MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

2021/07/28(水曜日)土壁材料|微塵苆(みじんすさ)とは?

土壁上塗りに使われる藁すさ「みじんすさ」


みじんすさは文字通り、細かく切断された藁すさです。

なのでみじんすさは、仕上げ材に混入しても目立ち過ぎないのが特徴。

細かく切断されていても、すさとしての役目は損なわれません。

みじんすさは、水ごね仕上げに使われていた!

水ごね仕上げは、土と川砂それからみじんすさを混ぜ合わせ、1~2日ほど寝かせます。

「みじんすさ」の製法

3㎜以下に細かく切断し、藁の節の部分を除去してふるいにかけられます。

原料には、古縄や古くなった藁が使われることもあります。

土壁仕上げのお考えの方に、「みじんすさ」をぜひおすすめさせていただきます。

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ