MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

2020/02/03(月曜日)カビと汚れに強い塗り壁 使い方|住宅の基礎もこれでオシャレ

お客様の発想で基礎巾木もおしゃれに!


住宅の基礎巾木は、通常コンクリートのままか、モルタル刷毛引きが多いと思いますが、今回お客様よりアイデアを頂いたのが、超撥水漆喰調外壁材「キープウォール」を基礎巾木に塗ってみたら?というご意見です。
確かに、基礎巾木に求められるのは、もちろん化粧材としての「意匠性」、汚れ等が付きにくい「防汚性」、水を吸い込まない「撥水性」などが求められます。
このような特長が必要となれば「キープウォール」には、実はその特長がすべてあると言う事です。
塗り壁メーカーはこのアイデアにはまったく気付きませんでしたが、日々現場で作業する職人さんはこのようなことに気付くのはやはり素晴らしいと思いました。


≫ニュータイプの仕上材、超撥水のキープウォールはコチラからご覧頂けます。

というわけで、実際「キープウォール」を基礎巾木に塗っていただきました。感謝!

IMG_8335
まずはセットになっているローラー塗り下地材を基礎に塗ります。
通常のシーラーとは違い、格段に下地と仕上材の付着力を向上させます。

ローラー塗り下地材が乾燥したら仕上げ材練り、上塗りします。
「キープウォール」はパターン仕上げなどが簡単にでき、洋風なおしゃれな仕上げが可能です。

IMG_8337 IMG_8338

いかがでしょう!「キープウォール」を基礎巾木に!
「キープウォール」の特長を活かせる可能性が広がりました。

ご興味がありましたらお問合せ下さい!

電話でのお問合せ ☎0799-85-1147 スマートフォンをご利用の場合、こちらをタップすることで電話をかけることができます

 

 

 

 

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ