MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

2021/08/21(土曜日)外壁・外部の土壁を塗る方法~街並み保存現場~|土壁販売

 


外部に土壁を塗る方法を教えてくれる?


 

お問い合わせの多い外部の土壁仕上げ!
町並み保存地区などでは、よく外部の土壁仕上げが見られます。

しかし、土壁は漆喰やセメント系の材料と違い、水に弱く、すぐ流れ出してしまい、ボロボロになってしまう事が弱点です。

ある文化財の修復現場にお邪魔しました。

 

重厚な造りの建物ですが、風雨にさらされるうだつ部分は剥がれてきています。放っておけばこのままどんどん流されるでしょう。
聞けば2~3年前に一度修復を行っているそうです。

 

雨がかりがひどい箇所は完全に流れ出しています。

元請様や施工業者様に、こうなってしまう理由と対策を打ち合わせで提案させて頂き、補修のスタートです。

①最初に弱っている部分を全て取り除き、しっかりしている土壁だけ残します。

②しっかりしている土壁が残っているといえ、風化しているため、浸透性の土壁強化剤「土強」を塗布し強度を上げます。

dokyou[1]

③凸凹部分は新しい中塗土を塗り付け、不陸が無くなるように調整します。

④上塗り土壁「塗ってくれい」を塗り付けます。
塗ってくれいは、従来の土壁と比べ吸水率が低く、下地への付着力も高く、耐久性がある外部に使える土壁です。

_DSC0045

 

⑤土壁用の撥水剤「土守」を塗布し完成です。
塗ってくれいだけでは、水の侵入を防ぎきれないため撥水剤で保護します。

施工手順通りに施工して頂き、見違えるようになってきました。完成が楽しみです。

外壁土壁に関する関連ブログはこちら・・・

 

外壁土壁のご提案!

土壁の空間デザイン意匠について

土壁のメンテナンスについて

雨に強い土壁には?撥水剤について

土壁関連の材料はお任せ下さい

外壁に使う土壁のカラーについて

 


 

製品に関するお問合せは下記よりお願いします。

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ