MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

2020/02/14(金曜日)住宅内装の漆喰仕上げももはや定番化!

住宅内装に漆喰を塗る


_DSC6627
ブログでも再三ご紹介している内装への漆喰工法も、下地材「ボードベース」のお陰で標準仕様になってきました。
冬場の水引や、状況によっての厚付けなどのニーズはありますが、石膏平ボード(PB)下地でも、もう何も心配する必要が無くなってきました。
特に冬場の水引きに関しては「ボードベース」の姉妹品、「ボードベースライト」の発売で、すべての状況をカバーできるようになって来ました。

≫住宅内装の漆喰施工方法はこちらから・・・

1材型にし、使いやすく改良した「ボードベースライト」!
水引き性能は当然「ボードベース」の方がいいですが、現場の状況で、お好みで使い分けてください。

 

今回お邪魔した現場は、一瞬みれば真壁のフラットな漆喰に見えますが、実はうっすらパターンになっている非常に上品で素晴らしい仕上げです。飽きのこない、デザイン性が高い漆喰壁としても人気があるそうです。いいですよね!

_DSC6625 _DSC6624 _DSC6621

テカリも無くマットな仕上がりです。冬場はテカリやすいのですが、やっぱり技術ですね!

お邪魔したときは、漆喰仕事も一段落で、玄関タイルを張っていたので見学させていただきました。
_DSC6620 _DSC6629
_DSC6631

勉強になりました。有難うございます、感謝!

漆喰にご興味がありましたらお問合せ下さい!

電話でのお問合せ ☎0799-85-1147 スマートフォンをご利用の場合、こちらをタップすることで電話をかけることができます

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ

近畿壁材工業株式会社

お問合せ