MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

2017/06/09(金曜日)漆喰の簡単なメンテナンス方法とは?

漆喰にはカラーもありますが、実績としては圧倒的に白色が多く施工されています。白色の為、汚れが付着した場合色付きのその他壁材よりどうしても漆喰は目立ちやすくなります。状況により汚れの完全除去は難しいこともありますが、試していただく価値有りの簡単メンテナンス方法をご紹介いたします。
○内装の汚れ
表面についた手アカなどは消しゴムで除去できる場合があります。マジックなどの汚れは、目の細かいサンドペーパーでやさしく削り落してください。
その他表面から付着した汚れは水拭きか台所用の中性洗剤である程度取り除くことができます。水拭き、中性洗剤でも効果が見られない場合は、塩素系の漂白剤(中性またはアルカリ性のもの)をお試しください。漂白剤を使用した除去作業は繰り返し行うことで、効果があらわれる場合があります。
○外部の汚れ
内部と同様に中性洗剤で清掃し除去できない場合は漂白剤をお試しください。それでも取れない場合はサンドペーパーで削り落してください。しかし、削った個所は壁を傷めており、そこからすぐ汚れが付着してしまいます。施工後に「城かべ撥水剤」を塗り保護してください。

簡単メンテナンス方法は以上ですが、長く美しいまま漆喰壁がそこにあればメンテナンスも当分は必要なくなるので、漆喰壁を施工した当初に撥水剤を塗布し保護することもご検討ください。
汚れが落ちない場合はローラーで簡単にリペアーできる「漆喰ガード」や、塗り替え用下地材「ボードベース」「漆喰ベース」もあるので塗り替えもご検討くださいね。
shirokabe_guard[1]
>>漆喰壁を守る!撥水剤はこちら・・・
>>簡単リペアー材はこちら・・・ 

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ

近畿壁材工業株式会社

お問合せ