MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

2020/11/18(水曜日)土蔵(どぞう)の補修には土強がいい?!

土蔵の補修をする際は、ぜひ【土強】を使用してみてください。

土蔵の補修と言っても傷み具合によって様々な補修方法があります。

今回は、土壁の大きな不陸(凸凹)の補修の方法について調べました。

前回、「土蔵(どぞう)になぜドカッとを使う?」というブログを投稿しました。

このブログにも記載したように土蔵の下地は土壁で出来ており、上塗りの漆喰が長期間放置することにより表面が剥がれることがあります。

そんな下地の大きな不陸を平らにしてくれるのが、ドカッとです。

ですが土蔵の補修の場合ドカッとの施工前に、下地の土壁がボロボロ剥がれてこない様に補強する必要があります。

そんなときに土壁を補強してくれるのが【土強】です。

土強は浸透性が高く、土壁の表面と内部の両方の強度を高くします。

なので土蔵の補修には土強が良いんだと思いました。

他にも土壁補修について調べていきたいと思います。

————————————————————————-

≫近畿壁材トップページ

すべての漆喰工事に!日本伝統の本物の漆喰壁!島かべ漆喰をお勧めします。

 

 

★SNSで情報配信中!

LINE公式
≫近畿壁材工業公式LINE

新フェイスブック
≫「いいね」で誰よりも早く情報GET!・・・

innsuta
≫インスタフォローお願いします。

Twitter
≫【公式】Twitterフォローお願いします。

名称未設定 1
≫役立つ動画を配信中!!「見てね~」

———————————————————————

≫土壁・漆喰壁の販売オンラインショップ

名称未設定 11

assocbutt_or_buy._V371070157_

 

 

 

 

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ

近畿壁材工業株式会社

お問合せ