MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

2018/05/19(土曜日)国の重要文化財に指定された、本漆喰の建物を見せて頂きました!

お客様から紹介で平成28年に岩出市にある旧和歌山県議会議事堂が本漆喰で仕上られているとのことで見に行ってきました。

_DSC7732

日本最古の木造和風議事堂と言う事で、明治31年に和歌山市内に建築されたそうです。過去3度もの移築を経てこの度復元整備されたそうです。
場所は、根来寺の近くでもあり、観光名所としてもいいですね。

_DSC7689

建設当時とほぼ変わらないよう柱の位置や修繕に使われる素材も出来る限り同じ物が使われているそうです。

_DSC7729

内外装すべて本漆喰で、下地は小舞荒壁で和歌山の土ともともとの古い土を混ぜ合わせ使われているそうです。

_DSC7691

内部は議事堂だけに大きな議場があり、今は、コンサートなどのイベントなどにも使われているそうです。

_DSC7704

2回の窓から見える瓦屋根、あまりの美しさと迫力に見とれてしまいます。

_DSC7722 _DSC7717

建物内部の説明に「大津壁(おおつかべ)」と書かれていたので探しましたがわからず、施設の方にお伺いしましたら、現在立ち入り禁止の場所に塗ってあるらしいですが、ご好意で見せていただくことが出来ました。
黄色の色土を漆喰の中に入れ、黄大津として仕上てあります。

_DSC7726

 

やはり、文化財には漆喰壁は欠かせませんね!
いい勉強をさせて頂きました。

≫本格的な炊き糊しっくい・・・城かべほんねりはコチラ

≫黄大津に使える黄土(きつち)・・・淡路黄土販売中!

——————————————————————————

~土壁・土間たたき製品をお探しではございませんか?~
土屋重吉ONLINESHOP 開店中!

淡路土製品の情報配信中!
日曜左官 ~土屋重吉で本格左官仕事を楽しむブログ

——————————————————————————

 

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ

近畿壁材工業株式会社

お問合せ