MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

2021/09/10(金曜日)外部・外壁土壁の補修とメンテナンス|土壁販売


 台風が来て、雨で凸凹になった外壁の土壁。補修できるの?


 

大丈夫です。意外と簡単に補修できます!

 

近年は台風や大雨による自然災害が多いですねぇ⤵気候変動により、毎年のように台風到来や大雨、局地的豪雨が全国各地で発生しています。

雨、つまり水は塗り壁材、特に土壁には大きな影響を与えます。

納屋や蔵、塀などの外装の壁で、土壁がむきだし状態で放置されていた場合は、雨で流れ凸凹になってしまいます。

_DSC8848 CIMG2560

凸凹だからメンテナンスは大変そうに見えますが、意外と簡単に補修することができます。

補修方法はこちらのマニュアルをご覧ください。

 

このマニュアルをご紹介させていただくのは、外部土壁の補修を考え、開発した製品なので、施工もスムーズに行えますし、古く弱い土壁にもやさしいため、補修工事の失敗が少なくなるからです。

もし、外壁の土壁がまだ凸凹になっておらず、わりと平滑な場合は、土壁用撥水剤で表面を保護すれば、雨から土壁を守ってくれます。

 

外部の土壁はなにも対策せず、そのまま放置していると、雨でどんどん流れ、剥がれ落ちて凸凹が大きくなればなるほど、補修が難しくなっていくので、早目に補修するか、雨対策することをおすすめいたします。

 

外壁土壁に関する関連ブログはこちら・・・

 

外壁土壁のご提案!

外壁に使う土壁のカラーについて

土壁の空間デザイン意匠について

雨に強い土壁には?撥水剤について

土壁関連の材料はお任せ下さい

外壁土壁の施工方法はこちら・・・

 

 


 

製品に関するお問合せは下記よりお願いします。

 

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ