住宅でも必ず木舞荒壁で建てるそうです。その分工期は長くなりますが、良いものを作ろうと思えばそれだけ時間がかかること、また木と土壁の家がどれだけ日本の気候に合っているのかの良さを事前に施主様に伝え施工しているそうです。荒壁土に関しては最近手に入りにくいこともあり、自社の土場にプールをつくり、そこで練ったものを保管しているそうです。本当にすごいこだわりです。
木材の彫刻ももちろん小林建工様が行っております。あまりのすばらしい技術に見とれてしまいました。
このお寺の現場は中塗り土に城かべ中塗用で下塗りをし、その後古代漆喰上塗用で仕上げていただく予定です。完成が今から本当にたのしみです(^^)
>>中塗り土に塗る 城かべ中塗用はこちら・・・
>>上塗り漆喰 古代漆喰上塗用はこちら・・・

2017/09/29 11:30

27

2017 09

たたきを上手く仕上げて土間を引き立たせよう!

お客様の声で「重吉たたきを使用したいけど表面の削れはどうなの?」とのお声があります。
昔からあるたたき材料より工夫して強度アップや施工をしやすくしているのが重吉たたきですが、工法自体は昔ながらの叩き締める工法です。
元々はたたきの上を歩くわけではなくて、飛び石を伏せこんでその廻りをたたきにし、飛び石の上を歩いていたので劣化が少なかったのだと思います。
しかし、店舗や犬走り等へのたたきの問い合わせや採用が増えていますので、施工時にちょっとひと工夫して表面劣化を予防するやり方を紹介します。


①バッサ状態(手で握り水分が出ない程度)に練ります。
※水分が多いと叩き締める際に材料が右へ左へ寄ってしまい上手く叩けません。


②叩き締める前にある程度全体が均一になるように敷き詰めます。その後万遍無く叩き締めます。
※いきなり叩き締めると不陸がうまくとれません。叩き鏝や木材でタコを作りたたくと重みがあってあまり力を入れなくても叩き締まります。逆に軽い物で叩くと凸凹になります。

叩き終わったらさあ完成!といいたいところですが・・バッサ状態の材料を叩き締めているため表面がザラザラしています。このまま硬化しても表面がザラザラ状態ですので上を歩いたりすると削れてしまったりします。そこで・・・

③表面にスポンジで水分をあげながら整えていきます。


④表面に水分を含ませたら、人造鏝等の分厚い鏝でアマを浮かすように全体を整えます。


⑤浮いたアマをスポンジで拭き取れば完成です。

こうする事によって表面が密に結合していますので、削れにくい本物のたたきになります。
折角のこだわりを持って採用頂いた土間たたきがいつまでも長持ちして頂きたいので、施工時のひと手間を加えて施工して頂けると嬉しいです。

«本物のたたき「重吉たたき」はこちら・・・

2017/09/27 11:00

25

2017 09

ウルトラソイルをたたき風に仕上たいけど、どうすればいいの?

発売より様々な現場でお使いいただいています「ウルトラソイル」ですが、やはりベーシックな犬走りや玄関土間、和風店舗の土間材として、本物の三和土(たたき)が出来ない場所への施工が多いようです。
中でもお問合せ頂くのが、「灰茶色」のたたき風の仕上げです。

今回は、このようなニーズにお応えしたたき風仕上げについてご紹介したいと思います。

≫高強度薄塗り土系舗装材「ウルトラソイル」はこちら・・・

20170909092534695_0002

 

ウルトラソイルは、厚み15mmと薄く仕上ることが出来るのが特徴で、施工も土間モルタルの要領で簡単に施工出来ます。
詳しい施工要領書は、こちらの資料をご覧下さい。

≫ウルトラソイル施工参考資料

さて、ウルトラソイルの混練りと打設が完了したら、今回はたたき風と言うことで、少し大きめの砂利を所々に伏せこんで味を出したいと思います。

_DSC8992

 

このように金鏝で表面を押さえます。その後硬くなる前に砂利を入れていきます。今回は、当社のたたき専用の砂利「たたき用千鳥砂利大」を伏せこんでいきます。

_DSC8996

様々な色の砂利が混じった千鳥砂利は、本当にたたきに良く合う砂利です。
適当に撒いても良いですが、今回は丁寧に伏せこんでみます。

_DSC8998

一粒一粒埋めていきますが、厚さ15㎜ですのであまり大きな石は入りません。

_DSC9004

大体こんな感じでしょうか?ウルトラソイルの製品にも3分程度の大きさの砂利が入っています。たたき用千鳥のような8分~1寸程度の砂利を入れてもあまり気にはならないと思います。

 

さて、埋め終わりましたら、次に鏝でノロをかぶせていきます。この作業が無いと、玉砂利周りが不自然に凹んでしまい、取れる場合もあるのでご注意下さい。
あまり材料がしまってからではノロが浮かないので注意して下さい。

_DSC9006

 

砂利を沈めてしまう要領です。

_DSC9014

 

完全に砂利が見えないぐらいでも、後から拭き取るので問題はありません。

_DSC9018

 

こんな感じでOKです。

 

この状態でしばらく乾燥させます。4時間ぐらいで拭き取り可能ですが、夏場と冬場では乾燥時間が違うので注意して下さい。

 

乾燥してきたので拭きとって行きます。

拭き取りも、ウルトラソイルは通常のセメント洗い出しよりもノロがネバイので、いきなりスポンジで拭くよりも、刷毛で一度洗い流すようにすると拭き取りやすくなります。

_DSC9020

 

水をやりながら拭いていきます。

_DSC9027

 

ノロが浮いて取れてきたところで、スポンジ拭きを行います。

この時もあまりスポンジは硬く絞らず、軽く絞って拭いたほうが拭きやすくなります。

_DSC9043

 

水で洗いふき取っていきます。

_DSC9031

 

なかなか一度で綺麗には取れませんが何度かこの要領で取っていきます。

_DSC9039

先ほど伏せた砂利も見えてきました。ウルトラソイルの骨材の中に入っている砂や砂利も見えてきました。

_DSC9049

 

拭き取り完了です。

最後は、乾燥させ白く白華が気になる場合は、酸洗いで綺麗になります。

完成!

_DSC9167

 

ウルトラソイルのたたき風仕上げいかがですか?

≫これは使えるいい材料だ!と思ったら・・・・コチラをご覧下さい。

≫いや、違う!俺が欲しいのは昔ながらの三和土だ!と言う方はコチラをご覧下さい。

 

 

2017/09/25 10:50

24

2017 09

ビニールクロスの上に漆喰が塗れるんです。施工要領作成中

当社の漆喰専用下地材ボードベースを塗れば、ビニールクロスの上に漆喰が塗れます。
ボードベース荷姿写真webサイズ300[1]
現在はビニールクロスを貼ってあるんですが、リフォームして漆喰を塗りたいんです。というお問い合わせいただく機会が非常増えました。ビニールクロスリフォームの施工要領は現状あるのですが、お客様からのお問い合わせが多いので、もっとわかりやすく、もっとご活用していただくために!という事で本日は実際にクロス下地の上に施工をし、工程別の写真撮影をしております。もちろん後日写真を利用して資料をまとめ、新しいビニールクロス下地の施工要領を作成し、お客様に配布させていただきます。
クロスが何の問題もなければそのままボードベースを塗っていただければいいんですが、汚れがついていたり、剥がれがあったり、浮いてきている部分があったりと塗り替え予定の現場でその状況はさまざまに変化します。そのさまざまな状況への施工工程や注意事項などをよりわかりやすく写真付きでご説明し、新しく作成する予定です。
>>>ボードベースの上に塗るしっくい壁はこちら・・・
リフォームしてクロスを漆喰に!とお考えの方はいませんか?下地材ボードベースを利用すれば意外と簡単にできますよ(^^)
20170920_143338 20170920_143438

2017/09/24 11:30

22

2017 09

より土間たたきの風合いを出すためには?レポート作成中

弊社人気商品の現代風土間たたきウルトラソイル。施工方法に関してはカタログにて詳しく写真付きでご紹介させていただいているのと、ご使用いただいた左官さんも増えてきたのでお問い合わせいただく機会が減りました。しかし、仕上げの部分で「どの程度表面に骨材を出すのがいいのかな?」「どうしても洗い出しに慣れているから骨材を出しすぎてしまう」などのお問い合わせをいただくので本日はウルトラソイル仕上げポイントのレポートを作成するため、実際に施工しました。
20170919_161803
仕上げポイントレポートは今までの実技講習会やご使用いただいた左官さんのご意見も取り入れ仕上げをし、本日撮影した写真を用い、すぐにまとめてお客様に配布できるようにいたします。
人気商品だからこそお客様がより使いやすく、より喜んでいただけるようこれからもお客様に役立つ情報発信をいたします。
その他商品でもわからない事がありましたらお気軽にお問い合わせください。
DSC07266 DSC07264 DSC07261
>>ウルトラソイルくわしくはこちら・・・

 

 

2017/09/22 11:30

20

2017 09

漆喰を皆様に安心してご使用頂く為に実験中・・・

漆喰壁は特長である高機能さやデザインの自由度等から問い合わせも増え、ご採用頂く事が増えています。しかし現代建築に漆喰を使用する際に、今までになかった過酷な環境になり不具合がおきてしまった等のお声があるのも事実です。
内装ではほぼ大丈夫ですが、外装になるとやはり家そのもののデザインによってはきちんと保護をしないと短期間でカビや汚れのリスクがあり、弊社も保護材料をいくつも販売させて頂いています。
例1:外壁で軒が短く雨がかりが酷い場合
下地→中塗→上塗り漆喰→城かべ撥水剤
«城かべ撥水剤はこちら・・・

例2:外壁に色漆喰を施工したい場合
下地→中塗→上塗り色漆喰→プロテクターEx
«プロテクターExはこちら・・・

etc.
こういった保護材料はありますが、より良い製品にならないか?もっと手軽に施工出来ないか?もっと作業性がよくならないか?日々研究を続けています。

勿論実験途中に付き、紹介出来るのは限りがありますが・・

撥水でバンバン弾くのと、壁が早く乾燥する仕組みになるのとではどちらがいいのか?


凄く吸水する土には撥水剤は有効なのか?


カビが生えてしまっている漆喰をどう補修すればいいのか?
カビ除去と撥水剤が一つに出来ないか?
※これは結構効果が出てきていますね!

今あるものに満足せず、もっと皆様が安心して漆喰や土壁を使用出来、漆喰や土壁に囲まれた空間が増えるように改良、開発していきたいと思います。

お客様からの声がヒントになる事が多々ありますので、どんな些細な事でも困った事があればご相談下さいませ。

お問い合わせはこちらから・・・

2017/09/20 13:56

18

2017 09

ベッラムーロのノウハウを活用したハイブリット漆喰の研究!

先日発売した「ベッラムーロ」お客様のニーズに合わせた商品と言うこともあり、よい評判を頂いております。感謝!

荷姿圧縮

ただ、営業中お客様との話の中で、「このベッラムーロの特長でもある【撥水性能】を御社も漆喰メーカーなら城かべに活かせないの?」と言うお声を数件頂戴し、早速に研究室と打ち合わせを行いました。

城かべ漆喰の撥水性能を向上させるには今まで2つの方法をご提案してきました。

1つには、「城かべ油」の混入!
≫伝統の漆喰に使われる漆喰用の油はこちら・・・・

「城かべ油」は、城かべ漆喰内に混入する油で、ことわざの【水と油】にあるように城かべ漆喰に油を入れることで良く撥水します。
もちろん、これには城かべ漆喰等伝統の漆喰に使われる技術【押さえる・・・】という技術が付加されてこその効果ではあります。

web-1

2つ目には、「撥水材」を利用します。
当社では、現在撥水材を下記2種類ご用意しております。市場に出回っている撥水材には各社の思いと知恵を混ぜ込んだ様々な物が販売されています。分類の方法は色々あります。

(塗布後の表情) テカリがあるか無いか?漆喰面の表情を変えないか?など
(成分) 水性か?溶剤か?
(効果) 白華は止まるのか?止まらないか?表面で止めるのか?内部で止めるのか?
(付加価値) 防カビ効果や光触媒効果による汚れ防止効果

などなど、撥水材といってもいろんな種類があります。と言うわけで、当社が扱う撥水剤は下記の2商品になります。

①「城かべ撥水材」
城かべ撥水材は、塗布後のテカリも無く、漆喰内部に浸透し漆喰自体を撥水層として強化する撥水材です。防カビ材を付加し、よりカビなどの防止に特化した撥水材になります。

≫城かべ撥水材の効果を実感されたいお客様は・・・・サンプルをお送りします。

城かべ撥水材16kgwebサイズ

②「プロテクターEX」
プロテクターEXは、塗布後のテカリは若干ありますが、抜群の撥水効果を出します。また、最大の特長として色漆喰などにある「2次白華」を防ぐ効果に対しては、あらゆる撥水材の中でもNO,1!です。

≫2次白華を防ぐプロテクターEXの効果を試したい方は、このリンクの商品問合せよりサンプル請求して下さい。
プロテクターEX18kgWebサイズ

ただ今日のブログは、撥水材の話ではありません。

漆喰自体のをベッラムーロみたいな撥水性の高い物に変えられないか?という話です。

答えは「無理!」です。

まず、ベッラムーロのような撥水効果を漆喰に付加したらこれは漆喰ではなくなってしまいます・・・・
当社が作る伝統の漆喰には、そもそも撥水材は入っていません。当然!撥水材を入れたら伝統じゃなくなってしまいます。
伝統の漆喰は、城かべ油を入れてしっかりフラットに押さえれば驚くほど水は弾きます。

城かべ油16.5kgwebサイズ

 

これで解決!・・・・では無いんです。

現代の漆喰は、押さえないフラットな仕上げではないんです。
外壁にも、モルタル上にパターン仕上げを行って洋風なおしゃれなイメージに漆喰を利用します。
※フラットな押さえ仕上げがおしゃれじゃないと言っているわけではありません!フラットな押さえも和風モダンでおしゃれですよぉ~

DSC07613[1] (854x1280)

このような状況を考えると、「城かべ油」だけではちょっとカビや汚れが心配になります。もちろん、押さえることで強度も出るので、塗りっぱなしのパターンでは不安ですね。

このような場合を考えて、城かべ漆喰を改良し伝統じゃないけど漆喰の良さを残したハイブリット漆喰を作ることにしました。
漆喰の良さは皆さんご存知だと思いますが、樹脂系の塗り壁材と漆喰の違いは性能やデザインだけでは無いんです。とにかく一番のメリットは、「塗り継ぎの容易さ」と「作業性」です。
樹脂系の塗り壁材を大壁で使う場合やはり一番問題になるのが「塗り継ぎ」です。樹脂系は樹脂が表面から乾くので塗り継ぎが大変ですが、漆喰は特にパターン仕上げは塗り継ぎが楽なんです。

この特長を活かし、外壁用のハイブリット漆喰「リライム」が誕生しました。

リライム荷姿

どうせハイブリット漆喰なら、このリライムの性能をもっともっと向上させよう!と言うことで、現在このリライムにベッラムーロの撥水効果を付加できないか研究を進めております。
ただ、性能面では、絶対に漆喰ではベッラムーロを超えられないのでご理解下さい。

リライムハイブリットは、まもなく発売します。ご期待下さい。

≫リライムという新しい漆喰に興味がある方は、こちらをご覧下さい。

 

2017/09/18 11:02

17

2017 09

版築の施工中現場へ

当社の淡路配合真砂土天然にがりをご使用いただいている版築施工現場へお伺いしました。版築とは、コンクリートのような型枠に土を突き固めた工法で、主として土塀に多く利用されます。一定の間隔で積み上げ所定の高さまで突き上げていき、土と石灰と天然にがりを利用した土間たたき同様、セメントの無い時代より続く伝統工法です。コンクリートや、セメントブロックが主流となり、版築工法はほとんど見ることが出来なくなりましたが、土の持つ自然な風合いと、地層のように積み上げられた模様が独特で、店舗や住宅の外壁などにも近年は使われるようになってきました。
DSC04479 (1280x851) DSC04476 (1280x851)
よく世間に知られているのは奈良県法隆寺の版築土塀が有名です。しかし、この度の現場は非常にめずらしい小学校の改修工事で採用されました。私も長年この業界にいますが、小学校での版築はさすがにはじめてです。施工される職人様ももちろんはじめてと言うことで施工前からご相談をいただき、試行錯誤しながら入念に試験施工などを経て本日の施工に至っております。
20170908_100133 20170908_093138 20170908_091324 20170908_094100
お伺いした日は施工最終日でしたので、お1人で施工していました。ただ最終日に至るまでにはもちろん複数の職人様が現場に入られていて、職人様方で「もっとこうすればいいな」「こうすればスムーズにきれいになる」などと実際施工してはじめて分かることも多かったそうです。あと職人様方や現場監督様のお言葉で印象深く残ったのが「試作を何度もつくり版築の仕上りを見たけど本物の土を使った版築は重厚感、土の素材感がすごく、これは鏝塗りの材料では出せないでしょうね」とも言っていました。伝統工法なので作業手間はかかりますが、その分得られるものもやはりあると言う事なのでしょうね。職人様方本当にお疲れさまでした。型枠をはずした迫力がある版築の完成写真楽しみにお待ちしております。

2017/09/17 11:30

15

2017 09

そば屋などの店舗や古民家に塗れる土壁をお探しの方へ:塗見本作成中

そば屋さんなどの店舗や古民家改修の内装仕上げとして最近人気が高い「本土壁やすらぎ」。お問い合わせが多くカタログと一緒に送付させていただいている塗り見本が少なくなってきたので本日は作成しております。
20170907_131053
下地は石膏ボードで、その上に下地材「ボードベースライト」を塗ります。ボードベースライトは少し表面を荒らすように塗り、「本土壁やすらぎ」のくい付きを良くする工夫をして乾燥させます。これで下地処理は完了です。
20170907_131109 20170907_131115
乾燥した「ボードベースライト」の上にやすらぎを塗ります。昔から土は撫でものと職人さんの間では言われ、あまり押さえたり、さわりすぎと土壁の表情が出なくなってしまします。塗り付け後、鏝波を消したら1度押さえて作業は終了です。
>>本土壁やすらぎ施工要領はこちら・・・
当社では塗り見本は営業マンが作成しております。もちろんプロの左官さんのようにはうまくいかないですが、丹精込めて作成しております(^^)
店舗や古民家にピッタリの土壁をお探しの方はお問い合わせください。
20170911105824578_0001

2017/09/15 11:30

13

2017 09

木の家は素敵ですが、木と土壁の家はもっとオススメです。

「我が家にも土壁が塗れるんですね」
現場立ち合いしたお客様に言われた言葉で、土壁は昔ながらの伝統建築だけに使用出来るイメージだったみたいです。

実家の家は土壁だったなぁ・・や街並みに土を塗っている蔵があったりと皆さんどこかで土壁には触れててイメージ出来るんじゃないでしょうか?
しかし施工はすごく手間がかかるので我が家を建築時に選択肢に入らない事も多いかと思います。


確かに写真のような木舞下地で最初から最後まで土壁で仕上げるとなると、工期や価格的に断念してしまう方も多いかもしれませんが、実は下地処理をきちんとすれば石膏ボード等の現代的な下地の上に施工する事も出来ます。

具体的な施工方法については以下の過去ブログ画像よりどうぞ・・
石膏ボードに塗れる土壁をお探しの方・・・
本土壁やすらぎを石膏ボードに塗る際の下地は・・・

弊社では土壁仕上げ材として「本土壁やすらぎ」をおすすめしていますが、中にはもっと粗々しくしたいや少しぐらいのヒビ割れが見えてほしいといったお声もあります。
そういう場合は中塗土仕上げはいかがでしょうか?壁の中塗に使う土をそのまま仕上げにしてしまいます。
中塗り仕舞いなどとも呼ばれ最近増えている施工ですね。
表面に出る土壁は乾燥後に手で擦っても傷つきにくい等の強度が必要なので、使用する土の吟味が必要ですが淡路土は壁材の強度も充分にあり自身を持っておすすめ出来ます。

通常は素材の販売ですので、土、わらすさ、砂を適度に配合して使用していただきますが、全てミックスされ水で練るだけの既調合中塗土が「中土(なかつ)」です。
«中土(なかつ)のカタログ、商品説明書はこちらから・・


本土壁やすらぎの表情です。


中土(なかつ)の表情です。
少し凸凹がり微細なクラックも見えます。


塗り厚を比べると中土(なかつ)の方がかなり厚いのが分かります。
中塗土として塗る場合は標準塗り厚10㎜ですが、石膏ボードに中塗り仕舞いとして上塗りにする場合は、ボードの負担を減らす為に下地ボードベースLightに中土(なかつ)の塗り厚5㎜ぐらいが最適だと思います。

実際に手元で見比べて比較検討してみたい方は下記よりお問い合わせ下さいませ。
«お問い合わせはこちらから・・

2017/09/13 11:46

このページの上に戻る