MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

2020/01/01(水曜日)漆喰用の撥水剤もついにここまで進化したか!

外壁の漆喰を保護して長持ちさせよう


もともと日本は高温多湿、それに加え住宅事情も軒が短くなり壁面に直接雨が当たるようになってきました。近年のゲリラ豪雨や台風もあってやはり漆喰を守る必要があります。

そこで登場したのが、『島かべ撥水剤』。
防カビ効果も追加してますます高性能の撥水剤となりました。

≫島かべ撥水剤の詳しい商品情報は・・・

性能的には、島かべ撥水剤がNO,1ですが、島かべしっくいが完全乾燥した後にローラー、刷毛で塗るタイプで工期が無いなどの理由で使えない場合もあります。

そこで、研究室は考えました・・・!
そして誕生したのが、撥水効果が高い漆喰『リライム』です。
_DSC2579_DSC0726

リライムは、漆喰に特殊撥水剤を配合した漆喰で、外壁専用に使われております。
_DSC0432
≫外壁専用リライム漆喰はコチラ・・・

このリライムのノウハウを活かし、島かべ漆喰にも使える特殊撥水剤の開発に着手。
混入型の撥水剤の開発を開始しました。
混入型は島かべ撥水剤のように塗布型(トップコート)より効果は弱くなりますが、漆喰自体の性能を向上させる効果があります。

そして、誕生したのが・・・

混入型撥水剤!『ミクサップ(MIX-UP)』
≫ミクサップの詳しい商品情報は・・・

 

電話でのお問合せ ☎0799-85-1147 スマートフォンをご利用の場合、こちらをタップすることで電話をかけることができます

 

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ