MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

2020/12/16(水曜日)外壁に漆喰を施工!その後の汚れでお悩みの方はいませんか?

汚れた外壁をリペア!漆喰調塗り壁【キープウォール】


 

当社はお客様の声を集め、お客様が抱える問題解決に向けた製品を開発しております。そんなお客様の声を集計したところ、ここ数年増え続けている問題が外部しっくい壁の汚れやカビ、またそのような状態の漆喰壁の塗り替え、メンテナンスに関するお問い合わせです。

特に洋風建築の住宅で、軒、ひさしがほとんど無い、場合によっては無い、四角い住宅に漆喰を施工した物件に集計結果上多いです。
IMGP0050 (1280x720)
そこでメンテナンスにあたりどのような製品が良いのか?市場調査をしました。

「どうせメンテナンスするなら次は汚れにくく、きれいな状態のままを維持できる方が・・・」

「下地が模様仕上げで凸凹してるから、鏝塗りの厚塗り仕様でないと施工できないよ」

「もともと漆喰を塗ってあったから、風合いは変えたくないよね」

「塗料系だと塗り厚がうすくて下地が透けることがある。きれいに隠れるものがいいよね」

このような課題を解決する商品が「洋風漆喰調 キープウォール」です。

DSC07618

特長①汚れを隠す高い隠ぺい力

ペンキとは違い高い隠ぺい力がある材料です。なかなか隠蔽できない下地の汚れを1発で隠します。写真は黒しっくいの上にキープウォールを施工したものです。きれいに黒しっくいが隠れております。

 

特長②高い撥水性能

今までの壁材とは違いキープウォール自身に高い撥水性能があります。施工後のトップコートなどは必要ありません。写真はキープウォール乾燥後、食紅を混ぜた水滴を表面に落しました。撥水するため水滴が玉のように浮いたようにっています。

DSC06501

 

特長③鏝塗り厚塗り仕様でしっくいの風合いは変わらない

高い撥水性能でありながら鏝塗り施工で、下地の凸凹に対応します。またテカリもなく、仕上りは漆喰パターンの表情が変わりません。

結論:キープウォールは外壁として高い性能備えている

電話でのお問合せ ☎0799-85-1147 スマートフォンをご利用の場合、こちらをタップすることで電話をかけることができます

 

 

 

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ