MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

2020/06/09(火曜日)島かべと高級島かべの違いは?

島かべしっくいは麻スサ、高級島かべは紙スサ

島かべと高級島かべどちら販売さていただいておりますが、お客様より何が違うの?とまだお問い合わせいただくことがあるのでご説明したいと思います。

 

①配合されているすさが違います

島かべは麻繊維の麻すさ、高級島かべはこうぞやみつまたなどを原料とする和紙、紙すさを配合しております。

②塗り厚が違います

すさはつなぎ材としての役目もあり、麻すさと紙すさではつなぎ材としての力に違いがあります。麻すさの方がつなぎ力が高いので島かべの標準塗り厚は1.5ミリ、高級島かべは紙すさですこしつなぎ力が弱くなるので標準塗り厚が1ミリの商品となっております。

③仕上がりの白さが違います

島かべは配合されている麻すさは漆喰に混ぜても目立たないように漂白してあるとはいえ真っ白にはならず、うすいクリーム色です。よって城かべは仕上げ後、配合されいる麻すさが表面に若干見えます。
高級島かべに配合されている紙すさは和紙製造工程をご覧いただいてもわかるとおり水によくとけ、また色も白いので仕上がり後表面に出てくることはなく、純白に仕上がります。
以上のような違いがありますが、ここで左官様に耳より情報をひとつ!私が知る限り数人の左官さんが島かべ麻すさ漆喰と高級島かべ紙すさ漆喰を1:1で混ぜて使ったら非常に塗りやすい!とご自身でブレンドしてご使用いただいております。みなさんもぜひ一度お試しください(^^)

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ

近畿壁材工業株式会社

お問合せ