MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

2017/06/12(月曜日)壁カラーオリジナル色【土色】5色発売!

Bカラーいよいよ壁カラー(土色)が発売になります。
城かべ漆喰や土壁などに入れ、オリジナルの土色を出してみませんか?今回は、発売を記念して・・・ブログを書きました。
土壁は、基本的には土そのものの色を楽しむもので、顔料で着色することはあまりありません。しかし、「設計上どうしてもこの色でないと!」とか「文化財の復元で元の色に合せないと!」などの要望から着色剤は必要になります。
もちろん、内装であれば土と土を合わせて調色する方法がありますが、外壁になると残念ながら土壁は、使えません。

※土強(どきょう)を使えば土壁が水に濡れても大丈夫!

そこで、今回は城かべ蔵直しを使った掻き落としにこの土カラーを入れて土壁風の仕上にすれば、外壁でも土壁風の仕上げが出来るのではないかと考え、また白い漆喰にどれくらい入れればどのような色になるかも合せて試験しましたので、参考にしてください。

まずは、城かべの搔き落としですが、城かべ漆喰1袋(20kg)に蔵直し(4kg)と左官砂(60kg)を入れ空あわせをします。
壁カラー土色は各その重量比の1%・3%・5%入れ混練します。

今回約80kgなので、800g・2400g・4000gのカラーとなります。それと、土壁風といことなので、あくぬきわらすさを1%(800g)いれました。

_DSC1225
上記は、あくぬきわらすさです。

◇材料の確認
城かべ漆喰20kg
蔵直し4kg
左官砂 60kg
壁カラー土色各(800g/2400g/4000g)
あくぬきわらすさ800g

これを10mm程度塗りつけます。通常は、モルタルの上に塗って頂ければ結構です。
20170523_023323849_iOS
こんな感じですね、空合せ。ちなみに左官砂は、各地色が違うのでご注意くださいね。地域によってはかなり黒い砂の場合があるのでご注意です。
淡路島の左官砂はこんな感じ・・・
20170523_005616829_iOS

10mm厚ぐらいで塗り付けて、乾燥!漆喰の掻き落としは、セメントよりも乾かないので24時間ぐらい養生

20170523_005616829_iOS
完成後は掻き落として又、乾燥!あくぬきわらすさがピンピン立っていますが、乾燥後バーナーで焼けば問題なし。

20170523_005616829_iOS
完成した色はこんな感じです。土壁っぽくなりました。
_DSC0097
各種色見本はこうなります。
B-102
B-102web
E-105
E-105web
F-106
F-106web
I-109
I-109web
L-112
壁カラー土色宜しくお願いします。

L112web

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ

近畿壁材工業株式会社

お問合せ