MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

2020/07/09(木曜日)漆喰を10㎜塗らなくてはならない場合にお使い下さい。

塗り重ねてじゃなく一度に10㎜!


土蔵や土塀、城郭など島かべしっくいを厚く塗らなくてはならない状況は多くあります。
もちろん、木摺り漆喰などもこの状況にあてはまるのではないでしょうか。

そのために使うのが通常は「砂漆喰」です。

≫島かべ砂漆喰(砂しっくい)について詳しくは・・・

ただ、漆喰に砂を入れる砂漆喰でも、実際塗れる厚みには限界があります。
固練りで塗りつけても最大でも5㎜ぐらいが限界ではないでしょうか。

いくら砂を入れてもダレ割れや乾燥収縮による亀裂が発生してしまいます。
水が引くまで十分に押さえれば何とかなるかも知れませんが、手間がかかってしまいます。

例えば木摺り下地・・・・

1回目の塗り付けで10㎜ぐらいは必要です。
また土蔵などの補修でも、大きく欠損した下地への不陸調整にこれも10㎜以上の塗り付けが必要になります。

IMAG0061web

このような状況では、通常の砂漆喰の塗り重ねは大変な作業になります。また、荒壁や中塗り土で行うこともありますが、これもまた乾燥などに時間がかかってしまいます。
こんな厚付けなどのドカット塗りたいときに使えるのが、島かべドカットです。

「島かべドカット」は、木摺り下地や土塀や土蔵の補修などの厚付けしたいがモルタルは使えない場合や、工期などにより乾燥時間や塗り重ねの手間が取れないときに役立つ砂漆喰です。

 

通常の砂漆喰ではダレてしまう厚塗りにも対応し、一度に10mmの塗り付けを可能にした軽量砂漆喰です。
また、通常の漆喰は、気硬性で厚付けによる乾燥に時間がかかりますが、このドカットは、厚付けによる乾燥スピードも早めてあります。
※当然セメントほど早くは無いですが・・・・島かべ中塗用よりは早く締まってきます。

木摺り下地などのドカ付けが必要な場合、下塗りには非常に便利なアイテムになります。

_DSC4767web _DSC4779web _DSC4794web

≫島かべドカットの新しいカタログが完成したのでご覧下さい

≫島かべドカットを詳しく見たい方は・・・

 

軽量で厚付けが出来る島かべドカットは、土蔵や土塀の補修はもちろん、様々な場面でお使い頂けます。

また、漆喰は、厚く塗ることでの調湿性能や防火や防音、抗菌性能などにも優れております。
内装へのドカット施工で、結露の無い室内空間を作ることが出来ます。

電話でのお問合せ ☎0799-85-1147 スマートフォンをご利用の場合、こちらをタップすることで電話をかけることができます

 

 

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ