MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

2017/12/12(火曜日)ボードベースとボードベースライトの使い分けご理解いただけましたか。

「漆喰は生き物だ!」とよく言われます。夏と冬では水引き(乾燥具合)が大分違いますよねぇ~

今回は、内装漆喰の現場と共に、昨日の動画に引き続き「ボードベース」と「ボードベースライト」についてご説明致します。

_DSC3981 _DSC4000

近畿壁材のファンで、「もう知ってるよ!」と言う方は、飛ばして頂いて、コチラの動画でもご覧下さい。
ユーチューブ!匠に役立つ動画
チャンネル
登録お願いします。

 

_DSC4051

では、本題・・・・
ご存知の方も多いとは思いますが、ボードベースもボードベースライトも内装用漆喰専用下地材です。(※これからは「ライト」に略します。)

ボードベース荷姿写真webサイズ300

 

【上の写真はボードベース。】
ボードベースは、主材4kgと結合材1kgのセット品で、1ケースに4セット入っています。

 

ボードベースLigt荷姿web用300

【上の写真はボードベースライト。】
ライトは、4kgの主材だけの1材型で1ケースに6袋入っています。

ボードベースもライトもどちらも石膏系で主成分は同じですが、一番の違いはやはり性能ですね。
実はボードベースについている結合剤が素晴らしく良いボンドを使っている為に、びっくりするくらいよい性能なんです。

_DSC3991 _DSC3987

付着力・曲げ強度など様々な性能を見てもライトよりボードベースのほうが格段に上ですね。
特に漆喰の大敵である下地への吸水に関しては、完璧に吸水を止めてくれるので、夏場などの暑い日でも難なく大壁を押さえる事ができます。

「じゃライトいらん!なんで?作ったの?」
とお思いでしょうが、実はライト、これからの冬の季節に重宝します。確かに、水引き吸水を止める性能はボードベースより落ちますが、逆に寒い時期乾きが遅くなる状況では、多少下地に水引があったほうが塗りやすい場合もあります。
※これには塗る皆さんの好みもありますが・・・
そんな場合の少し水が引いたほうが「好き!」と言う方は、ライトがお勧めですね。
_DSC4058_DSC4038
もちろんライトは性能が落ちると言ってもそれは漆喰を塗った場合のボードベースとの比較・・・他社の下地材と比べても格段に性能はあがります。
ようするに、ボードベースが高性能すぎるんですね。

_DSC4001 _DSC4003
よく聞かれる「プラスチックにくっ付くの?」と言う質問。
このような場合の事だと思いますが、出ズミのコーナー定規の上も難なく塗ることができます。

これから寒くなる季節、リフォームなどの塗り替えから、新築のボード上の漆喰塗まで幅広くご利用下さい。

ボードベース中身セット写真カタログ用webサイズ
少し厚塗りが必要な場合は、ボードベースに硅砂5号や寒水石の2厘など4kgぐらいまでなら混入可能です。
厚塗り下地が必要な場合は、このように骨材を入れてお使い下さい。

最近、動画で商品説明もしています。また見てくださいね!

 

_DSC4061

—————————————————————————–

~土壁・土間たたき製品をお探しではございませんか?~
土屋重吉ONLINESHOP 開店中!

淡路土製品の情報配信中!
日曜左官 ~土屋重吉で本格左官仕事を楽しむブログ

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ

近畿壁材工業株式会社

お問合せ