MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

2015年8月の記事一覧

2015/08/31(月曜日)商品お得情報~ボードベース編

内装に漆喰を塗りたいのだけど・・・

汚れた漆喰の上にまた漆喰を塗りたいのだけど・・・

そういう時こそボードベース!内装での漆喰施工の様々な場面で活躍してくれます。

ボードベース写真1
ボードベース施工

石膏平ボードは勿論、しっかりついているビニールクロスの上にも!

さらには、漆喰専用に開発してますので、ボードベース施工後はシーラーなしでそのまま漆喰の押さえが出来、工期短縮にもなります。

是非お試し下さいませ!!

 

 

 

2015/08/31(月曜日)最近話題のアースバックハウスとストローベイルハウスに感激!

和歌山のお客様からの紹介で以前から興味のあったアースバックハウスを見学に行ってきました。アースバックハウスは、アメリカでは比較的な建築様式で土嚢袋に土を入れた物を積み重ねその躯体に土を塗って仕上げる建築です。
今回お邪魔したのは和歌山県のデュニヤマヒルの山口様のアースバックハウス!自然に囲まれた和歌山県山中の森の中にあり、ジブリの映画に出てきそうな雰囲気です。
アースバックハウス 

詳しくは・・・>>デュニヤマヒル様のブログをご覧ください。

突然の訪問にも快くご案内頂き、アースバックの魅力や土壁の素晴らしさをお話頂きました。感謝!
建物内部へ入ってまたびっくり、土嚢袋で出来た家とは思えない頑丈で重厚感のある内装で、個性的でおしゃれなインテリアがむちゃくちゃかっこいい!!土壁だけでなく、漆喰や珪藻土も使い、快適な住空間になっていました。
アースバックハウス 内装 アースバックハウス 内装 インテリア

写真は、奥様が作っているひょうたんのランプシェード。おしゃれ!個展なども行っている本格的な照明です。

アースバックハウス インテリア

アースバックハウスの隣にはこれもまたアメリカでは定番のストローベイルハウス(藁の家)・・・
四角に圧縮した藁を積み上げ土を塗った建物で内部に入った瞬間アースバックとは違う軽く優しい空間が感じられました。
アースバックハウス 土壁
ストローベイルに使われる藁
アースバックハウス 和歌山

手間は掛かるかもしれませんが、地元の素材を使った個性的なアースバックやストローベイルハウスに興味津々です。当社も研究室はこれにしたい!

2015/08/29(土曜日)黒しっくい 失敗したら・・・

以前に黒漆喰が施工後の雨により白華してしまった現場があり、
撥水剤の中に黒の顔料を溶かしたプロテクターB(ブラック)を施工して頂きました。
これは黒しっくいがムラになった場合や、白くなってきた漆喰をリペアーし保護する商品で、施工後、しばらく経ったので出張中に気になり訪問しました。

プロテクターB1 プロテクターB2

真っ黒のまま、黒漆喰を保護してくれています。

勿論、せっかくの黒漆喰ですからそのままの表情が一番いいんですが・・・

外部で雨がかかると漆喰は白華現象がおき、水滴跡が残ったり、色むらになったりしてしまいます。

長く施工時の意匠を残すために、瑞黒などの黒しっくいを施工後、撥水剤のプロテクターExを塗布しておくと長期的に保護してくれます。

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ

近畿壁材工業株式会社

お問合せ