MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

2020/02/12(水曜日)黒漆喰の施工する時のポイントとは?

黒漆喰の塗り方


乾いても真っ黒でしかもテカリが無いマットな黒色仕上がる人気黒漆喰「島かべ瑞黒」。人気の秘密は黒さだけではなく、従来の黒漆喰塗りのように多くの工程がいらず、追っかけ塗りでなくても施工ができるからだとお客様よりお聞きします。
瑞黒は従来の墨入り黒漆喰とは違い、薄塗りのノロ掛けで施工する黒漆喰の為、下地が平滑である必要があり、通常の白の漆喰を仕上げた上に施工することで作業がスムーズになります。
そんな瑞黒ですが、乾きがはやくて塗りつけ後、鏝波を消そうとしたらもう乾いてて鏝を通せないというお問い合わせをいただきました。そのような場合は瑞黒が硬いままお使いいただいている可能性がございます。硬いまま施工すると、自然と塗り厚は厚くなり乾燥がはやくなります。ご使用前に瑞黒を袋のままよく揉んで柔らかくし、その後混ぜてください。それでもまだ硬く薄く塗れない場合は、水を少量加水し、薄く塗れる硬さに調整してみてください。鏝はやわらかい鏝を使用し、鏝押さえは1度だけ!その後は鏝波を消したら作業は終了してくださいね。

≫黒漆喰の施工方法はこちらから・・・

 

漆喰にご興味がありましたらお問合せ下さい!

電話でのお問合せ ☎0799-85-1147 スマートフォンをご利用の場合、こちらをタップすることで電話をかけることができます

 

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ

近畿壁材工業株式会社

お問合せ