MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

2020/03/02(月曜日)ラスボード下地に漆喰を塗る~社寺建築に勧めの下地!

ラスボードは、漆喰施工時によく使われる下地ですが、絶対に直接漆喰は塗らないで下さい。

お寺での漆喰施工現場を見せて頂きました。今回は「高級島かべ」を使って頂いており、左官屋さんも「白さときめの細かさが気に入っている。」との事。
下地はラスボードなので施工は、石膏プラスター(吉野石膏製:Bドライ)塗り後、高級城かべ2度塗りだそうです。
性質上どうしても石膏の上は水が引くので、1回目の高級島かべに海藻糊を追加して糊を強くして水引の斑を抑えているそうです。
しかしやっぱりお寺には当然漆喰ですね!この現場も高い技術で素晴らしく綺麗な漆喰仕上げを見せて頂きました。感動!
高級島かべいいですね~

島かべドライストップを使わずに下地の吸水を抑えるには、島かべ角又を追加すると水引きがゆっくりになります。


20160510_042336000_iOS 20160510_042408000_iOS 20160510_042555000_iOS
高級島かべは、紙すさを使った漆喰で島かべしっくいよりも白く、より薄塗りが出来る漆喰です。紙すさの効果?もあって調湿機能も高いデータも報告されています。


20160510_042544000_iOS 20160510_042612000_iOS

電話でのお問合せ ☎0799-85-1147 スマートフォンをご利用の場合、こちらをタップすることで電話をかけることができます

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ