MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

2020/07/22(水曜日)新人営業マンの疑問!中塗り漆喰はどんな時に塗るの?

「中塗り漆喰は、下地の表面を平らにする時に必要なんです」

漆喰を塗るときになぜ中塗り漆喰が必要になる場合があるのかか調べてみました。

漆喰を塗る下地には様々な種類があります。

例えば、漆喰を土壁の上に施工する場合は中塗り漆喰を石膏ボードには漆喰専用下地材(漆喰ベース)など。

施工する場所よって様々な下地が必要になります。

 

中塗り漆喰は、漆喰を塗る下地に凹凸があるときに表面を平らにするために必要なんです

仕上げ用の上塗り漆喰は、塗り厚が薄いため下地に凹凸があると平らになりません。

なので上塗り漆喰の二倍ほど厚塗りがができる中塗り漆喰がいいんです。

 

そこで従来の中塗り漆喰に比べより厚塗りができるよう開発されたのが「しっくいドカッと」です。

>>「しっくいドカッと」について詳しく説明しているブログがこちらから

>>「しっくいドカッと」のご購入はこちらから

 

「ここ間違ってる」や「このほうが良いよ」などアドバイスがございましたら

【fujimori@kinkikabezai.com】このメールアドレスにご意見送って下ると光栄です。

————————————————————————-

≫近畿壁材トップページ

★SNSで情報配信中!

LINE公式
≫近畿壁材工業公式LINE

新フェイスブック
≫「いいね」で誰よりも早く情報GET!・・・

innsuta
≫インスタフォローお願いします。

Twitter
≫【公式】Twitterフォローお願いします。

名称未設定 1
≫役立つ動画を配信中!!「見てね~」

———————————————————————

≫土壁・漆喰壁の販売オンラインショップ

名称未設定 11

assocbutt_or_buy._V371070157_

 

 

 

 

 

 

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ

近畿壁材工業株式会社

お問合せ