MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

2017/08/13(日曜日)夏の漆喰施工で乾燥スピードがはやく困っている方へ

今年の夏も暑いですね。すこし動いただけでも汗が流れ落ちてきます。しかしそれでも、現場は待ってくれません。全国各地、多くの方が暑い中たくさん漆喰壁の施工をしていただいております。そんなお客様より多いお問い合わせが、やはりこの時期特有の乾燥スピードがはやくなり施工に困っているという内容のお問い合わせです。そこで乾燥スピードを遅くする夏場対策商品をご紹介させていただきます。
その①:下地には漆喰専用下地材「内部用ボードベース」「外部用漆喰ベース」をご利用いただく。
boardbase[1] shikkuibase[1]
各下地材は漆喰専用で製造しており、漆喰施工時の水引き調整も含んでおります。乾燥スピードの違いがよくわかる今の時期だからこそ、まだご使用いただいた事がない方は各下地材の上に漆喰を施工して比べてみてください。
その②:城かべ角又(粉末海藻糊)、城かべ炊き糊を上塗り城かべ漆喰などに追加で投入する。
tsunomata[1] takinori[1]
海藻糊を追加で投入することで、上塗り漆喰自体の水持ちが良くなり、乾燥スピードを遅くすることができます。投入目安は城かべ漆喰20㎏1袋に対し、城かべ角又なら100g程度、城かべ炊き糊なら300g程度入れてください。それでもまだ乾燥スピードがはやい場合は少しづつ足しながら調整してみてください。
以上夏場対策商品取り揃えております。乾燥スピードでお困りの方はぜひお試しください。

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ

近畿壁材工業株式会社

お問合せ