MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

2017/06/30(金曜日)家族がいつも集まるリビングこそ快適で高級感がある空間にしませんか?

これからリフォームや新築をお考え方は「城かべ漆喰」をご検討してみませんか?
城かべ漆喰を内装にご使用いただくだけで、高級感と快適空間を演出できます。高級感の理由は「城かべ漆喰」は全国各地にある重要文化財のお城やお寺に日本一使用実績がある漆喰だからです。大阪城、正倉院etc・・・そんな漆喰壁をみなさんがお住まいの住宅にご使用いただくことも実は簡単にできます。実際に住宅への使用実績が年々増えております。もうひとつ高級感を演出できる理由は、漆喰壁は立体感を出せるからです。漆喰は鏝という道具を使用し壁に塗りますが、壁紙(クロス)や塗料(ペンキ)などに比べ、塗る厚みが厚いためより立体的になり高級感が出ます。
IMGP0583 (1280x960) IMGP0584 (1280x960)
快適な空間の理由は漆喰は自然素材だからです。江戸時代の頃より現代まで残る歴史ある壁材で、原料は消石灰、海藻、植物繊維で昔から手に入るもので製造されております。だから自然素材ばかりで安心・安全な壁材です。また、漆喰には空気を吸ったり、吐いたりする調湿機能(湿気を一定に保とうとする性質)があり、結露を防ぎ、お鍋や焼き肉などをご自宅でした場合、においが無くなるのもはやくなります。さらに漆喰の主成分である消石灰は鳥インフルエンザや牛の口蹄疫などのニュースで白い粉を土壌に撒いているのをご覧になった方もいると思いますが、あの白い粉が消石灰で、殺菌・消毒効果が高く、住宅にご使用すればカビが発生しにくくなるなど衛生的な空間をつくってくれる効果があります。昔の人たちは調湿や抗菌作用など、この漆喰の性質を知っていたので、季節ごとにしか入れ替えがない、布団をしまう押入れには漆喰を塗っていました。また漆喰は建築基準法で燃えない不燃材料としても認められており、昔から大切な物を収納しておく蔵には漆喰を塗り、燃えず、湿気もとるので収納してある物を傷めず、宝物を守っておりました。
このような機能がある伝統壁材「城かべ漆喰」を日常一番家族が集まるリビングにいかがでしょうか?もっと知りたい!興味がある!かたは弊社まお問い合わせください。
CIMG2905 IMGP0587 (1280x960)

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ

近畿壁材工業株式会社

お問合せ