MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

2015/10/28(水曜日)文化財には荒壁土が必要なんです

以前から何度かご紹介させていただいた文化財補修現場ではただいま荒壁土づくりの真っ最中でした。
20151023_114728
荒壁土に入っている切りわらが発酵して無くなっては追加で投入し、再度練り合わせ、一定期間熟成させてから使用します。
非常に手間のかかる作業です。
20151023_114750
この作業を行うことにより、塗りつけの際の作業性向上、保水性向上、収縮クラックの防止や分散などに繋がると言われています。
先人の方々はどこからこのような考えが思いついたのでしょうか?すばらしいですね!
20151023_114721
もちろんこちらの現場も落とした古い土壁(古土)と新しい荒壁土とを混ぜて使用します。
古土を混ぜると強度が上がり、灰汁が出ることが少なくなり、凍害も少なくなると言われております。
ますますすばらしい!(笑)
荒壁土だけを見ても先人の方々の知恵の集約ですね。奥が深いです。
ただ近頃残念なことに全国的に練り土屋(ドロコン屋)さんが少なくなっております。
もしお近くに荒壁土を購入する手立てが無い場合は弊社までお問い合わせください。
「淡路荒壁練土」を販売いたしております。

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ

近畿壁材工業株式会社

お問合せ