MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

2017年7月の記事一覧

2017/07/31(月曜日)黒漆喰をやってみたいけど「その1」・・・とお考えのお客様へ!

_DSC1076

「黒漆喰をやってみたいけど・・・難しいでしょ?」
というお問合せを頂きます。当社としても「やってみたい!」と思うお客様に出来る限りのご提案をと考えております。

というわけで、今回は・・・「また、瑞黒のしょうかいでしょ!」と言われるので、「古代漆喰の黒漆喰」をやってみたいと思います。
瑞黒が発売されるまでは、この古代漆喰の黒漆喰が当社の定番!でした。

≫瑞黒についてのおさらいはこちら・・・

≫古代漆喰上塗用についてはこちら・・・


もちろん黒漆喰は、日本の伝統的な左官技術ですので、簡単ではありません。まして白い漆喰を「黒」にするわけですから大変難しい工法です。ただ、少しでもこの伝統の黒漆喰施工方法を研究し、伝統工法を絶やさないようにしたいと考えております。

で、第一弾として古代漆喰上塗用を使った「プラスターボード(PB)」への黒漆喰工法をやってみたいと思います。
今回、お客様にご協力頂き、社内での検証後実際に試験施工をやってみました。

DSC05601

今回使用する材料は・・・

下塗り材料(2㎜~3㎜程度)
ボードベースライト・・・・4kg
硅砂 5号・・・・・3kg

下塗り砂漆喰
古代漆喰上塗用・・・・20kg
硅砂 5号・・・・5kg
硅砂 6号・・・・5kg

引き糊漆喰
古代漆喰上塗用・・・・20kg
マーポローズ・・・・100g(※注意1)

上塗り漆喰
古代漆喰上塗用・・・・20kg
城かべ松煙・・・・2kg(※注意2)

といった感じで、あまり特殊な材料を使用せず、当社通常の在庫品で行うことにしました。
(※注意)については、下地の水引き及び、出したい色によって変わります。ご注意下さい!

社内での検証

1、下地作り!
下地は、石膏ボードなので12.5mmのプラスターボードがよいですが、仕上の漆喰の押さえや亀裂などを考えて2重張りが望ましいです。
もちろん石膏ボードに直接漆喰は塗ることが出来ませんので、ボードベースやボードベースライトを塗ります。今回は、厚みをとるためにボードベースライトに硅砂を入れて塗りました。

①砂漆喰を作ってみる!
平ボード(プラスターボードPB)に黒漆喰ということなので、ボードへの下塗りにボードベースライトを使います。乾燥したボードベースライト上に塗る砂漆喰ですが、便宜上すべて古代漆喰上塗用を使いたいので、古代漆喰上塗り用で砂漆喰を作りました。

DSC05531

今回硅砂を使いましたが、本来漆喰への骨材は、硅砂より「寒水石(白砂)(炭カル)」のほうが良いといわれています。
寒水石の場合は、1厘と3厘サイズぐらいのものを混ぜると使いやすいと思います。

DSC05532

ボードベース上に砂漆喰をできるだけフラットに塗ります。ここがフラットになっていないと上塗りに影響するので、出来る限りフラットに塗って下さい。

DSC05533

これで下塗りは完成です。砂漆喰は、完全に乾燥させます。

なぜ?砂漆喰を塗るの?ボードベース上に直接仕上てもいいのでは?
という質問がありますが、理由は2つあります。一つ目にはボードベースでは下地がフラットにならないので砂漆喰でフラットな下地を作ります。

「じゃ、砂漆喰でなく普通の漆喰でもいいんじゃないの?」

これには、2つ目の理由が関係します。
2つ目の理由は、下地に水を引かせないといけないからです。
下地に均一に水を引かせ、その水を長時間貯水しておく場所が必要になります。これが砂漆喰の役割になります。貯水タンクは大きいほうがよいので砂漆喰を厚く塗る必要があります。

②引き糊で下地の水引きを均一にしよう!
「引き糊」とは、ある意味昔の「城かべシーラー」代わりみたいなものです。色々な場所で使えますが、特に吸水の激しい下地に塗ることで、下地の水引を止め上塗りを塗りやすくします。

糊の濃い漆喰ですね・・・この材料を薄くしごき塗りして上塗り漆喰を追い掛けします。

DSC05569

城かべ角又や、マポローズやメトローズなどを古代漆喰に入れて使います。
今回は、塗りやすく、厚みが揃うように寒水石の1厘を入れて使います。

また、寒水石とこのような粉末糊を先に空合わせしておくと古代漆喰のような練った漆喰にも直接入れることが出来ます。便利ですね。

このように糊を効かせた漆喰は、シーラーや水打ちがなくても直接砂漆喰に塗ることができます。

DSC05573

色漆喰の大敵は、下地のムラ引きによる色ムラです。城かべシーラーや水打ちでは解消できないムラ引きをこの引き糊で均一にします。
注意点は、この引き糊の厚みが揃わないとまたムラ引きの原因になるので注意して下さい。

③上塗り黒漆喰作り!

いよいよ上塗り材料ですが、以外に大事なのは下地のような気もします。
上塗りは、古代漆喰上塗用と城かべ松煙ですね。

DSC05572
城かべ松煙をまず古代漆喰と同じ硬さくらいに練っておきます。水量は目安ですが、例えば城かべ松煙100gだと水100gぐらい1:1ぐらいでよさそうです。
つくづく思いますが、城かべ松煙の水解け最高ですね!ぜんぜん粒が残りません。

≫すごい!と感じた人は・・・城かべ松煙はこちら!

DSC05571
で練った城かべ松煙と古代漆喰上塗用を混ぜます。

練ったものどおしなのでよく混ざります。

DSC05577

で塗り付け・・・
「引き糊」に追い掛け塗りですが、タイミングは「え!」大丈夫と言うぐらい乾いてからというか手に付かなくなってからが最適です。

¸$žh"u.§Ñ´Â~߶ÐX‰$U8,ÐgÚ÷éÑvM$VfmA×±‰p„ü™±ACÖ?I]n_.“§Çl¿·927ð΂‰¯|Të½mJ^j’¤$çƒõKþß7û¨*ÒK,®^Wi÷f$“ùšPuíß͒"2Ž0~UBMŠÙC{ƒP$ölÃrçç@‰·‘p'± !Fü¨	@ ‘È âIï@–ëî­éiC躌¶Ñ†ÖùÝûHxçåA·téE‘­§X۔˜°¨[/“i=Ý2Xc÷wPmšVôÆ¿›GÔíïúFë¸}W½¾Ò((½+.yýGÑ:Q@RèKð;FÃøPÿÕÖtîŽÒìUU-‘BŽ6¨ Ï:ÂÚKÉÕâe‰%&ÁÁVç½pÎ:ãJü;Žî}VêY-Ý-¾+‚ª6@ûÜVøåg:_®:;¥."k›ÙáÓnHÚ·e–0IôláZº0¡ôçÅNè½>çCÔu%½Ã´`¦XÚ7Ã}î6ìän ˆ×ÿI{|²èZK³g‰¯õ™ÿªƒ?×>4üBÕÐÅ&£öXOtµQÛ¹o÷PRîn3ÌóÌßzI»ÌäÐ#AÔAÔAԌe€÷ •…`àT8) ½íP(-¢;ŽO›î¯oã@Eƒ´=­¼ œ…’xéA%«[€ó ÙJã#äPPuP/muuk šÞgŠAÙãbŒ?5 Ðh]ñÛ®znu zڝ—f´½bãü²}õÿuÃÓ¥'KÞ?ƒÔ62inO–xO>x×ý4þ‡­èZý¢^h÷ÐÞÛÈ2­‚1ÜPJ­¢ŽXÐ*#UEÏÌö ÿÖô/‹d%h|t2¦7F¤3ü…]kâ—Çn•é Z}[‹ýF5¨QR?7ÝË9ÿ…©`ÅõŸÒ{®o &mk¥Ä	Ü|W ún~úh3n¨ê}o_¾7ü÷¸9A3ä)=ð«ä•Z!j ê ê ê ê sk3#CA)n8#°ST=ý^#¿•½êš[P©Ïù gßì¼Ú7BpcÍýFh¸Ee5ÏÌçîƒÚœ©	®å#
あまり厚くならないように出来るだけ薄く塗ります。

あとは水が引くまで押さえていきますが、あまり触らないほうがいいですよ。

見本だとついつい触ってしまいますが、塗り付けてからの1回目の押さえは、一度「しゅっと」引いてからのほうがいいですねぇ~
触り過ぎないように注意でした。

つづく・・・・

この続きは、8月1日のブログに投稿します。
明日もお楽しみに!

2017/07/30(日曜日)材料ムラになりにくい灰色(グレー色)漆喰をお考えの方へ!

当社の「城かべ瑞黒」は既調合の練り状黒漆喰で、色ムラになりにくく、乾燥後もツヤの無い真っ黒に仕上がることから人気の商品ですが、この度お客様より街並み保存の現場でグレー色の漆喰を施工しなくてはいけないというご連絡を受け見本を作成しました。「城かべ漆喰」は材料指定で入っているとの事でしたので、「城かべ漆喰」をベースに「城かべ松煙」を混ぜてグレー色の漆喰を作る方法でご提案しました。「城かべ松煙」をおすすめするのも、もちろん理由があります。その水解けの良さと、解けた後の分散の良さです。こちらをご覧ください。
20170724132714669_0001
同じコップに同量の水を入れ、その中に大さじ1杯ずつ市販の黒顔料と「城かべ松煙」を落とし、スプーンでかきまぜました。市販の黒顔料に比べ「城かべ松煙」の方がすぐに混ざり、水解けもいいのですが、一番のおすすめするポイントは水に解かした後の分散の良さです。市販の顔料は水に解いた後、しばらく放置しておくと下へ下へと顔料が沈殿しますが、「城かべ松煙」はほとんど沈殿せず解かした後は全体に混ざったままです。この特徴が材料ムラになりにくい秘密なんです。
20170724_131647
この度の現場はかなり色の薄いグレー色をご希望とのことで、配合は城かべ漆喰20㎏4袋(80㎏)に城かべ松煙500g1袋の配合で作成しました。外部への施工なので撥水剤も検討しているとの事なので塗り見本の半分には漆喰専用撥水剤「プロテクターEX」を塗布しました。撥水剤を塗布することで雨による二次白華を防止し、色の付いた漆喰の色ボケを防止してくれます。
グレー色(灰色)の漆喰をお考えの方は「城かべ松煙」をご検討ください。

2017/07/28(金曜日)ビニールクロスを剥がさず、その上に漆喰を塗りたい方へ

施主様の自然素材志向や、結露を防止する調湿性能、衛生的な抗菌性、高級感演出などさまざまな視点から城かべ漆喰をご住宅に採用いただく機会が増えております。そんな状況の中、
「ビニールクロスをリフォームして漆喰壁にしたいんですが、クロスの上に塗れますか?」
とお問い合わせいただく機会が多くなっております。実は案外簡単に塗ることができます。当社オリジナル塗り替え専用の下地材を塗ればクロスを剥がさなくてもその上に漆喰壁は塗れるんです。
>>塗り替え用の下地材はこちら・・・
>>箱を開ければすぐ塗れるしっくいはこちら・・・
もちろんクロスが剥がれてきていたり、大きく破れていたりすれば下地の補強は必要になります。クロス上の施工方法の資料を当社ではご用意しております。
>>クロス上のしっくい施工方法はこちら・・・
ビニールクロスの上にしっくい壁を塗りたい方はお気軽にお問い合わせください。
20170722140022902_0001

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ

近畿壁材工業株式会社

お問合せ