MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

2018/11/21(水曜日)荒壁の補修を訪問!

兵庫県養父市大屋町というところに、伝統的建造物群保存地区があります。
近くには日本の滝100選にも選ばれている落差98メートルの天滝があり、自然豊かな地域です。

この地域の建物は外壁が土壁で仕上げられているものが多く、今回はその補修にお邪魔しました。


おそらく元々は地元で採取出来る土を使用し、荒壁から中塗り、仕上げまで土壁で行われていたのでしょうが、今は土屋さんも無くなり、色合わせも困難という事で、弊社にオーダーメイドの依頼があり出来るだけ再現しました。
近畿壁材オーダーメイドのご依頼はこちら・・・


やはり土なので、風雨によって洗われ土が流れてたり、すさが見えてたりしますね。


色合わせした荒壁土を練り置きして頂いています。
実は荒壁土といっても、上塗りになる為、通常の荒壁のようなひび割れがおこるとそこから水が浸入して壁を傷めてしまうので、今回は荒壁と中塗りの中間のような配合で、わらすさの繊維も粗さを変え数種類投入し、10ミリ程度の補修でひび割れがおきないように工夫しています。


下地処理をした下地に塗りつけます。
工法が分かる!参考の下地処理方法はこちらから・・・


塗り付け完成です。
このままでは、強い雨がかり等でまた流れてしまう危険性がありますので、乾燥後土壁専用の撥水剤「土守」を塗布して頂きます。
外部の土壁の強い味方「土守」はこちらから・・・

完成後の写真を撮りに伺うのがまだで、それはまたの機会に・・・
しかし左官様から乾燥した色も合ったしひび割れも無かった。撥水剤もバンバン弾いて凄いねと連絡を頂き一安心です。

 

—————————————————————
NEWS
—————————————————————

●施工方法にお困りではございませんか?
各種商品説明を動画で行っております。ご覧下さい
YouTube「匠に役立つ動画」

●近畿壁材のHPが新しくなりました! https://www.kinkikabezai.com/
漆喰壁・土壁に関する最新情報がご覧頂けます。

●土壁製品ならなんでも揃う!「土屋重吉ネットショップ」をご活用下さい。 https://www.jukichi.com/

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ

近畿壁材工業株式会社

お問合せ