MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

2017年9月の記事一覧

2017/09/29(金曜日)こだわりの伝統建築を続けている工務店様のお寺の現場へ

いつも当社の漆喰をご使用いただいている工務店様より近々漆喰を塗る予定があり、一度商品や施工方法などについて詳しく話を聞きたいと言うご依頼を受け、代理店様と一緒に訪問しました。そのこだわりの工務店様とは愛媛県今治市の小林建工様です。
>>愛媛県今治市 小林建工様のホームページはこちら・・・
日本建築に惚れ込み、釘金物を使わず、木と木を組み合わせて家を建てる技術を後世に残していかなくてはならないと社長様は言っております。また日本には四季があり、日本の気候風土にあった材料こそが湿度調整にはかかせない木と土壁の家だともおしゃっておられます。
そんな小林建工様のお寺の新築現場にお伺いしました。
20170921_151724 20170921_151738 20170921_151829 20170921_151846 20170921_151949
伝統建築にこだわっているのでもちろん下地は竹木舞に荒壁土を付け、その後中塗り土で大直ししてありました。小林建工様のすごいところは、一般住宅でも必ず木舞荒壁で建てるそうです。その分工期は長くなりますが、良いものを作ろうと思えばそれだけ時間がかかること、また木と土壁の家がどれだけ日本の気候に合っているのかの良さを事前に施主様に伝え施工しているそうです。荒壁土に関しては最近手に入りにくいこともあり、自社の土場にプールをつくり、そこで練ったものを保管しているそうです。本当にすごいこだわりです。
木材の彫刻ももちろん小林建工様が行っております。あまりのすばらしい技術に見とれてしまいました。
このお寺の現場は中塗り土に城かべ中塗用で下塗りをし、その後古代漆喰上塗用で仕上げていただく予定です。完成が今から本当にたのしみです(^^)
>>中塗り土に塗る 城かべ中塗用はこちら・・・
>>上塗り漆喰 古代漆喰上塗用はこちら・・・

2017/09/27(水曜日)たたきを上手く仕上げて土間を引き立たせよう!

お客様の声で「重吉たたきを使用したいけど表面の削れはどうなの?」とのお声があります。
昔からあるたたき材料より工夫して強度アップや施工をしやすくしているのが重吉たたきですが、工法自体は昔ながらの叩き締める工法です。
元々はたたきの上を歩くわけではなくて、飛び石を伏せこんでその廻りをたたきにし、飛び石の上を歩いていたので劣化が少なかったのだと思います。
しかし、店舗や犬走り等へのたたきの問い合わせや採用が増えていますので、施工時にちょっとひと工夫して表面劣化を予防するやり方を紹介します。


①バッサ状態(手で握り水分が出ない程度)に練ります。
※水分が多いと叩き締める際に材料が右へ左へ寄ってしまい上手く叩けません。


②叩き締める前にある程度全体が均一になるように敷き詰めます。その後万遍無く叩き締めます。
※いきなり叩き締めると不陸がうまくとれません。叩き鏝や木材でタコを作りたたくと重みがあってあまり力を入れなくても叩き締まります。逆に軽い物で叩くと凸凹になります。

叩き終わったらさあ完成!といいたいところですが・・バッサ状態の材料を叩き締めているため表面がザラザラしています。このまま硬化しても表面がザラザラ状態ですので上を歩いたりすると削れてしまったりします。そこで・・・

③表面にスポンジで水分をあげながら整えていきます。


④表面に水分を含ませたら、人造鏝等の分厚い鏝でアマを浮かすように全体を整えます。


⑤浮いたアマをスポンジで拭き取れば完成です。

こうする事によって表面が密に結合していますので、削れにくい本物のたたきになります。
折角のこだわりを持って採用頂いた土間たたきがいつまでも長持ちして頂きたいので、施工時のひと手間を加えて施工して頂けると嬉しいです。

«本物のたたき「重吉たたき」はこちら・・・

2017/09/25(月曜日)ウルトラソイルをたたき風に仕上たいけど、どうすればいいの?

発売より様々な現場でお使いいただいています「ウルトラソイル」ですが、やはりベーシックな犬走りや玄関土間、和風店舗の土間材として、本物の三和土(たたき)が出来ない場所への施工が多いようです。
中でもお問合せ頂くのが、「灰茶色」のたたき風の仕上げです。

今回は、このようなニーズにお応えしたたき風仕上げについてご紹介したいと思います。

≫高強度薄塗り土系舗装材「ウルトラソイル」はこちら・・・

20170909092534695_0002

 

ウルトラソイルは、厚み15mmと薄く仕上ることが出来るのが特徴で、施工も土間モルタルの要領で簡単に施工出来ます。
詳しい施工要領書は、こちらの資料をご覧下さい。

≫ウルトラソイル施工参考資料

さて、ウルトラソイルの混練りと打設が完了したら、今回はたたき風と言うことで、少し大きめの砂利を所々に伏せこんで味を出したいと思います。

_DSC8992

 

このように金鏝で表面を押さえます。その後硬くなる前に砂利を入れていきます。今回は、当社のたたき専用の砂利「たたき用千鳥砂利大」を伏せこんでいきます。

_DSC8996

様々な色の砂利が混じった千鳥砂利は、本当にたたきに良く合う砂利です。
適当に撒いても良いですが、今回は丁寧に伏せこんでみます。

_DSC8998

一粒一粒埋めていきますが、厚さ15㎜ですのであまり大きな石は入りません。

_DSC9004

大体こんな感じでしょうか?ウルトラソイルの製品にも3分程度の大きさの砂利が入っています。たたき用千鳥のような8分~1寸程度の砂利を入れてもあまり気にはならないと思います。

 

さて、埋め終わりましたら、次に鏝でノロをかぶせていきます。この作業が無いと、玉砂利周りが不自然に凹んでしまい、取れる場合もあるのでご注意下さい。
あまり材料がしまってからではノロが浮かないので注意して下さい。

_DSC9006

 

砂利を沈めてしまう要領です。

_DSC9014

 

完全に砂利が見えないぐらいでも、後から拭き取るので問題はありません。

_DSC9018

 

こんな感じでOKです。

 

この状態でしばらく乾燥させます。4時間ぐらいで拭き取り可能ですが、夏場と冬場では乾燥時間が違うので注意して下さい。

 

乾燥してきたので拭きとって行きます。

拭き取りも、ウルトラソイルは通常のセメント洗い出しよりもノロがネバイので、いきなりスポンジで拭くよりも、刷毛で一度洗い流すようにすると拭き取りやすくなります。

_DSC9020

 

水をやりながら拭いていきます。

_DSC9027

 

ノロが浮いて取れてきたところで、スポンジ拭きを行います。

この時もあまりスポンジは硬く絞らず、軽く絞って拭いたほうが拭きやすくなります。

_DSC9043

 

水で洗いふき取っていきます。

_DSC9031

 

なかなか一度で綺麗には取れませんが何度かこの要領で取っていきます。

_DSC9039

先ほど伏せた砂利も見えてきました。ウルトラソイルの骨材の中に入っている砂や砂利も見えてきました。

_DSC9049

 

拭き取り完了です。

最後は、乾燥させ白く白華が気になる場合は、酸洗いで綺麗になります。

完成!

_DSC9167

 

ウルトラソイルのたたき風仕上げいかがですか?

≫これは使えるいい材料だ!と思ったら・・・・コチラをご覧下さい。

≫いや、違う!俺が欲しいのは昔ながらの三和土だ!と言う方はコチラをご覧下さい。

 

 

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ

近畿壁材工業株式会社

お問合せ