MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

2020/03/13(金曜日)乾いても真っ黒に仕上がる壁用黒しっくい

乾いても真っ黒な黒漆喰としてご好評いただいている【城かべ瑞黒】ですが、施工方法が二つあります。
それぞれの施工方法の特徴を詳しく説明するので、状況に合った方法を選らんで頂ければと思います。

まず【城かべ瑞黒】の特徴として通常の漆喰と違うのは、ノロがけ仕様の超薄塗り材である事です。
真っ黒にする為には多量の松煙墨の配合が必要になります。多量の着色剤の混入は、強度低下、クラック率上昇、吸水率上昇、施工性低下等の不具合の原因となる事が多いんです。
それらの弱点を弊社独自の配合で補い、外部にも使用して頂けるようにしていますが、作業性の面では、従来の黒しっくいのように1.5~2㎜程度の厚みを塗れば、乾燥が早すぎて押さえが効かず色ムラが発生したりします。
商品の性能と作業性の確保、それと色ムラの軽減、この視点からノロがけ仕様になっています。

では実際の施工方法の比較ですが・・・
①下地を乾かしてシーラー処理した下地に施工
ここでいう下地は白色の通常漆喰をフラットに押さえた不陸が無い状態です。上に超薄塗りのノロがけをするので下地の小さな不陸でも仕上がりに影響がでます。
特徴:大きな面でも施工できる。比較的少ない人数での仕上げが可能。
注意点:シーラーの水引き性能が重要なので、シーラー塗りの精度が必要(縦横ななめにムラなく丁寧に塗る)
デメリット:ほぼ押さえが出来ない(材料の乾燥スピードが早い為、塗りつけてコテ波を消して完了)

②白色の上塗り用漆喰を塗り付け、水引きを見て追っかけ施工
特徴:下地である白色の上塗り漆喰から水分が上がってくるので、従来の漆喰塗りに近い感覚で施工出来る。又、押さえもしやすく表面を緻密にしやすい。
注意点:下地の漆喰の塗り厚が重要で、水引きが変わると壁の乾燥スピードがあちらこちらで変わってしまい大変。
デメリット:下地から水があがってくるうちは押さえないと白華してしまう(従来の白漆喰は白華しても気づかない事が多いですが、真っ黒の場合、少しでも白華すると一目瞭然で分かってしまいます)

このようにどちらも特徴と注意点がありますが、整理すると大壁で面積が広い場合や人数をかけれない場合は乾燥後シーラー処理で施工、真壁で面積が小さい場合や人数が確保できる場合は追っ掛け施工がよいのではないでしょうか。

≫城かべ瑞黒くわしくはこちらから・・・

————————————————————————-
画像名

≫近畿壁材トップページ

★SNSで情報配信中!

LINE公式
≫近畿壁材工業公式LINE

新フェイスブック
≫「いいね」で誰よりも早く情報GET!・・・

innsuta
≫インスタフォローお願いします。

Twitter
≫【公式】Twitterフォローお願いします。

名称未設定 1
≫役立つ動画を配信中!!「見てね~」

———————————————————————

≫土壁・漆喰壁の販売オンラインショップ

名称未設定 11

assocbutt_or_buy._V371070157_

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ

近畿壁材工業株式会社

お問合せ