MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

2017年10月の記事一覧

2017/10/30(月曜日)【土漆喰・淡路なんば】は、カタログには載っていませんが裏メニューで人気!

名称未設定-2

 

「土漆喰淡路なんば」をご存知ですか?
淡路なんばは、城かべ漆喰などの漆喰壁に、淡路土などの各地の「色土」を色粉(顔料)として混ぜ、色漆喰にした材料です。
漆喰が100%自然素材で安全で安心なことは皆様はご存知だと思いますが、その漆喰に土を入れることで土壁のような軟らかい表情と、漆喰の強度をかねそろえたハイブリット漆喰です。

名称未設定 1名称未設定 2

現在、総合カタログには載っていない「淡路なんば」ですが、現在も受注生産で製造しております。
色漆喰として色は8色ご用意しております。

さて、この度この淡路なんばを室内全面に使う現場があるとのことで見学にお邪魔させていただきました。

_DSC1362

淡路なんばは、樹脂、ボンドを使わない100%自然素材ですが、もちろん石膏ボードに塗ることは可能です。
しかし、残念ながら漆喰は直接は石膏ボードに塗ることができない為、下地材が必要になります。

当社でお勧めの下地材は「ボードベース」ですが、「色漆喰」でもある淡路なんばは、下地に少し水が引いたほうが色がそろいやすい特性があるので、この土漆喰淡路なんばには「ボードベースLight」をご提案します。

≫淡路なんばにはボードベースLightがGOOD!ボードベースライトはこちら・・・

 

_DSC1373

 

混練は、水道水で混ぜるだけです。水道水2.7L程度に淡路なんばを入れハンドミキサーで練ります。
コツは、固練りで薄塗りが色ムラも少なく比較的美しく仕上がります。

_DSC1343 _DSC1353

今回塗って頂いているのは102番「クリーム」ですが、練るとこんなに色が濃くなります。
発売当初は、現場から練り色があまりにも濃いので色が濃いと電話がかかってきたほどです。
でもご安心下さい、乾燥すれば薄いクリーム色になります。

塗り付けた直前はこんな感じです。

_DSC1346

今日は、天井面施工中ですが、非常に塗りやすく問題ないと左官屋さんからも聞いて一安心です。

_DSC1367

 

淡路なんばは、塗り付けてムラを取り、軽く押さえて波を消します。通常の漆喰のようにあまり強く押さえると逆にムラになるのでご注意下さい。

_DSC1353 _DSC1375 _DSC1373

今回は、意識的に少し固練りで練って頂いております。
また、練ってすぐよりもしばらく練り置きすることでより塗りやすくなります。

_DSC1340

白く見えているのは下地材「ボードベースライト」です。ボードベースライトは速乾であく止め効果もあるので塗り替えにも利用できます。

_DSC1349 _DSC1347

土漆喰淡路なんばは、漆喰でありながら土壁の温かみがあり、日本家屋から洋風建築まで様々な現場に使える漆喰壁です。

_DSC1382

———————————————————

土漆喰「淡路漆喰(あわじっくい)まもなく発売!

下記リンクより土屋重吉ONLINESHOPをチェック!

~土壁・土間たたき製品をお探しではございませんか?~
土屋重吉ONLINESHOP 開店中!

淡路土製品の情報配信中!
日曜左官 ~土屋重吉で本格左官仕事を楽しむブログ

 

2017/10/29(日曜日)古民家改修に本土壁「やすらぎ」ご採用いただきました

お客様よりご依頼を受け、販売店様、左官様とご一緒に古民家改修現場へ視察も兼ねて、施工打ち合わせに行ってきました。
施工工程を現場状況を見ながら打ち合わせをし、確定した後に施主様にもご報告させていただきました。
非常に気さくで明るく、またあたたかい施主様でお茶までいただき、楽しく4人でお話させていただきました。
施主様によると築100年以上の非常に歴史ある民家で、その当時の職人様達も手間暇をかけ建ててくれたそうです。全貌をお見せできないのは残念ですが、使用している木材なども木目が綺麗に揃っている松のみを使用し、今現在購入すればたぶんすごい価格になるのでは…と思うようなものばかり。手間暇をかけて良いものを作ろうとした昔の職人様達の気持ちが見ればすぐにわかります。だから100年以上経った今もしっかり残っていたのでしょう(^^)
施主様はできる限り当時のままの材料で改修をやりたいという想いがあり、土壁も残して欲しいというお考えから仕上げには本土壁「やすらぎ」をご採用いただきました。色は一番当時の土壁と近い№4です。
下地となる中塗土部分も欠落している個所が何か所かあり、中塗土部分の補修には土壁強化剤「土強」噴霧してかため、その後配合中塗り土「中土(なかつ)」で補修していただくことになりました。
20170112_140048 20170112_140052
この度は歴史ある古民家の改修でのご採用となりましたが、新築やリフォームなどでに多い石膏ボード下地にも本土壁「やすらぎ」は塗ることが可能です。
土壁ってどんな感じに仕上がるの?と興味がある方はの塗り見本もご用意しております。お問い合わせください。
yasurag_1[1] yasurag_2[1] yasurag_4[1]
>>石膏ボードにも塗れる本土壁やすらぎはこちら・・・

~土壁・土間たたき製品をお探しではございませんか?~
土屋重吉ONLINESHOP 開店中!

淡路土製品の情報配信中!
日曜左官 ~土屋重吉で本格左官仕事を楽しむブログ

 

 

 

2017/10/27(金曜日)年月とともに風情深まる本物の土間たたきはいかがでしょうか?

その昔は住宅土間だけではなく、住宅基礎、井戸枠、用水路などにも使用されてきた昔ながらの伝統工法「土間三和土(どまたたき)」。相撲の土俵や版築土塀などもこの工法が応用されています。三和土(たたき)には土と石灰とにがりが使われます。『三和』と書くには諸説ありますが、これら3つの素材を合わせ、たたいて完成させることから三和土(たたき)と呼ぶようになったようです。
tataki (352x182)
土間三和土の特長は、住宅内部において台所などの土間によく利用されていましたが、梅雨時期などの湿気を土が吸収し、逆に乾燥期には適度な湿気を放出し、透水性があり夏は涼しく、冬は温度低下を防ぐ作用もあります。もうひとつ本物の土を使用した土間三和土にしかない特長は年月が経つにつれ表情が豊かになることです。長年使用することにより苔などが表れ、実に風流で味わい深くなります。このような特長から茶人などにも親しまれ、セメントを使った土間材料とは違い、土・石灰・天然にがりを使い叩き締めることでしか出せない土の風合いにより本格的な茶室や古民家への使用実績があります。
ただ、伝統工法なので施工方法は独特で難しく、「したくてもできないんでしょ?」というお問い合わせもよくいただきます。それができるんです! 「重吉たたき1㎡セット」は伝統の土間三和土を忠実に再現した商品で原料は土と石灰とにがりを使用しており、なおかつ簡単に施工できるようセット品になっております。現物もサンプルもご用意しております。ご希望の方はお問い合わせください。
tataki_002[1] tataki_003[1] tataki_004[1]
>>昔ながらの土間たたき 重吉たたき1㎡セットくわしくはこちら・・・

 

~土壁・土間たたき製品をお探しではございませんか?~
土屋重吉ONLINESHOP 開店中!

淡路土製品の情報配信中!
日曜左官 ~土屋重吉で本格左官仕事を楽しむブログ

 

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ

近畿壁材工業株式会社

お問合せ