MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

2020/07/27(月曜日)商品名!ぱらり紙すさの由来・・・っていうほどじゃないけど

最近、あまり使うことが無い?紙すさ

≫あまり使うことが無くなった紙すさですが・・・パラリ紙すさ

そもそもぱらり壁って?

文献などを参考にすると、未消化が残っている消石灰に糊と紙すさを入れて撫で切り(塗りっぱなしの鏝波消し)で仕上げる漆喰で、例えば急なお客様に対応してさっと塗り替えるような壁のように書かれていますが・・・そんなことはないと思います。
すごく高級で難しいと思います。漆喰を撫で切りでムラなく鏝波消して塗るなんてそりゃ難しいと思います。

配合はいろいろですが、少し糊がきつく、紙すさも結構多く入っているようです。

写真は、古い建物なので塗ってから年月が経っていますが、表面はざらっとしていい感じ!

拡大するとこんな感じです。

パラリ壁に関しては全国的に普及した感じではなく、京都で部分的に使われていた仕上げのようですね。
各地でこのような漆喰仕上げはあまり見ることがありません。

というわけで、弊社のパラリ紙すさは、伝統工法のパラリ壁から頂いた商品名です。
パラリ壁に紙すさが使われていたといことで・・・

≫パラリ紙すさの購入はこちら・・・

————————————————————————-

≫近畿壁材トップページ

★SNSで情報配信中!

LINE公式
≫近畿壁材工業公式LINE

新フェイスブック
≫「いいね」で誰よりも早く情報GET!・・・

innsuta
≫インスタフォローお願いします。

Twitter
≫【公式】Twitterフォローお願いします。

名称未設定 1
≫役立つ動画を配信中!!「見てね~」

———————————————————————

≫土壁・漆喰壁の販売オンラインショップ

名称未設定 11

assocbutt_or_buy._V371070157_

 

 

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ

近畿壁材工業株式会社

お問合せ