MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

2021/09/12(日曜日)コンクリートに漆喰を塗る|そんなお客様にお勧めの漆喰!


コンクリート下地に塗る最適な漆喰


コンクリート下地への本漆喰施工をお考えですか?

 

弊社のお勧めする漆喰の中でも【島かべ練り漆喰】はかなり、かなり優れた漆喰です。
数々の名建築に使われてきたのは当然ですが、なにより海藻糊炊き糊が入っている事から水持ちもすごく良い!

今回お使い頂いた現場は、コンクリート躯体の外壁!【島かべ練り漆喰】は上塗用、外装用共にコンクリート躯体の比較的大規模現場でも使いやすい本漆喰です。

水持ちが良く大壁向き!

塗付けが厚く塗れることや大壁でも水持ちが良い事から採用になっているのかもしれないが、比較的一度使ったお客様からのリピート率も高い材料です。
ただ、通常の漆喰のように薄塗りであまり押さえず仕上げるとなると少し島かべしっくいとは使い勝手が違うようで、左官屋さんでも好みが分かれるところでります。
左官材料の特徴で、糊が濃いと薄く、糊が薄いと厚く塗付けるという事から【島かべ練り漆喰】を「ぼてっと!」塗付け、時間をかけて押さえていくというのは少し癖のある材料かもしれない。

で本題に戻すと・・



コンクリート下地の島かべ練り漆喰工法ですが、もちろんセパ穴やジャンカなどの補修は、日本化成様のポリマーミックスなどで補修が必要です。
また、コンクリートの目地は、目地底にウレタンシールなどを注入してクラックを見えにくくするなどの工程は必要になります。


コンクリート下地には「漆喰ベース」が最適!


写真は、コンクリート目地部分で、補修材の上に【漆喰ベース】を塗ったところです。

そして補修材の上に【漆喰ベース】を塗りますが、より確実な方法でいくと全面に【島かべネット】を【漆喰ベース】で伏せ込みます。
今回は【漆喰ベース】をしごき塗りし、追い掛けで【島かべネット】全面張り、ネットの網目を隠すように【漆喰ベース】を塗ります。
【漆喰ベース】で【島かべネット】を挟み込みます。もし厚みが薄く作業がやりにくい場合は【漆喰ベース】に寒水石1厘(カルファイン様ではKD1、三共製粉様K-1)を3kg程度入れ少し厚塗りします。

 

そして、漆喰ベースを完全乾燥させます。24時間~48時間程度です。

≫漆喰ベースくわしくはこちらから

 

乾燥した【漆喰ベース】に【島かべ練り漆喰】を塗っていきますが、近畿壁材ではここでの糊の濃い砂漆喰(引き糊)を推奨しています。

もちろんそのまま塗って頂いてもよいのですが、下地への付着力や作業性、仕上がりの美しさなどどれをとっても糊の濃い砂漆喰(引き糊)をしごき塗りしてからの【島かべ練り漆喰】を追い掛けが最高です。

モルタルやその他の材料でも、高い鏝圧で下地に材料をしごき、その上に追い掛けするほうが、引っ張り(付着力)強度が向上します。

これに関しては様々な方法がありますが【高級島かべ】で引き糊を作る場合は・・・
高級島かべ:寒水石1厘:島かべドライストップ=20kg:10kg:1kgが目安です。

この材料を【漆喰ベース】の上にカリカリとしごき塗りし、追い掛けで【島かべ練り漆喰】を塗ります。

 

島かべ練り漆喰は押さえやすい!

 

あとは、丁寧に鏝押さえを行い仕上げていきます。
引き糊のメリットはこの押さえ工程にもあります。水引が早く表面を水不足で押さえると小ひびが入ったり、デラデラてかったりします。
それを防ぐにも良いと思います。
ただ、プラスチック鏝での最終押さえはお勧めしません。

 

このような【島かべ練り漆喰】!もちろんコンクリート下地だけでなく、土中塗りや内装プラスターボード下地など通常の漆喰としてあらゆる下地に対応する優れものです。
応用すれば磨き仕上げもできる漆喰です。是非挑戦しては如何でしょうか?

漆喰施工の事ならなんでもご相談ください!

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ