MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

2020/02/07(金曜日)マニュアルどおりに土塀の改修工事 by明石城

古い土壁の補修で重要な作業です


先日お客様よりご連絡いただき、明石城改修工事現場行ってきました。
20181112_091637 20181112_092141
この度は塀部分の改修工事で、漆喰壁の汚れが目立ってきていたので塗り替えとなりました。上塗りの汚れた漆喰を剥がし落としたら下地は中塗り土。
20181112_102931
ほうきで古い中塗り土下地表面を力強く掃き、風化して弱くなった部分を全て落とします。もちろん浮きが確認できた場所も落としていただきました。その後、浸透性土壁強化剤 土強(どきょう)を噴霧して中塗り土を強化!
>>浸透性土壁強化剤 土強の購入はこちらから・・・

古い中塗り土下地の改修工事はこの古く弱くなった部分の撤去と、古い中塗り土の強化が非常に重要な工程になります。下地の強度をしっかりしておかないと、塗り替え工事でこれから塗り上げる壁が弱い下地部分から落ちてしまう可能性があるからです。改修の場合は塗り上げていく各材料も、下地の凸凹をなおすため塗り厚が厚くなります。その分下地への重量負担が大きくなります。ですからこの下地処理が非常に重要です。
このような改修工事のお問い合わせが多いので、補修マニュアルを作成しました。
>>古い土塀、土蔵補修マニュアルはこちら・・・

塗り壁はやはり下地が大事‼あたりまえですが、みなさんも一度基本に立ち返り、下地から丁寧に!を心掛ければその後の作業もしやすく作業効率も上がり、施工後の不具合なども減るのではないでしょうか。
余談何年前に施工されたかは不明ですが、こちらの土塀は貫伏せも丁寧にされていました。
20181112_103902

 

漆喰にご興味がありましたらお問合せ下さい!

電話でのお問合せ ☎0799-85-1147 スマートフォンをご利用の場合、こちらをタップすることで電話をかけることができます

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ