10月 | 2016 | 近畿壁材工業株式会社 匠に役立つ塗り壁ブログ 【漆喰】昔ながらの漆喰壁材「城かべ」の販売。

2016年10月の記事一覧

31

2016 10

淡路土で泥染め・・・「いいね!」

「土屋重吉ONLINESHOP」で販売する淡路土シリーズ。使い道は土壁だけじゃない!
もちろん漆喰に入れたり、泥団子で使ったり使い方は色々ですが、今回は泥染め。色土の特長を活かして3色実験してみました。

≫土屋重吉ONLINESHOPはコチラ・・・

20161016-_DSC3754 20161016-_DSC3757

今回使ったのは、「褐色」と「黄」と「赤」≫淡路土詳しくはこちら・・・

どのような色に染まるか楽しみですね!

20161016-_DSC3764 20161016-_DSC3766

結構濃い色に見えますが、顔料や染料と違って以外に草木染のようなやわらかい色になるんですよ。
染めている布は今回は、手ぬぐいです。写真上の手前が赤、真ん中が黄、奥が淡路土の定番褐色です。

染色後は水でよく洗って・・・乾燥!

20161016-_DSC3771 20161016-_DSC3776

やわらかいいい色じゃないですか・・・ほんのりムラがあるのも土染っぽい!

後はアイロンして完成、皆さんも淡路土の染物いかがですか?

20161016-_DSC3792 20161016-_DSC3786

完成!

2016/10/31 11:00

28

2016 10

里山住宅博へ!

ただいま兵庫県神戸市では「里山住宅博」が開催されています。地元の工務店様25社による住宅博覧会で、総合展示場のような大げさなモデルハウスではなく、集落街区の1区画に各25社様が1棟ずつ等身大、いわば普段立てている予算の範囲内の住宅を建て、建物見学と価格がついているので購入もできる活気的な住宅博になっております。
木の家をメインとした工務店様ばかりで、自然素材もふんだんに採用されており、住む方にとって優しいお家ばかりです。  >>>里山住宅博くわしくは・・・
この住宅博に参加された工務店様建築に弊社「本土壁 やすらぎ」をご採用いただいたので行ってまいりました。
20161008_114042 20161008_113957 20161008_113941
建物に非常にマッチしていて雰囲気があり、本当に味が有りました。工務店様にも「来てくださったお客様にも、この土壁は好評ですよ」とお褒めの言葉もいただきました。ありがとうございます(^^)
みなさんもぜひ一度里山住宅博ぜひご来場ください。これから新築をお考えの施主様は参考になること間違いなしです。
>>>本土壁 やすらぎはこちら・・・

2016/10/28 11:45

26

2016 10

リライムの挑戦は続く・・・!?

外壁専用の練り漆喰「リライム」今回も住宅への施工ですが、実際はリライムベースと通常のシーラーどう違うのかを試験して頂きました。
モルタル下地へのシーラー材は必須ですが、リライムにはシーラー以上の性能を持つ下地材リライムベースをご用意しております。
リライムベースは、シーラーのようにローラーや刷毛で施工できる下地材で白色でリライム下地にもなじみが良く、付着力と水引き性能を向上させます。

今回は、北面、南面をリライムベース、西面、東面をシーラー処理で行いました。当然上塗りの作業性を考慮した試験ですので、仕上がりの性能にはどちらでも問題はありません。

20161019-_DSC3820
写真はリライムベースをローラーで塗った状態です。

20161019-_DSC3823
上記の写真は通常のシーラー処理です。
リライムベースは、乾燥すると表面がざらざらになるので非常に上塗りの塗り付けがしやすいとの事です。
リライム等漆喰壁は乾燥すると問題は無いのですが、塗り付けた時の透け感が気になるといわれますが、下地が白いのでその辺りの問題も無いようです。

20161019-_DSC3811 20161019-_DSC3902 20161019-_DSC3846
早速リライムを練り、両方の下地に施工頂きました。

20161019-_DSC3889 20161019-_DSC3882 20161019-_DSC3868
数名の左官屋さんにご意見を頂きましたが、リライムベースの上のほうが作業性はよいようです。

20161019-_DSC3904 20161019-_DSC3923 20161019-_DSC3921

今回も大壁でしたがいい感じで外壁パターン漆喰が完成です。
ご協力頂きました左官屋さんの皆様本当にお疲れ様でした。感謝致します。

2016/10/26 11:00

24

2016 10

まさに!狙い通り、昔ながらのたたきのようですね!

土間仕上げの現場で、ウルトラソイルをご利用頂きました。出張中立ち寄って見せて頂きました。
ウルトラソイルは、セメント系の土風土間仕上げ材ですが、見た目は伝統的な土間たたきと同じで且つ高強度で人気が出てきました。
今回の現場も土間たたきが良く似合う場所で、ウルトラソイルとは思えないぐらいの渋い仕上がりになりました。

やっぱり製品よりも左官職人さんの技術ですね。感謝!
写真で見てもいい感じじゃないですか?

20161012-_DSC3737 20161012-_DSC3739 20161012-_DSC3740
実は、これウルトラソイルの褐色なんですよ。
スポンジ拭き取りなので少し白華してムラになっていますがこれが逆に味わいになっています。

何十年も前からある土間たたきみたいです。

≫ウルトラソイルはこちら・・・

2016/10/24 11:00

21

2016 10

外部大壁住宅の漆喰壁

弊社は外部大壁専用しっくいとして革新の漆喰「リライム」を販売させていただいており、この度はご採用いただいた現場へいってきました。
20140712_170353 20140712_170336
「リライム」の特長は昔ながらの漆喰に比べ、曲げ強度、耐水性、接着力を向上させ、外部パターン仕上げも対応できるようにつくられたしっくい壁です。
写真ではわかりづらいのですが、こちらの現場も洋風建築なのでパターン(鏝あと残し)で仕上げていただきました。さらにもっと洋風な感じしたいという施主様のご要望で、「リライム」に寒水石(白色の砂)を混ぜてパターンで塗り付け表面をわざと荒々しくなるように仕上げました。
配合は寒水石サイズ1厘を6kg、寒水石サイズ2厘を6kg、計12kgの寒水石を弊社「リライム20kg」1ケースに混ぜました。
20160916_155507
同配合のリライム表面

洋風建築が増え、この度の現場のようなお問い合わせが増えております。ご興味あるかたはお気軽にお問い合わせください。サンプル、カタログすぐに手配いたします(^^)
>>>革新の漆喰リライムくわしくはこちら・・・

2016/10/21 11:45

19

2016 10

店舗の土間をウルトラ☆ソイルで・・・

改装中の店舗の土間にウルトラソイルを採用して頂き、施工中の現場にお邪魔させて頂きました。

塗り付けはさすが左官様のお手の物。凄いスピードで塗り付けが行われていきます。

ウルトラソイル4

ある程度表面が締まってきたら、土間スリッパを履いて押さえをします。コンクリートと同じように押さえる事で強度も上がりますし、収縮による小クラックの軽減にもなります。

少し固練りすれば細かい部分の作業も可能ですね。

後は刷毛とスポンジで表面に少し砂利が見えるような仕上げを選ばれました。
ウルトラソイル

乾燥後の仕上がりが楽しみですね~
伝統の本たたきではないですが、店舗のように人の出入りが多い場所などには強度のあるウルトラソイルがおすすめです。      ウルトラソイルはこちら・・・

2016/10/19 11:00

17

2016 10

城かべ漆喰は、やっぱりお寺ですねぇ~

地元の工務店さんが城かべ漆喰でお寺をしたので見てくれば、とご紹介頂き見せて頂きに言ってきました。
社寺建築には当然よく使われる材料ですが、やっぱり和風木造真壁には城かべ漆喰は綺麗です。当たり前のはなしですが・・・
最近のお客様のニーズも多様化して当社も様々な製品を作っていますが、定番はいいですね。

≫当社のメイン商品城かべ漆喰はこちら・・・

20161007-_DSC3695 20161007-_DSC3699 20161007-_DSC3702 20161007-_DSC3703

2016/10/17 11:00

12

2016 10

土壁のワークショップ!

富山県の酒屋さんで定期的に行われている左官さんのワークショップがあり、今回は淡路中塗土を使っての土壁を施工してくれています。
2016-10-12 10.30.06-2

主材に淡路中塗土
骨材に左官砂
つなぎ材にあくぬきわらすさ

を使用し適度な配合にして塗りつけます。この配合のバランスが微妙で仕上がりや作業性が全然変わってきます。
材料に慣れている方はなんてことないんでしょうが、配合するのが邪魔くさい、補修で少量しか必要ない等のお客様は・・・

既調合された『中土(なかつ)』という商品もございますのでご検討下さいませ。

2016/10/12 11:50

10

2016 10

得意先様の展示会で・・・

以前からご紹介の通り、得意先様のご好意で商品PRの機会を頂きます。この度も新製品ウルトラソイルのPRで参加させて頂きました。
展示会に出展すると様々なメーカーさんや商社さんの新製品を見ることが出来たり、普段見たことの無い工具や道具なども見れて本当に勉強になります。
20161002-_DSC3681 20161002-_DSC3678
ウルトラソイルの実演時間も頂き実際に施工性を試して頂いたりも出来商品の改良にも良いアドバイスを頂きました。
そんな中、ダイヤの刃メーカーさんが実演していたので、ざっとですがカップでウルトラソイルを研ぎだしてみました。
なかなか面白いかも!

20161002-_DSC3679 20161002-_DSC3690 20161002-_DSC3689
ペーパーでしっかり磨けばつるつるになりそうですね。ウルトラソイルの研ぎ出しみなさんいかがですが。
このようなテストが出来るのも展示会ならでわです。

最後にご紹介!
鏝メーカーさんが漆喰にはお勧め!と紹介してくれました。いかがですか!

20161002-_DSC3687 20161002-_DSC3685 20161002-_DSC3682

2016/10/10 11:00

07

2016 10

玄関土間へ昔ながらのたたき、注意点とは?

以前、弊社材料をご採用いただいた一般住宅、玄関土間の昔ながらのたたき施工写真です。
IMGP3456
普通じゃねぇか!みなさんそう思っていますよね?(笑)しかしよく見てください。飛び石を入れているのがおわかりでしょうか。
昔ながらのたたきはセメントの無い時代に土を硬くする方法として生まれた工法で、土、消石灰、にがりだけで施工するので強度はセメント程は無く、人が常時歩いたり、出入りする場所は少しずつですが削れてきます。ですので、昔は土間たたき施工後、常時人が載る場所には飛び石を入れ、出来るだけ土間たたきの上を人が歩かないよう、たたき土間を長く保つ工夫がされていました。先人方達の知恵は本当にすばらしいです!
ただし昔ながらの土間たたきはメリットもあり、湿気を取り除いたり、年月が経つにつれ苔が生えるなど表情が変化し、味わいが深まります。
弊社もお客様のご使用用途に分けた2商品、土間たたき材料を販売させていただいております。
強度優先!施工を簡単にしたい!という方は駐車場にも施工可能な現代風たたき「ウルトラソイル1㎡セット」
いややっぱり本物にこだわりたい!昔ながらたたき(三和土)の仕上がり表情がいいんだ!という方は「重吉たたき1㎡セット」
ご使用用途によって選択し、使い分けてくださいね(^^)
>>>ウルトラソイルくわしくはこちら・・・
>>>重吉たたきくわしくはこちら・・・

2016/10/07 11:45

このページの上に戻る