MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

2017/09/22(金曜日)土間たたき|店舗にたたき風の床計画中!出来ますか?

店舗に「土間」をお考えのお客様にご提案!


.

厚さ15mmで三和土風仕上げができるんです!

洗い出しではダメ?!

弊社人気商品の現代風土間たたきウルトラソイル。施工方法に関してはカタログにて詳しく写真付きでご紹介させていただいているのと、ご使用いただいた左官さんも増えてきたのでお問い合わせいただく機会が減りました。しかし、仕上げの部分で

「どの程度表面に骨材を出すのがいいのかな?」

「どうしても洗い出しに慣れているから骨材を出しすぎてしまう」

などのお問い合わせをいただくので本日はウルトラソイル仕上げポイントのレポートを作成するため、実際に施工しました。

≫ウルトラソイルについて詳しくはこちら・・・

20170919_161803

やり方その1

方法はウルトラソイル塗り付け後、数時間ほど養生し、表面がある程度締まってきたら刷毛を濡らし、表面を掻き落としと同じ要領で円を描くように撫でて水湿ししていきます。

その後、乾いたスポンジで表面の水分を拭き取り完了です。
この仕上げ方法は確かに施工がはやく終わり、簡単です。


DSC07266 DSC07264 DSC07261

表面は掻き落としたときのような荒々しさは無いのですが、非常に上品な雰囲気に仕上がります。これから施工お考えの方はぜひ参考にしてみてください

やり方その2

少し、大きめの玉砂利を入れてたたき風に!

大きい砂利(5分目程度)を入れるとよりたたき風に見え意匠度がアップしたような気がします。
15㎜で仕上げる性質上、製品の中に混入する事は難しいので、塗りつけた後に15㎜以下の砂利を撒いて伏せこんで頂きます。一旦埋まってしまいますが、ふき取りをすると砂利の表面が現れます。
ひと手間で見た目も変わりますので是非ご参考に・・・

 

 

 

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ