MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

2020/03/05(木曜日)本物のしっくいが屋根に利用されてきた理由

日本建築に見られる瓦屋根。昔から屋根しっくいは雨から守るために雀口に埋め込んだり、瓦と瓦のつなぎ目に盛り付けたりと使用されています。今現在流通している屋根漆喰の中には本物のしっくい製品のものから、「屋根しっくい」という商品名にはなっていても、セメントが主成分の製品まで何種類もありますが、本物のしっくいが屋根に使用されてきたのは理由があります。
その理由とは本物のしっくいの特長に隠されているのでご紹介します。

Unicode

特長①:初期硬化ではセメント系には勝てませんが、本しっくいは完全硬化すると元の石(石灰岩)に戻る性質があるので、吸水率がセメント系よりも低くなります。要するに漆喰の方が水を吸い込まない、吸い込みにくい性質なので劣化が少ない。どれだけ吸水率に違いがあるのか?下の動画でご確認ください⇊

特長②:土との相性が良く温度、湿度などで起こる膨張の膨張率が土とほぼ変わらないので、施工後はがれにくい。(土を原料とした和瓦・日本瓦の場合)

特長③:漆喰は調湿性能があるため、屋根のような密封空間でも結露せず、中の木材を腐らせない。セメントには調湿性能はありません。

もちろん立地環境や条件など様々な影響がありますが、このように本しっくいが屋根に適した材料だから使用されてきた歴史と実績があるんですよ。

屋根しっくいWeb用
>>屋根にすぐ使える本しっくいはこちら・・・

————————————————————————-
画像名

≫近畿壁材トップページ

★SNSで情報配信中!

LINE公式
≫近畿壁材工業公式LINE

新フェイスブック
≫「いいね」で誰よりも早く情報GET!・・・

innsuta
≫インスタフォローお願いします。

Twitter
≫【公式】Twitterフォローお願いします。

名称未設定 1
≫役立つ動画を配信中!!「見てね~」

———————————————————————

≫土壁・漆喰壁の販売オンラインショップ

名称未設定 11

assocbutt_or_buy._V371070157_

 

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ

近畿壁材工業株式会社

お問合せ