MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

2020/01/26(日曜日)土壁補修や木摺りに便利 ドカッと!厚く塗れる漆喰 

しっくいを厚く塗りたい場面は結構多い


最近見直されてきた下地に木摺り下地があります。従来は木摺り下地に砂漆喰を何度も塗り重ねていきますが、やはり壁が重くなり負荷がかかったり、厚く塗るため乾燥にかかる工期も長くなってしまいます。
そこでおすすめしているのが・・・「島かべドカッと!」
漆喰の軽量化も図りながら、強度もより強く、乾燥スピードの短縮にもなるように開発されている優れもので、1度に10㎜以上(通常の砂漆喰の約4倍)の厚みをつけても材料がダレません。

木摺りの下地にはもちろん、厚みが必要になる屋根しっくい、なまこ壁の芯部分(棒しっくい)などにもご利用いただいております。

しかし、一番多いご利用方法は土蔵・土塀の補修です。剥がれ落ちて凸凹していて厚く塗らないと、真っすぐにならないからです。
その上、下地の土壁は弱くなっているため、重くて重量負荷がかかる材料をできるだけ避けなければならない工事になるためです。

Unicode

土壁補修のお問い合わせを当社に非常に多くいただくので、この度土壁補修マニュアルを作成しました。
施工時の注意事項はもちろん、各工程別に写真付きでご説明し、お客様にわかりやすくを第一に考えながら作成したのでのぜひご活用くださいませ
≫土壁の補修マニュアルはこちらからご覧いただけます・・・

 

漆喰にご興味がありましたらお問合せ下さい!

電話でのお問合せ ☎0799-85-1147 スマートフォンをご利用の場合、こちらをタップすることで電話をかけることができます

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ